バイナリーオプションの無料インジケーター勝率ランキングTOP3を大公開!

バイナリーオプションで勝率を上げるため、無料のインジケーターを使ってみたいけど・・。

トレード初心者

沢山ありすぎてどれを選んだらいいかわからない

トレード初心者

結果を出せるインジケーターはどれなのか知りたい

という方必見です!

◆バイナリーオプションの無料インジケーターの中から、勝ちやすいインジケーターランキングTOP3を大公開!

これを読めば、バイナリーオプションで不可欠なインジケーターと勝率がズバリ分かります。

実戦で役立つ設定方法から使い方まで、画像で分かりやすく解説しています。

やり方を覚えて、今日から勝率UP!しましょう。

ミナトLINEバナー

バイナリーオプションで勝率が高い無料インジケーターランキングTOP3!

バイナリーオプションで勝率が高い無料インジケーターTOP3発表!

🥇1位:移動平均線

  •  Moving Average:ムービングアベレージ
  • 勝率83.5%

🥈2位:RSI

  • Relative Strength Index:レラティブ・ストレングス・インデックス
  • 勝率72.1%

🥉3位:一目均衡表

  • Ichimoku:いちもくきんこうひょう
  • 勝率68%

これで決定です。

このTOP3は、バイナリーオプションで覚えるべきインジケーターです!

インジケーターは「トレンド系」と「オシレーター系」に分かれます。

それぞれに長所や欠点があります。

●トレンド系

  • 相場の方向性を分析。
  • トレンド判断に使いやすい。
  • トレード相場で力を発揮、レンジ(保ち合い)相場に弱い。

●オシレーター系オシレーターは英語で「振り子」という意味。

  • 振り子のように上下に揺れるチャートを振幅でグラフ化。
  • 相場の「買われすぎ」「売られすぎ」の判断に使われる。
  • レンジ(保ち合い)相場で力を発揮、トレンド相場に弱い。

1位の移動平均線と3位の一目均衡表は「トレンド系」、2位のRSIは「オシレーター系」です。

TOP3インディケータの特徴や使い方など、詳しく見ていきましょう。

【1位勝率83.5%】移動平均線


🥇堂々の無料インジケーター第1位 移動平均線

なんと勝率は脅威の83.5%です!

移動平均線は、トレーダーなら使ったことがない人はいないだろうと言うぐらい、最もメジャーなインジケーターです。

移動平均線はこちらでも詳しく解説しています。

バイナリーオプションを移動平均線のみで安定的に勝つ初心者必見のおすすめ投資手法を紹介!

移動平均線は単純移動平均線SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、加重移動平均線(WMA)の3種類。

ここで使用するのは単純移動平均線です。

移動平均線は、ある一定期間の売買価格(終値)を平均化したものです。

その日(又はその時間)を含めた過去の価格を日々計算し、平均値が移動していくことから、移動(Moving)平均(Average)線と呼びます。

簡単に見えて、さまざまな特徴があります。

特徴

移動平均線はトレンド系インジケーター、相場の方向性を分かりやすく表示します。

移動平均線を使うと、今上昇しているのか下降しているのかが一目でわかる

見方は単純です。

  • 上を向いていたら上昇トレンド。
  • 下を向いていたら下降トレンド。
  • 真っすぐならレンジ(保ちあい)相場。
ミナト

簡単ですね。

移動平均線の角度で、トレンドが強いか弱いかを判断できます。

トレンドが発生すると

移動平均線がサポートライン(下値支持線)、レジスタンスライン(上値抵抗線)の役割をします。

ローソク足(平均足)は、移動平均線から離れるといずれ必ず戻ってきます
移動平均線は1本だけではなく、短期線・中期線・長期線と組み合わせて使用します。

トレード初心者

1本の時よりもさらに細かい相場分析が可能になります。

一般的によく設定される期間は、5、10、13、21、25、50、75、200などです。

トレード初心者トレード初心者

FXの教科書でよく見るのは、短期線5、中期線25、長期線75ですね。

期間の選択は個人差あります。

短期決戦のバイナリーオプションでは、長期線75は長いと感じるかもしれません。

いろいろ試してみて、自分のトレードに合う期間を探してみてください。

※移動平均線は、MACDボリンジャーバンドなど、他のテクニカルチャートにも応用して利用されています。

設定方法

ナビゲーターウインドウからも設定できますが、一番簡単な抽入から設定する方法を説明します。

MT4の場合、移動平均線は3本同時に設定できません。

1本づつ設定し、3回繰り返して3本表示させます。

  1. 始めに抽入を選択します。
  2. 次に①インディケータ→②トレンド→➂ Moving Average(移動平均線)と選択。

パラメータ画面が表示されます

最初に短期の移動平均線を設定します。

期間は5にしてください。

3本表示するので、分かりやすいように色分けします。

スタイルの右側∨のマークをクリックすると色を選ぶ小窓が表示されます。

好きな色を選んでください。

終わったら、OKをクリック。

短期線が表示されます。

先ほどと同じく①~③を繰り返し、パラメータ画面を表示します。

次は中期の移動平均線です。

期間を25に設定してください。

色も選択したらOKをクリックします。

再び①~③を繰り返し、パラメータ画面を表示します。

次は長期の移動平均線です。

期間を75に設定してください。

色も選択したらOKをクリックします。


上の画像のように短期・中期・長期のラインが、3本表示されたら設定完了です。

使い方

バイナリーオプションで移動平均線を使う時は順張りでトレードします。

これは、トレンド系のインジケーターを使う時のお約束です!

何故なら、その名の通りトレンド発生時に力を発揮するから!

移動平均線がハッキリと方向を示してくれるので、チャートについていくようにエントリーしましょう。

●ゴールデンクロスとデットクロス

ゴールデンクロスとデットクロスは、期間が異なる2本以上の移動平均線を利用して相場の反転を予測します。

◎ゴールデンクロス

  • 期間の短い移動平均線が下から上にクロスして上昇する形。
  • 3本の場合は、短期線が中期線を上に突き抜け、さらに長期線までクロスします。
  • ゴールデンクロスは下降トレンドまたはレンジ相場から上昇トレンドに移る過程で出現します。

◎デットクロス

  • 期間の短い移動平均線が上から下にクロスして下降する形。
  • 3本の場合は、短期線が中期線を下に突き抜け、さらに長期線までクロスします。
  • デットクロスは上昇トレンドまたはレンジ相場から下降トレンドに移る過程で出現します

相場の勢いを読むため、クロスする角度にも注目しましょう。

移動平均線についてもっと詳しく知りたい!抱いている疑問を解決したい!という場合は

  • LINE@に友達追加して直接メッセージをしていただく
  • 当記事の最下部にあるコメント欄からご質問いただく
のどちらかにてご質問ドシドシお待ちしてます!

【2位勝率72.1%】RSI

🥈ランキング2位は、オシレーター系指標の代表格・RSI!

勝率は78%!

ミナト

移動平均線には及びませんが、高い勝率を誇っています。

RSIはこちらでも詳しく解説しています。

バイナリーオプションをRSI指標で勝利するまでの全ての手順を解説!【初心者向け】

RSIは相対力指数と言われ、一定期間において、終値をベースに上昇と下落の勢いを計測しています。

相場の売られすぎ、買われすぎを%で表したテクニカル指標です。

移動平均線とは違いレンジ相場(保ちあい)を得意としています。

特徴


RSIはオシレーター系インジケーターです。

◎相場の売られすぎ、買われすぎを見分けて反転を予測します。

RSIは0~100の幅で表され「30%を割ったら売られすぎ」「70%を超えたら買われすぎ」というように判断します

トレード初心者

チャートを見ていると「これだけ上がったら、そろそろ下がるんじゃない?」と感じることがありますよね。

値ごろ感でトレードするのは危険ですが、SRIのテクニカル分析で相場の行き過ぎを視覚的にも理論的にも確認できます。

設定方法

始めに抽入を選択します。

次に①インディケータ→②オシレーター→③Relative Strength Indexと選択

パラメータ画面が表示されます

RSIの期間は14が一般的です。

初期設定のまま④のOKをクリックしてください。

RSIが表示されたら設定完了です。

使い方

バイナリーオプションでRSIを使う時は、逆張りでトレードします。

これは、オシレーター系のインジケーターを使う時のお約束です!

何故なら、レンジ相場の時に力を発揮するから

チャートを見て、タイミングを計りエントリーしましょう。

チャートを左側から見てください。

RSIのラインチャートが30%のラインを越えて”売られすぎ”を示しています。

そろそろ相場が反転するサインです。

買い(High)エントリーを狙っていきましょう。

ただ、RSIは若干サインの出現が早い傾向があります。

バイナリーオプションでは”何分を選んで購入するのか”というのが問題です。

ローソク足の様子を見ながらタイミングに注意点しましょう。

RSIの中心50%あたりでチャートが移動している時は、小幅なもみ合いを意味しています。

50%付近は様子見がベストです。

RSIのラインチャートが70%のラインを越えて”買われすぎ”となったら、売り(Low)を狙っていきましょう。

RSIについてもっと詳しく知りたい!抱いている疑問を解決したい!という場合は

  • LINE@に友達追加して直接メッセージをしていただく
  • 当記事の最下部にあるコメント欄からご質問いただく

のどちらかにてご質問ドシドシお待ちしてます!

湊斗公式ライン登録

【3位勝率67.7%】一目均衡表


🥉ランキング3位は、日本発祥のトレンド系人気指標・一目均衡表

勝率は68%!

バイナリーオプションは安定した60%の勝率で資金を増やせるので、合格ライン以上の勝率です。

一目均衡表とは?

開発者はペンネーム一目山人(いちもくさんじん:本名 細田悟一)氏。

トレード初心者

日本人なんですね!

現在では海外のトレーダーにも愛用されているテクニカル指標です。

一目瞭然・・(意味はひと目見ればわかる)が言葉が一目均衡表の名前の由来です。

バイナリーオプションを一目均衡表で攻略する全手順まとめ!ズブの素人でも即日エントリー可能

価格よりも時間の観念を重視

相場は「買い手と売り手の均等が崩れた方向に動く」という考えに基づいて作られています。

一目均衡表は時間論・波動論・値幅観測論の3つの理論から構成されています。

特徴

一目均衡表はトレンド系のインジケーターです。

移動平均線と同じく相場の方向性を表していますが、アプローチの仕方が違います。

一目均衡表は5本の線と雲で分析します。

  • 転換線…直近のローソク足9本の高値・安値の平均値
  • 基準線…過去26本の高値・安値の平均値
  • 先行スパン1(又は先行スパンA)…転換線と基準線の平均値をローソク足26本先に表示
  • 先行スパン2(又は先行スパンB)…過去52本のローソク足高値・安値の平均値を26本先に表示
  • 遅行線…現在のローソク足の終値を26本分さかのぼって表示<

※ちなみに、先行スパン1と先行スパン2の間で雲はできています。

トレード初心者

見た目の情報量が多くて難しそうに見えます・・。

ミナト

しかし、意味をきちんと理解すれば実践で上手に使えるようになりますよ!

設定方法

抽入を選択します。

次に①インディケータ→②オシレーター→③Ichimoku Kinko  Hyoと選択

パラメータ画面が表示されます

一目均衡表は転換線9、基本線26、先行スパン52が基本です。

このまま➃のOKをクリックしてください。

使い方

最初は、分かりやすい雲の使い方から覚えるのがおすすめです。

チャートを全体的に見て、雲より上は上昇トレンド、雲より下が下降トレンドです。

  • 上昇トレンドの時は雲が”下値支持線”
  • 下降トレンドの時は雲が”上値抵抗線”

それぞれの役割をします。

雲が分厚いほど抵抗が強いと判断します。


●雲の転換サイン

  • 雲のねじれがあるか
  • ローソク足が雲を上下に突き抜けているか

雲のねじれとローソク足によってトレンドの転換が分かります。

上画像の①を見てください。

ローソク足が雲を勢いよく上に突き抜けて上昇している上昇トレンドのサインです。

エントリーするなら買い(High)です。

逆に上画像の②を見てください。

ローソク足が雲を下に抜けています。

下降トレンドのサインです。

エントリーするなら売り(Low)で入ります。


●その他一目均衡表の転換サイン

A.基準線が斜め上を向いている時は上昇トレンド

B.基準線が斜め下を向いている時は下降トレンド

  1. 転換線が基準線を下から上に抜いている→上昇トレンド転換…買いサイン
  2. 転換線が基準線を上から下に抜いている→下降トレンド転換…売りサイン
  3. 遅行線がローソク足の下に移動→下降トレンド転換

※逆に、遅行線がローソク足の上に移動した場合は上昇トレンド転換です。

バイナリーオプションで勝率が高い無料インジケーターTOP3の見方とやり方をマスターしたら、さらに上の勝率を目指しましょう!

一目均衡表についてもっと詳しく知りたい!抱いている疑問を解決したい!という場合は

  • LINE@に友達追加して直接メッセージをしていただく
  • 当記事の最下部にあるコメント欄からご質問いただく

のどちらかにてご質問ドシドシお待ちしてます!

ミナトLINEバナー


バイナリーオプションで勝率が高い無料インジケーターの組み合わせ3選!


インジケーターを組み合わせることで、勝率は90%に近い数字を叩き出せます。

おすすめの最強インジケーターの組み合わせ3選はコレ!

  1. 移動平均線+ボリンジャーバンド+ストキャスティクス
  2. 一目均衡表+平均足
  3. 移動平均線+RSI

インジケーターはそれぞれ得意・不得意があるので、組み合わせることにより欠点を補うこともできます。

移動平均線+ボリンジャーバンド+ストキャスティクス

最強インジケーターの組み合わせ1つ目は、移動平均線+ボリンジャーバンド+ストキャスティクスです。

この組み合わせはバイナリーオプション最強の逆張り手法で、統計では約83%の勝率を誇ります。

正しいやり方で、レンジ相場(保ちあい)を狙ってエントリーすれば、成功率100%を目指すことも可能です。

相場の方向性を示すのが得意なトレンド系(移動平均線とボリンジャーバンド)と相場の行き過ぎを示すのが得意なオシレーター系(ストキャスティクス)の“いいとこどり”な組み合わせ
トレード初心者トレード初心者

ただ、オシレーター系のストキャスティクスは、大きなトレンド相場になるとダマシが多くなるので、逆張り+レンジ相場を狙うという手法になります。

◆この手法でエントリーする条件

  1. 移動平均線が上昇又は下降トレンドで、短期・中期・長期線が順番に並ぶパーフェクトオーダーを形成。
  2. ボリンジャーバンドの±3σにロウソク足が触れている状態。
  3. ストキャスティクスが20%以下の「売られすぎ」又は80%以上の「買われすぎ」を示していて、2本のラインがクロス(ゴールデンクロス又はデットクロス)。

この3つの条件を満たしたチャートで行います。

そして、重要なのは、3つの条件が現れた次のローソク足でエントリーすることです。

エントリーできるポイントが1回未満と少なくなりますが、逆張り成功の勝率は確実に上がります!

※ボリンジャーバンドのラインは、±1σ、±2σ、±3σです。

今回使用するのは±2σもしくは±3σです。

±1σはローソク足がタッチする確率が68%と低いので、確率が90%以上の±2σと±3σを使っています。

ストキャスティクス判断の目安→80%以上…「買われすぎ」のサイン、20%以下…「売られすぎ」のサイン

●実戦例

画像左上からご覧ください。

  1. ローソク足がボリンジャーバンドの±3σにロウソク足が触れています
  2. 移動平均線がデットクロスしており、短期・中期・長期線が順番に並ぶパーフェクトオーダーを形成しています。
  3. しかも、ストキャスティクスも買われすぎの80%を示して、2本のラインがデットクロスとなっています。

条件が揃った次のローソク足①がエントリーポイントとなります。

おすすめの取引時間は東京時間(9時~15時)です。

この時間帯は大きな材料が無い限り、ほとんどがレンジ相場です。

チャンスに出会える確率が高いでしょう。

ボリンジャーバンドとストキャスティクスについてはこちらでも詳しく解説しています。

バイナリーオプションをボリンジャーバンドのみで勝つ超シンプル攻略法を解説

【バイナリーオプションでのストキャスティクス投資手法】設定からエントリーまで解説

一目均衡表+平均足

最強インジケーターの組み合わせ2つ目は、一目均衡+平均足です。

相場の方向性を示すのが得意なトレンド系の一目均衡表

陰線と陽線が連続で出現するため、ローソク足よりも明確にトレンドを示す平均足の組み合わせです。

ハッキリとしたトレンド相場で力を発揮します。

●実践例

画像左から見ていきましょう。

雲に”ねじれ”があり、転換を表しています

①は1つ目のエントリーポイントです。

  • 転換線が基準線を下に抜けるデットクロスが出現
  • 遅行線が平均足の下にあり、移動している
  • 平均足も下向きで陰線が連続で出現

根拠はこの3つで売り(Low)で仕掛けていきます。

次は②のエントリーポイントです。

  • 遅行線が平均足を突き抜けて、さらに勢いよく雲の上を突き抜けて上昇
  • 転換線が基準線を上に抜くゴールデンクロスが出現
  • 平均足も上向きで陽線が連続で出現
  • 雲が薄くねじれている

根拠はこの4つで買い(High)でトレードしていきます。

平均足はこちらでも詳しく解説しています。

バイナリーオプションを平均足で完全攻略する最強手法3選!鉄板すぎるトレード手法は必見!

移動平均線+RSI


最強インジケーターの組み合わせ3つ目は、移動平均線+RSIです。

レンジ相場が苦手な移動平均線とトレンド相場が苦手なRSIで、互いの欠点を補うインジケーターの組み合わせです。

移動平均線とRSI共にサインが出たタイミングでエントリーしていきます。

画像左側から見てください。

  • 移動平均線は下降していてローソク足が短期線から離れています。
  • RSIでは30%を下回り”売られすぎ”を示しています。
  • しばらくすると移動平均線のゴールデンクロスが現れました。

ここで①買い(High)エントリー。

さらにゴールデンクロスが現れます。

  • 移動平均線・RSI共にラインが上向きになっています。

ゆるい上昇トレンドです。

  • しかし、RSIの70%にタッチしたところからラインが下向きになっています。

移動平均線のデットクロスが現れた次の陰線で②の短期の売り(Low)エントリー。

  • そして、RSI30%にタッチしたところからラインが上向きに変化。

移動平均線もゴールデンクロスが現れたので➂で買い(High)エントリーとしました。

  • RSIの70%を超えて今度は”買われすぎ”です。

次に狙うのは”売り”という感じでエントリーしていきましょう。

他にもエントリーポイントの探し方は無数に存在します!

他にも様々なエントリーポイントが知りたい場合はLINE@へ友達追加してみてください。

毎日バイナリーオプションのお得な知識・ノウハウを配信していますよ!ご質問もどしどし受け付けています!

バイナリーオプションはインジケーター導入だけで勝率が上がるのか?


使い方を間違えなければ勝率は上がります。

インジケーターも完璧ではありません。

インジケーター組み合わせ3選を参考にして、だましを回避しましょう。

インジケーターに逆らわず、シグナルを待って取引すれば、自ずと勝率は上がるはずです。

バイナリーオプションで負け超してしまう人は、やり方に問題があります

エントリーポイントを待てなかったり、あいまいなチャートで取引していませんか?

根拠をもってトレードするためには「サインツール導入」も効果的です!

それでも勝てなければサインツール導入がおすすめ

すでに当記事で書いているインジケーターを使っても勝てない。

曖昧なエントリーになっていないか不安。

という場合、勝率表示をしてくれるサインツールを使うことをおすすめします。

勝率算出機能

このように各エントリーごとの勝率が分かれば

  • 自信を持ってトレードができる
  • 自身が選んだエントリーポイントの信憑性を確かめられる
  • 連敗時にもメンタルが崩れにくい

というメリットがあります。

さらにサインツールを使用してトレードの勉強をした人とそうでない人では、上達スピードが5倍変わると言われています。

そこで重要になってくるのが「システムの信憑性」です。

勝てないシステムを使っても何の意味もありませんからね。

ではシステムの信憑性はどう判断するのか?については下記4つを確認してください。

  • バックテスト済みのツールなのか
  • 信憑性が高いエントリーポイントが本当に出せるのか
  • 製作者の顔が見えているか
  • 実際にプロが使っているシステムなのか

といったポイントを確認することが必要です。

しかしはっきり言って世の中のサインツールは「売るためだけ」のものがほとんどで、実際に勝てるツールというのはほとんど存在しないのが現実です。

ミナト

なので僕は自分でシステムを作成して使用しており、さらに望む人には配布もしています。

もし僕のシステムを使ってみたいという場合、以下のバナーにて詳細を確かめてください。

配布は数量限定となりますので気になる場合お早めに手に入れてください

ワイルドカードシステムバナー

まとめ

MT4などでインジケーターを見てみると英語がずらりと並んでいますが、これを全部覚える必要はありません。

本当に実践で役立つインジケーターは移動平均線のようなシンプルなものです。

今回は、バイナリーオプションで導入すべき無料インジケーターをご紹介しました。

インジケーターTOP3は鉄板ですので、ぜひ活用してください。