バイナリーオプションでのADX+移動平均線順張り投資手法を設定からエントリーまでまるごと解説!
◆バイナリーオプションでADXを使ってトレードするなら移動平均線と組み合わせるのが鉄板です。
プロのトレーダーなら誰でも知っているトレード手法の一つです。

これから次の4つについて徹底解説していきます。

1.ADXとは何か?
2.ADXの設定方法
3.ADXと移動平均線を使ったエントリーポイントの見つけ方
4.バイナリーオプションでADXを使う時の注意点
トレード初心者

ADXに関する知識がゼロですが大丈夫ですか?

大丈夫!

本記事を読み終えたら、ADXを使いこなせるようになります
★「ADX+移動平均線」の使い方を一つ知っておくだけでエントリーポイントが増えます。

必ずチェックしておきましょう。

バイナリーオプションでのADX基本解説

バイナリーオプションでADXを使いこなせるように、まずは基本の解説をしていきます。

ADX(DMI)とは、Average Directional Movement IndeXの略で、日本語では「平均方向性指数」といいます。
3本の線が示す数値から、次の3つを読み取ります。
  • トレンドが強いか弱いか
  • 上昇トレンドなのか?
  • 下降トレンドなのか?
トレード初心者

トレンドの方向性と強弱ですね。

イメージしやすいように実際の画像を見てみましょう。

◆これがADXです。
  • ADX(黄色)→トレンドの強弱
  • +DI(赤)→上昇トレンド
  • -DI(青)→下降トレンド
これらの数値とそれぞれの波の上下位置から、「どの方向のトレンド」が「どれくらい強いか」を判断していきます

では、ADXというインジケーター構成する2つの指標についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

ADXとは?
±DIとは?

ADX(DMI)とは?

◆ADXは、今のトレンドがどれだけ強いかを示します。

レベルの位置や動きから、次のこと読み取ることができます。

  • ADXが上昇している→トレンドが強くなっている
  • ADXが下降している→トレンドが収束しつつある
  • ADXがレベル上部にある→強いトレンド
  • ADXがレベル下部にある→弱いトレンド
  • ADXがレベル数値25以上→トレンド発生
トレーダーによって設定値は異なりますが、一般的にレベル数値25を超えると、トレンドが発生していると判断できます。

下の画像のピンク◯部分をご覧ください。

ミナト

黄色のラインADXがレベル数値25を超えているところで、実勢レートでは下降トレンドが始まっていることがお分かりいただけますか?

ADXの数値が上がるにつれ、下降トレンドが強まっていきます。
ここで注意すべきポイントは、ADXはあくまでトレンドの強弱を示すということ。
トレード初心者

山を描くようなラインから、上昇トレンド・・?

トレンドの方向は次に解説する±DIが示します。
★ADXがレベル数値25を超える時、±DIの数値を確認して、どの方向のトレンドが強いのかを合わせて見なければいけません。

+DIと-DI

次に、+DI-DIについて見ていきましょう。

◆DIは、DMI(Directional Movement Indexの略)のことで、方向性指数といいます。
◎±DIはトレンドの方向性を示します。

方向性とは次の通り。

  • +DI→上昇トレンド
  • -DI→下降トレンド
◎この2つの位置関係で、相場が上昇しているのか下降しているのかを判断できます。

★+DIが-DIより上→上昇トレンド
★-DIが+DIより上→下降トレンド
ただし、±DIの上下位置の関係でいずれかのトレンドだと読み取っても、ADXのレベル数値が25以下である場合はトレンドとは判断できません。
±DIで今の相場のトレンド方向を確認したら、必ずADXでトレンド強弱をチェックしましょう。

移動平均線と組み合わせると効果的

◆ADXは移動平均線と組み合わせると効果的です。

トレンドの流れに沿った順張りトレードをするために次のことを分析しましょう!

★移動平均線で相場の方向性
★ADXでトレンドの強さ
トレード初心者

相場の方向性は±DIで分析できるのに、なぜ移動平均線を使うの?

±DIを無視するのではなく、4本ラインでより根拠を強めて順張りエントリーを狙っていきます。

◎ADXでトレンドの強さを見極める!
◎+DI・-DIで上昇か下落かしっかりと見極める!
◎移動平均線で相場の方向性を見極める!

詳しいエントリーポイントは後述しているので、必ず確認しておいてくださいね。

MT4設定方法

◆ADXをMT4に設定する方法を説明していきます。

◎ツールバーから次のように選択していきます

①挿入
②インディケータ
③トレンド
④Average Directional Movement Index(ADX)

◎Average Directional Movement Index(ADX)の設定はこちらを選択

①パラメーター:期間14
②レベル:25
★これで設定完了です。
◎レベルはトレンドの強さを示す基準となる数値です。

一般的に「25」を使用します。

しかし、中には「30」、「40」と設定値を上げるトレーダーもいます。

個々の分析方法に合わせて設定しましょう。
ミナト

初心者の場合は、「25」でOKです。

トレーダーミナトのライン公式アカウント登録画像

ADXの使い方

次に、具体的なADXの使い方を解説していきます。

◆ADXではトレンドを捉えた順張りエントリーが一般的なトレード手法です。

順張りを狙う場合のADXの使い方を見ていきましょう。

★上昇トレンドでの順張り
★下降トレンドでの順張り

上昇トレンドでの順張りエントリー

ADXで上昇トレンドと判断して順張りエントリーする場合のポイントを解説していきます。

下の画像をご覧ください。

    ピンク◯部分では以下のポイントを確認できます。

    ★+DIが-DIを下から上に抜けている
    ★ADXが「25」を上抜けている
    ◎ここで、上昇トレンド発生と判断し、順張りの買いエントリーができます。
    ADXのレベル数値がどんどん上がっており、上昇トレンドがどんどん強まっていくのも読み取れます。

    下降トレンドでの順張りエントリー

    次に、ADXで下降トレンドと判断して順張りエントリーする場合のポイントを解説していきます。

    下の画像をご覧ください。

    ピンク◯部分では以下のポイントを確認できます。

    ★-DIが+DIを下から上に突き抜けている
    ★ADXが「25」を上抜けている
    ◎ここで、下降トレンド発生と判断し、順張りの売りエントリーができます。

    ADXが「75」手前を天井に下がり始めた頃、-DIも下降しトレンドの力が弱まっています。

    ◎このように、「トレンドの強弱」「トレンドの方向」を分析し順張りエントリーしていくのが、ADXの基本的な使い方です。

    ADX+移動平均線を使ったエントリータイミング

    次に、ADX+移動平均線を使ったエントリータイミングについて解説していきます。
    移動平均線を合わせて使うことで、より根拠を強めたエントリーができるようになります。

    トレード手法の一つとして身に付けておきましょう。

    ゴールデンクロス・デッドクロス

    ゴールデンクロス・デッドクロスを狙って順張りエントリーをする方法を見ていきます。

    移動平均線からトレンドの方向性を読み取ろう
    • 上昇トレンド:右斜め上に上がっていく
    • 下降トレンド:右斜め下に下がっていく
    • レンジ相場:水平に推移

    ゴールデンクロスのエントリーポイント

    ゴールデンクロスを形成したタイミングで買いエントリーするには、この全てが揃っていることが条件です。

    • 移動平均線上向き
    • +DIが-DIの上にある
    • ADX上を向いている
    • ADXが+DIと-DIの間にある

    上の画像のように、確認して順張り買いエントリーをしましょう!

    ▪️移動平均線で大きな上昇トレンドであることを確認
    ▪️+DIが-DIより上にあることで、「買い」の力が強いことを確認
    ▪️ADXが上を向いていることで、ここからトレンドが強くなることを確認
    ▪️ADXが±DIの間にあることで、トレンドが強くなるであろうポテンシャルを確認
    もし、ADXが±DIの上にあれば、すでに強いトレンドが発生している場合があります。
    ミナト

    ここからの大きな上昇が期待できないと分析できたら、その場合はエントリーを見送り新たなトレンド発生を待ちましょう。

    デッドクロスのエントリーポイント

    デッドクロスを形成したタイミングで売りエントリーするには、この全てが揃っていることが条件です。

    • 移動平均線下向き
    • -DIが+DIの上にある
    • ADX上を向いている
    • ADXが+DIと-DIの間にある

    上の画像のように、確認して順張り売りエントリーをします。

    ▪️移動平均線で大きな下降トレンドであることを確認
    ▪️-DIが+DIより上にあることで、「売り」の力が強いことを確認
    ▪️ADXが上を向いていることで、ここからトレンドが強くなることを確認
    ▪️ADXが±DIの間にあることで、トレンドが強くなるであろうポテンシャルを確認
    もし、ADXが±DIの上にあれば、すでに強いトレンドが発生している場合があります。
    ミナト

    ここからの大きな下降が期待できないと分析できたら、その場合はエントリーを見送り新たなトレンド発生を待ちましょう。

    湊斗公式ライン登録

    バイナリーオプションでADXを使う際の注意点

    ◆バイナリーオプションでADXを使う際の注意点は、「単体で使わない」

    単体で使用するのはおすすめできない

    ◆ADXは単体ではなく、根拠を強めるための補助的な指標として使うのがおすすめです。
    ◎もちろん、ADXだけで分析ができないわけではありません。
    ただ、より確実に勝ちを狙うには、ほかのテクニカルと合わせて使うべきです。

    たとえば、組み合わせるテクニカルは次の3つなどがあります。

    • ライントレード
    • フィボナッチ
    • サインツールの活用

    ライントレード

    ライントレードで、レジサポラインを突き抜けた時にADXを確認してエントリーすべきか判断することができます。

    下の画像をご覧ください。

    レジサポラインで反発を繰り返しているのがお分かりいただけますか?

    ◎どこかで上抜けか下抜けをするタイミングを待ちます。

    ピンク◯部分で、レジスタンスラインを突き抜けたので、ADXを確認すると、

    ▪️ADXが上を向いている
    ▪️+DIが-DIより上にある
    ▪️ADXが±DIの間にある
    ▪️ADXが「25」を上に抜けている
    ◎以上の条件が揃っているので、上昇トレンドが発生したと判断し、買いエントリーをします。
    ★このように、水平ラインで見つけた「ブレイクポインを、さらにADXで分析すれば、より根拠が強まり、エントリーの判断がしやすくなりました。

    ADXとの併用テクニカルとして、使いこなせるようにしておきましょう。

    フィボナッチ

    ◎フィボナッチとADXでトレンドの強さを確認して、エントリーすべきか判断することができます。

    下の画像がフィボナッチリトレースメントです。

    ◆フィボナッチもトレンドの強さを読み取ることができる指標の一つです。
    ▪️強いトレンド→38.2%前後で戻る
    ▪️弱いトレンド→50.0%か61.8%前後で戻る
    ▪️元の値近くまで戻る→61.8%以上戻る
    ◎トレンド局面で値がどれだけ戻るかでトレンドの強さを図ります。
    このフィボナッチとADXと合わせて分析すれば、トレンドの強弱の信憑性がUPします。

    たとえば、上昇トレンドの中、フィボナッチが38.2%前後で戻る場面でADXを確認し、以下の条件が揃っていれば買いエントリーです。

    • ADXが上を向いている
    • +DIが-DIより上にある
    • ADXが±DIの間にある
    • ADXが「25」を上に抜けている
    このように、フィボナッチとADXを併用して分析し、よりエントリーの根拠を強めていきましょう。

    サインツール

    最後に、サインツールを取り入れる方法をご紹介します。

    サインツールとは、エントリーのタイミングと方向を示してくれるツールのことです。

    シグナルツールともいわれています。

    表示方法はツールによって異なりますが、たとえば⬆⇩のようにサインを表示し、

    • エントリーのタイミング
    • 「買い」or「売り」

    を教えてくれます。

    手動と自動がありますが、自動売買のサインツールには下記のデメリットがあります。

    • 勝率が低ければ資金を溶かしてしまう
    • 相場を分析する力が身につかない
    ここでは手動のサインツールをおすすめします。
    ◎手動だと、サインを参考に自分でも相場を分析するのでトレードの度にスキルを磨くことができます。

    サインツールを選ぶポイントは以下の3つです。

    • バックテスト期間
    • エントリー回数
    • 適正勝率
    気になるサインツールを見つけたら、以上3点を必ず確認しましょう。

    インターネット上には非常に多くのサインツールが出回っており、一つ一つチェックしていくのはかなりの時間と労力が必要です。

    トレード初心者

    具体的におすすめのサインツールを教えて!

    ミナト

    ノアズアークシステムがおすすめです。その理由はこちら

    勝率90%以上のエントリーポイントでシグナルが鳴るよう設定できる
    自動売買ではないので自分で納得できた時にエントリーできる

    というように、システムが勝手にエントリーポイントを導いてくれます。

    つまりあなたはサインツールのシグナルに従っているだけで、プロと同じエントリーポイントで取引ができるということです。

     

    トレード初心者

    できる限り負けをおさえながらトレード手法を使いこなせるようになりたい

    トレード初心者

    自分の分析に自信がないので、サインツールで答え合わせをしながらエントリーしたい

    トレード初心者

    チャートを見る時間を極力減らしながら勝率も上げたい

    と少しでも思うのであれば、ノアズアークシステムを必ず手に入れるべきだと断言します。
    ミナト

    今回解説してきたADX指標も取り入れている勝率の高いシステムです。

    サインツールでエントリーのヒントを得ながら、バイナリーオプションを攻略していきましょう。

    ノアズアークシステムはサポートもつけているため、近日中に配布を終了する予定です。

    配布を終了する前に詳細のご確認をお願いいたします。

    Noah's Arkシステム詳細

    まとめ

    本記事では、ADXについて解説しました。

    • ADXとは何か?
    • ADXと移動平均線の鉄板エントリー手法
    • ADXをより有効的に活用する方法
    ◆ADXはトレンドの強弱と方向性を分析するのに役立ちます。
    しかし、より根拠を強めるためには移動平均線やライントレードなどとの併用がおすすめです。
    バイナリーオプションでは、エントリーの根拠は多い方がより勝ちに近づきます。

    複数のインジケーターやサインツールを取り入れて、バイナリーオプションを攻略していきましょう。