バイナリーオプションにおけるダウ理論の解説!FXでの使用パターンとは何が違うのか?

ダウ理論は、世界中のトレーダーが意識している最も有名なテクニカル指標です。

バイナリーオプションの初心者の方はこうと思っていませんか?

トレード初心者

ダウ”という名前がついているので、株式の指標でしょう?

トレード初心者

バイナリーオプションには関係ないのでは?

バイナリーオプションにおいてもダウ理論は有効です。
ミナト

知っておく必要があります

当記事では、ダウ理論の基本法則を徹底解説します。

さらにバイナリーオプションで使用する場合の注意点などをまとめました。

ダウ理論を知れば、何故チャートが上昇又は下落しているのか、理論的に理解できるようになります。

バイナリーオプションと同じく為替レートで取引するFXでの使用パターンとの違いにも注目してください!

ミナトLINEバナー

バイナリーオプションにおけるダウ理論とは


ダウ理論とは、19世紀にアメリカ人金融ジャーナリスト”チャールズ・ダウ”が考案した相場理論のことです。

ダウ理論はバイナリーオプションを含む全ての投資理論の基礎であり基準です。

現在もなお多くの投資家に支持されています。

ダウ理論はもともとダウ平均株価のチャート分析に使われていました。

現在では、バイナリーオプションやFXの為替チャート分析にも使われています。

ダウ理論には6つの基本法則があります。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

これをバイナリーオプションで利用するには、平均の部分を”為替レート“に置き換える必要があります。

もともとのダウ理論とバイナリーオプション向けにアレンジした理論を、それぞれ分かり易く解説していきます。

    1.平均はすべての事象を織り込む

    先に結論を簡単に言うとすべてはチャートの動きの中に答えがあります。

    それ以上でもそれ以下でも無い結論がこれなのですが、この理論について詳しく説明していきます。

    平均はすべての事象を織り込むとはどんな意味か

    市場価格はあらゆるファンダメンタル(世界経済の強弱・政治要因・株価・金利など)に左右されます。

    そのすべてが平均株価に反映されているという教えです。

    為替に置き換えたならば”為替レートはすべての事象を織り込む“となります。

    トレード初心者

    この織り込むというのは、なかなか難解ですよね。

    東京市場のドル円で例えてみましょう。

    ドル円の通常の動きはこのように連動します。

    A・景気が良い→前日のダウ株価が上昇→日経平均も上昇→ドル円も上昇
    B・景気が悪い→前日のダウ株価が下落→日経平均も下落→ドル円も下落

    しかし、ダウ株価、日経が上昇しているのに関わらず、上下する材料もないのに、通常とは異なった次のような動きをすることがあります。

    A・景気が良い→前日のダウ株価が上昇→日経平均も上昇→ドル円は下落
    B・景気が悪い→前日のダウ株価が下落→日経平均も下落→ドル円は上昇

     

    上の画像は、Aのパターンのドル円チャートです。

    11月9日

    米ファイザー製薬のコロナウイルスワクチンが、治験成績良好という報道で市場は大きく反応しました。

    ※市場が上昇する好材料がある

    市場の反応:NYダウは史上最高値を更新→日経平均も上昇→ドル円も上昇

    その後はレンジで動き、調整下落。

    11月16日

    米モデルナ社のコロナウイルスワクチンの90%以上の有効性が確認されたとの報道がありました。

    市場の反応:NYダウ再び史上最高値を更新

    ドル円は日本時間21時頃まで急上昇しましたが、後は続かず…早くも調整入りとなりました。

    次の日の東京市場、ドル円の動きはどうなったでしょうか。

    前日のNYダウは史上最高値を更新→日経平均も上昇→ドル円は下落

    同じような好材料があったにもかかわらず、2度目の報道の時は、市場の反応は一時期で冷静なものとなりました。

    ミナト

    ファンダメンタルを重視している方はチャートが間違った動きをしていると感じるかもしれません。

    トレード初心者トレード初心者

    どうしてこのような動きになるんですか?

    投資家の心理がチャートに反映しているからです。

    投資家の心理を覗いてみましょう。

    投資家はエントリー後、どこで決算しようかと考えます。

    ミナト

    景気が良いからといってずっと買いポジションを持っていても利益になりませんよね。

    好材料が続いていても、もう十分に上昇してしまった場合など

    トレード初心者

    もうこれ以上この材料で上を狙いたくない、決算して利益に変えたい

    と考える投資家が増えます。

    ※11月16日の2度目のコロナワクチン報道でのチャート変動はまさにこの状態で、上昇したところから更に上を買うという動きにならず、むしろ上昇したところから決算して利益に変えるという動きになりました。

    そして、AやBのようにファンダメンタルに逆らうようにチャートが動きはじめます。

    すべての事象というのは、ファンダメンタルだけではなく、投資家心理や駆け引きなども含んでいます。

    チャートを読めるようになると、トレンドの勢いが弱くなってきたな、そろそろ戻りそうというようなことが大体分かるようになってきます。

    結局のところ、チャールズ・ダウ氏が言いたかったことは”チャートをしっかり見なさい!“ということですね。

    2.トレンドには3種類ある

    ダウ理論のトレンド3種類とは、一定期間のトレンドサイクルの種類を指します。

    ダウ理論でいうトレンド3種類とは次のようになっています。

    ダウ理論では、
    価格変動が1年~数年間継続する「主要トレンド」、
    3週~3カ月間継続する「二次トレンド」、
    3週間未満の「小トレンド」の3つに分類しており、
    これらのトレンドは相互に関連しているとしています。

    FXなら短期・中期・長期といったマルチタイムフレーム(MTF)分析の考え方に類似しています。

    ※マルチタイムフレーム(MTF)分析とは、異なる複数の時間足を見て、トレンドの流れと現在の状況を把握したうえでエントリーのタイミングを計ることです。
    トレンドは、期間により見え方が変わります。

    バイナリーオプションで取引する場合、ダウ理論のトレンドサイクルをお手本にするには期間が長過ぎます。

    期間を短くしたチャートで見ていきましょう。

    上の画像は期間が違うチャートを4分割で表示しています。

    トレード初心者

    トレンドがそれぞれ違って見えますね。

    • 長期の月足→下降トレンド
    • 中長期の日足→下降トレンド
    • 中期の4時間足→上昇トレンド
    • 短期の5分足→上昇トレンドがトレンドが弱まり、レンジ相場に移行したところ

    ダウ理論では、長期のチャートをメインと考えます。

    全体的には現在も下降トレンド中で、中期の上昇トレンドは調整局面とみなします。

    短期のレンジ相場は、中期の上昇トレンドの調整局面ということになります。

    FXでは、長期間ポジションを保有するポジショントレードや数日間ポジションを保有するスイングという取引方法を実践している人は長期間のチャートを重視しています。

    バイナリーオプションで、長期間のチャートばかり重視していては、短期の方向感が掴めない可能性があります。

    トレード初心者

    それはなぜでしょうか?

    A.バイナリーオプションは15分や5分などの短時間取引が主だからです。

    バイナリーオプションは、現在から一定期間で価格が上に行くか下に行くかを当てる取引方法です。

    そのため、ポジションを保有するFXとは同じ為替レートの取引でも意味合いが違います

    もちろん、バイナリーオプションでも1日という長めの取引方法もあります。

    ★しかし、基本的に15分や5分などの短時間取引を選ぶ方がほとんどです。

    FXとバイナリーオプションでは取引方法が違うので注意してくださいね!

    バイナリーオプションでのアレンジ


    バイナリーオプションでは短期の取引用に期間の解釈をアレンジして使用します。

    1. 主要トレンド:1時間足で発生しているトレンド
    2. 二次トレンド:30分足・15分足で発生しているトレンド
    3. 小トレンド :5分足・1分足で発生しているトレンド

    為替チャート(MT4など)を利用して確認しましょう。

    バイナリーオプションでの方法

    1. 1と2の期間で全体の流れを把握
    2. 3の5分足・1分足でタイミングを計る

    この方法がベストです。

    その時、一般的なトレンドの3種類も忘れてはいけません。


    一般的なトレンドの3種類は、上昇トレンド保ちあい(レンジ)下落(下降)トレンドに分けられます。

    不規則に動いているように見える為替チャートでも、必ずこの3種類のどれかに当てはまります。

    バイナリーオプションでは、特に15分足や5分足・1分足の中のトレンドに注目しましょう。

    3.主要トレンドは3段階からなる


    ダウ理論での主要トレンド3段階

    それぞれのトレンドには、
    第1段階の先行期(先行投資家が仕込む時期で動きが緩やか)、
    第2段階の追随期(上昇銘柄に追随買いが入り急激な価格変動)、
    第3段階の利食い期(一般投資家も参加し始めるが、先行期に買った投資家は売り抜ける)
    があると説いています。

    出典:ダウ理論/金融証券用語 解説集 大和証券

    ※株式の基本は買い注文(売り注文もできます)なので、買いを狙っている投資家向けの文章になっています。

    バイナリーオプション向けに為替のチャートで説明すると次のようになります。


    ①先行期

    先行期は、まだトレンドが始まる前の段階

    トレード初心者

    まだ次のトレンドが上に行くのか下に行くのか分からない期間ですね。

    もしかすると、まだ前のトレンドが終わっていない可能性もあります。

    しかし、大口の投資家は次のトレンドに向けてややリスクを取りながら先行してポジションを増やしていきます。

    詳しく言いますとこのようになります。

    ※前のトレンドが下落トレンドだった場合

    • もうこれ以上下がらない(底値ではないか)と判断した大口の投資家が反転を狙い少しづつ買いポジションを増やす期間

    ※前のトレンドが上昇トレンドだった場合

    • もうこれ以上、上がらない(天井ではないか)と判断した大口の投資家が、反転を狙い少しづつ売りポジションを増やす期間

    バイナリーオプションでは、方向感のない先行期にリスクを負って売買するのは得策ではありません。

    様子見でチャンスを待つのがお勧めです。

    FXなら、少し反対方向に行っても方向が当たっていれば利益になります。

    しかし、バイナリーオプションでは外れたら判定負けなので慎重にエントリーしましょう。

    どうしてもバイナリーオプションでこの先行期にトレードするなら短期狙いでターボ取引になりますね。

    ②追随期
    為替チャートが反転となり、画像ではしっかりと上方向を向いています。

    まさしく上昇トレンド発生中です。

    大口の投資家は、ここでガンガン買い仕掛けをします。

    ※下降トレンドの時は売り仕掛け

    勢いがあるので、トレーダーはトレンド方向に追随するようにエントリーしていきます。

    バイナリーオプションで積極的に狙っていきたい期間です。

    この時期は、安定したトレンド方向になるため、15分やスプレッドのある取引にもチャレンジできます。

    ③利食い期

    利食い期はまだトレンドが続いている状態です。

    しかし、トレンドが弱まってきたのを見計らって大口の投資家は先行期で仕込んだポジションを決算して利益に変えようとします。

    いわゆる利食いの期間です。

    バイナリーオプションでエントリーするなら、慎重に判断しないといけません。

    例えば画像の時期のように上昇トレンドの利食い期なら、まだ上昇中なので基本的にはハイエントリーで購入します。

    ミナト

    しかし、一方方向の上昇ではないのでトレンドラインなどのテクニカル分析で確かめながらのトレードになります。

    FXなら損切りの注文を入れた状態で買いエントリーとなります。

    バイナリーオプションではターボの5分などで慎重にHigh(買い)エントリーを行い、高値が更新しなくなったら様子をみましょう

    ※詳しくは後の項トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続するを参考にして下さい。

    ミナト

    ダウ理論の疑問点についてご質問があればLINE@にていつでもお待ちしています!

    
    
    

    4.為替レートは相互に確認される必要がある

    ダウ理論とは景気が良くなる時は一つの分野だけではなく、それに関連した分野も相関関係にある為、相互して良くなるという理論です。

    ダウ理論の考案者のチャールズ・ダウ氏が活躍していた19世紀の終わり頃は、工業生産が盛んな時代でした。

    工業生産が活発ということは、それに伴い工業製品を運ぶ鉄道の整備が必要になります。

    【工業生産が活発】→【工業生産が多くなる】→【工業製品を運ぶ鉄道も需要が増えて景気が良くなる】→【工業平均株価と鉄道平均株価が同時に上昇する】

    そのまた逆もあります。

    【逆に景気が悪くなる】→【工業生産の生産が縮小】→【工業製品が少なくなる】【それを運ぶ鉄道も削減されて仕事が減る】→【工業平均株価と鉄道平均株価が同時に下落する】
    トレード初心者

    景気の流れに関連性があるということがわかりますね。

    景気が良くなる時は一つの分野だけではなく、それに関連した分野も相関関係にあります。

    その結果、相互して良くなるという理論が成立しました。

    為替レートで考えると、為替は通貨なので、その国に影響を及ぼす銘柄との相関関係があります。

    東京時間で取引するトレーダーに人気のオーストリアドル(AUD)で説明します。

    オーストリアドル(AUD)

    オーストリア・・鉄鉱石・石炭等の輸出が多く、資源国通貨として知られている。

    ◎オーストリアドルは鉄鉱石・石炭の市場の影響を受けやすい

    鉄鉱石・石炭は原油価格との相関性がある

    ◎原油価格の影響も受ける

    原油価格は、原油生産国である中東の国の原油生産量・社会情勢により変動

    ◎オーストリアドルの動きに影響

    鉄鉱石・石炭等の資源を中国に輸出している

    ◎中国の経済指標が悪い時は、オーストリアドルも下落する傾向

    トレード初心者

    こう書くと、たくさん相関関係があり、よく分からないですよね…

    ミナト

    バイナリーオプションの初心者の方がこのようなファンダメンタル的要素をすべて把握するのは不可能でしょう。

    プロの証券アナリストでさえ為替の動きを上手く説明できず、後付けのような形で記事を書かれていることもあるぐらい難しいです。

    バイナリーオプションで相互的に確認するのなら、チャートでの確認がおすすめです。

    チャートで相互的に確認するというのは「トレンドが発生する時は一つの指標だけではなく、他の指標も同じ方向を示す」という意味になります。

    画像は上が移動平均線、下がMACDです。

    2つの指標共に下降トレンドのサインが現れています。

    • 移動平均線は、短期線が中期線と長期線を上から下に突き抜ける”デットクロス”と方向を示す。
    • 3本のラインが揃って下を向いています。
    • MACDもデットクロスと下降トレンドを示す0.00より下でラインが移動しています。
    このようにトレンドが発生した時は、複数の指標を見比べてみると、同じ方向を指していることが確認できます。

    5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

    画像引用:株価 ソフトバンクグループ 株ドラゴン
    出来高とは売買が成立した株数のことです。

    出来高は、株価のチャートの下に表示されている棒グラフで確認できます。

    ◆ダウ理論の「トレンドは出来高でも確認されなければならない」というのは、”出来高を伴っているトレンドが本物のトレンドである“という意味です。

    この解釈の仕方は次の通り

    • 株価が上昇・出来高も増えている→上昇トレンド
    • 株価が下落・出来高が減少→下降トレンド
    • その他→一時期なトレンド、又はだまし

    為替では、この出来高というのは、正確に確認できません。

    なぜかというと、FXはほとんどが市場を介さない相対(あいたい)取引となっているからです。

    相対取引とは、取引の当事者間で価格や取引量を決めて行う取引のことです。外国為替市場はこの相対取引が中心となります。

    FX取引の場合はFX業者と顧客との間の相対取引となります。

    FX業者により、価格に若干の差が生じるのはこのためです。

    これに対し、株式市場のように取引所で行われる取引は取引所取引と呼ばれます。

    出典:OANDAラボ 用語解説 OANDA JAPAN

    MT4でVolumeという出来高っぽいインジケーターがあります。

    ※これは取引数量を表しているのではなく、価格変動の回数(ティック数)を示しています。

    このインジケーターは正直、FXやバイナリーオプションのトレードに役に立つがどうか不明です。

    為替は日経平均やダウ平均株価とも連動することも多いので、参考として株価の出来高をチェックしているトレーダーもいます。

    • 株価が上昇・出来高も増えていたのに、株価は上昇・出来高は減少に変わってきた。
    • そろそろ利益確定したいトレーダーが増えてきたかもしれない。
    • トレンド転換に備える
    • 為替も連動して転換するかも…

    というような感じですね。

    6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する


    ダウ理論でいうトレンドとは上昇トレンドと下降トレンドのことです。

    上昇トレンドと下降トレンドには法則があります。

    • 上昇トレンド「高値を更新、安値も切り上がる
    • 下降トレンド「安値を更新、高値も切り下がる

    この法則が続く限りトレンドが続いていると判断します。

    トレンドが終了するのは、この法則が崩れる時です。

    • 上昇トレンド終了「高値を更新できなくなり、高値が切り下がっていく
    • 下降トレンド終了「安値を更新できなくなり、安値が切り上がっていく

      そして、この動きの変化がトレンド転換の明確なシグナルとなります。

      実際のチャートで確認してみましょう

      • Aの上昇トレンドは、短期的ではありますが”高値を更新&安値も切り上がる”を繰り返しています。
      • Bの下降トレンドも安値を更新&高値も切り下がるを繰り返すダウ理論の法則通りの展開です。
      • トレンドの転換である高値を更新しなくなったポイントで上昇トレンドが終了。
      • 安値を更新しなくなったポイントで下降トレンドも終了。

      簡単ですが、とても確率が高く信頼できる法則ですね。

      ミナト

      ダウ理論は分かりづらい点も多いので、ここがよくわからない!などあればいつでもLINE@からご質問ください!

      湊斗公式ライン登録

      ダウ理論の欠点

      どんな手法でも必ず欠点があります。

      世界的に有名なダウ理論にも残念ながら欠点があります。

      ダウ理論の欠点とは

      • バイナリーオプションではあまり意識しなくても良い項目がある
      • レンジ相場の判断が難しい

      それぞれの理由を見ていきましょう。

      バイナリーオプションではあまり意識しなくても良い項目がある

      元々、株式市場で考案されたものなのでバイナリーオプションでは実践で取り入れるには勝手が違う場合があります。

      ダウ理論の基本法則3「主要トレンドは3段階からなる」の本来の意味

      先行期にポジションを増やし、利食いに利益を確定する場所を検討するということ

      バイナリーオプションとはニュアンスが違います。

      株式チャートの出来高に関しても、バイナリーオプションではあまり意識しなくても良いでしょう。

      トレンドが本物である(長く続くかどうか)という判断はテクニカル指標で判断した方が成功率が高くなります。

      レンジ相場の判断が難しい

      ダウ理論ではトレンドに重きを置いていてレンジ相場の基本法則がありません。

      トレード初心者トレード初心者

      しかし、実際の相場ではレンジ相場7割、トレンド相場3割と言うようにレンジ相場のほうが多くなっていますよね?

      株やFXの長期トレード(ポジショントレード)ならレンジ相場の時に「次のトレンドに向けて、ポジションを増やしていく(仕込みの時期とする)」という作戦も有効です。

      しかし、バイナリーオプションではエントリーチャンスを多く逃してしまいます。

      短期トレードがメインで価格を予想するバイナリーオプションはポジションを保有するわけではありません。

      トレード初心者

      狭いレンジ以外は、エントリーを狙わないと多くのチャンスを逃してしまいます。

      特に東京時間に取引している人だとほとんどレンジ相場での取引です。

      エントリーポイントがいつまでたっても来ないという事態になります。

      ダウ理論と併用してエントリーポイントを増やす方法

      ダウ理論を用いたエントリーの場合、チャート全体の3割の部分である「トレンド相場でしかエントリーできない」というデメリットがあります。

      では相場の7割の部分であるレンジ相場では一切エントリーできない、となればもったいないですよね。

      ミナト

      そこで僕が開発したワイルドカードシステムを併用すれば、レンジ相場でのエントリーチャンスを教えてくれます。

      レンジトレンド自動判定

      • ダウ理論によるトレンド狙い
      • ワイルドカードシステムによるレンジ狙い

      この2つを使えば「チャートの10割がエントリーチャンス」となるのです。

      特に初心者の方は補助的にシステムを使うことで危なげのないトレードが可能です。

      個数限定での配布になっているので、こちらから早めに詳細を確認することをおすすめします。

      ワイルドカードシステムバナー

      バイナリーオプションでダウ理論を使いエントリーしてみた


      実際にバイナリーオプションでダウ理論を使ってエントリーしてみました。

      ダウ理論はトレンドを狙う手法なのでトレンドが継続している時を見計らって行います。

      上昇トレンドと下降トレンドの2パターンで実践

      バイナリーオプションのエントリー例を解説 上昇トレンド

      エントリー例は、2020年11月10日です。

      ◎ダウ理論を実践してみた:上昇トレンド2020年11月10日

      ※前日のニュースで好材料有り

      アメリカの大手製薬会社ファイザーが新型コロナウイルスのワクチン開発進展の報道がありました。

      • 市場の反応:ドルが好感され、大きく急上昇

      このニュースがあった次の日である2020年11月10日上昇トレンドは継続中

      • 市場の反応:日経平均株価は上昇、ダウ先物も上昇

      ※しかし、ドルが調整に入りそうな気配があり、ユーロ/円でエントリーを模索しました。


      ◎ダウ理論を実践してみた:上昇トレンド2020年11月10日

      画像左のユーロ/円30分足を見てみるとやや利食いが入りその後なだらかな上昇トレンドが続いています。

      • ダウ理論でいうとトレンド3段階の利食い期にあたります。

      次にユーロ/円5分足を見るとレンジで動いています

      • 安値が切り上がっている状態なので、まだ下落はしないだろうと判断しました。

      ただ、この5分足では、上昇するかどうかは微妙です

      トレード初心者

      利食い期は”まだトレンドが続いているが、先行期で仕込んだポジションを決算して利益に変えようとする期間”でしたね。

      ミナト

      追随期のような爆上げは見込めませんが、上昇トレンドが続いている限り上を狙わなければなりません。


      ◎ダウ理論を実践してみた:上昇トレンド2020年11月10日

      さらに1分足を見てみると、しっかりと高値と安値が同時に切り上がる上昇トレンドが発生していました。

      • 短期間なら上昇トレンドが続く可能性が高いと判断できる

      チャートの緑マークの価格(124.323)で買い(High)でエントリー

      上はハイローオーストラリアの画面です。

      ◎取引方法はハイローの15分。

      ◎緑のピンマークがエントリーしたレート。

      判定時間がきて、取引は終了しました。

      ミナト

      結果は123.323よりも上の価格で確定!

      無事エントリー成功となりました。

      バイナリーオプションのエントリー例を解説 下降トレンド

      エントリー例は2020年11月13日です。

      ◎ダウ理論を実践してみた:下降トレンド2020年11月13日

      今回はドル/円で取引しました。

      この日は金曜日で、これまでドル/円が上昇していたこともあり、早朝から調整下落していました。

      ドル/円30分足と15分足は、下降トレンドとなっています。

      5分足はゆるやかな動きから安値を下へ抜けて下がっています。

      1分足を見ると下降トレンドとなっています。

      ◎ダウ理論を実践してみた:下降トレンド2020年11月13日

      さらに詳しく1分足を見ていくと、ダウ理論の法則どおり安値を更新・高値が切り下がるという下降トレンドとなっています。

      まだトレンドが継続すると判断。

      緑マークの価格(105.019)で売り(Low)エントリーしました。

      上はハイローオーストラリアの画面です。

      ◎取引方法はハイローの15分です。
      ◎緑のピンマークがエントリーしたレートです。

      判定時間がきて、取引は終了。

      ミナト

      結果は105.019よりも下の価格で確定!

      無事エントリー成功となりました。

      ちなみにその後もチャートは下降。

      もう一回エントリー可能な下降トレンドが続きました。

      まとめ

      19世紀という遠い昔から受け継がれてきた先人の知恵ダウ理論。

      これからもずっとバイナリーオプションを含む幅広い投資分野で、スタンダードな理論として君臨していくでしょう!

      有名過ぎて、あまり勉強してこなかったという人にも興味を持っていただければ、ダウ理論の奥深さに気づいてもらえると確信しています!

      ここまでダウ理論を紹介してきましたが・・・

      トレード初心者

      ぶっちゃけダウ理論ややこしくてめんどくさい!!


      と思いましたか?

      もしそう思ったのであれば、ダウ理論を全部忘れて構いません

      ワイルドカードシステムに全て任せることをおすすめします!

      実はワイルドカードシステムはダウ理論によるロジックを組み込んでいるんです!!

      つまり実質ワイルドカードシステムを使えば、ダウ理論でエントリーしているのと同じ状態のトレードができます。

      ダウ理論+ワイルドカードシステムによって盤石のエントリーを実現してみてください。

      配布は数量限定です!無くなったら終了ですので内容だけでも確かめておいてください!

      ワイルドカードシステムバナー