バイナリーオプションにおけるダウ理論の解説!FXでの使用パターンとは何が違うのか?

ダウ理論は、世界中のトレーダーが意識している最も有名なテクニカル指標です。

バイナリーオプションの初心者の方はこうと思っていませんか?

トレード初心者

ダウ”という名前がついているので、株式の指標でしょう?

トレード初心者

バイナリーオプションには関係ないのでは?

バイナリーオプションにおいてもダウ理論は有効です。
ミナト

知っておく必要があります

当記事では、ダウ理論の基本法則を徹底解説します。

さらにバイナリーオプションで使用する場合の注意点などをまとめました。

ダウ理論を知れば、何故チャートが上昇又は下落しているのか、理論的に理解できるようになります。

バイナリーオプションと同じく為替レートで取引するFXでの使用パターンとの違いにも注目してください!

ミナトLINEバナー

バイナリーオプションにおけるダウ理論とは


ダウ理論とは、19世紀にアメリカ人金融ジャーナリスト”チャールズ・ダウ”が考案した相場理論のことです。

ダウ理論はバイナリーオプションを含む全ての投資理論の基礎であり基準です。

現在もなお多くの投資家に支持されています。

ダウ理論はもともとダウ平均株価のチャート分析に使われていました。

現在では、バイナリーオプションやFXの為替チャート分析にも使われています。

ダウ理論には6つの基本法則があります。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

これをバイナリーオプションで利用するには、平均の部分を”為替レート“に置き換える必要があります。

もともとのダウ理論とバイナリーオプション向けにアレンジした理論を、それぞれ分かり易く解説していきます。

    1.平均はすべての事象を織り込む

    先に結論を簡単に言うとすべてはチャートの動きの中に答えがあります。

    それ以上でもそれ以下でも無い結論がこれなのですが、この理論について詳しく説明していきます。

    平均はすべての事象を織り込むとはどんな意味か

    市場価格はあらゆるファンダメンタル(世界経済の強弱・政治要因・株価・金利など)に左右されます。

    そのすべてが平均株価に反映されているという教えです。

    為替に置き換えたならば”為替レートはすべての事象を織り込む“となります。

    トレード初心者

    この織り込むというのは、なかなか難解ですよね。

    東京市場のドル円で例えてみましょう。

    ドル円の通常の動きはこのように連動します。

    A・景気が良い→前日のダウ株価が上昇→日経平均も上昇→ドル円も上昇
    B・景気が悪い→前日のダウ株価が下落→日経平均も下落→ドル円も下落

    しかし、ダウ株価、日経が上昇しているのに関わらず、上下する材料もないのに、通常とは異なった次のような動きをすることがあります。

    A・景気が良い→前日のダウ株価が上昇→日経平均も上昇→ドル円は下落
    B・景気が悪い→前日のダウ株価が下落→日経平均も下落→ドル円は上昇


    上の画像は、Aのパターンのドル円チャートです。

    11月9日

    米ファイザー製薬のコロナウイルスワクチンが、治験成績良好という報道で市場は大きく反応しました。