バイナリーオプションをRSI指標で勝利するまでの全ての手順を解説!【初心者向け】

バイナリーオプションにおいて、多くのトレーダーが標準装備で使用している指標RSIです。

エントリーポイントを探していて、上昇トレンドが長く続いている時に、こんな風に悩むことがありませんか?

トレード初心者

  • まだまだ上昇トレンドが続くだろうと判断して買いエントリー?


トレード初心者

  • そろそろ上昇トレンドが終わるだろうと判断して売りエントリー?

こんな時に、まだ上昇トレンドが続くのか、トレンドが終わるのか、その過熱感を示してくれるのRSIです。
ミナト

とても使い勝手がいいので、初心者にもぜひ取り入れて欲しいインジケーターの1つです。

そこで本記事では、RSIの設定方法実際のトレードでの使い方見るべきポイントを解説していきます。

RSIで勝利するまでの全ての手順をご紹介しています。

ミナト

初心者の方は必読です。

バイナリーオプションでのRSIの使い方

バイナリーオプションでのRSIの使い方を解説していきます。

RSIとは?

RSIは「Relative Strength Index」の略で、日本語では「相対力指数」と言います。

現在のレートが「買われすぎ・売られすぎ」かを0〜100%の値で表します。

  • 値が小さいほど売られすぎ(20〜30%)
  • 値が大きいほど買われすぎ(70〜80%)
主に、逆張りエントリーを狙っている時に使用されるインジケーターです。

【RSI計算式】

例:9日間

A=9日間の値上がり幅の合計

B=9日間の値下がり幅の合計

RSI=A÷(A+B)×100%

RSIで判断できるエントリーのポイント

RSIで判断できるエントリーのポイントは2つです。

  • 買われすぎ、売られすぎのポイント
  • ダイバージェンスのポイント
トレード初心者

ダイバージェンスのポイント・・?

これは何のポイントを示すものでしょうか・・?

ポイントを理解することで次にとるべき行動が明確になります。
ミナト

しっかりとおさえておきましょう。

買われすぎ、売られすぎのポイント

RSIでは逆張りエントリーのポイントと判断することができます。
  • 70〜80%:買われすぎ→売りエントリー
  • 20〜30%:売られすぎ→買いエントリー

下の画像では、RSI70と30のところでそれぞれ逆張りエントリーしています。

ミナト

このように、チャートとサブウインドウのRSIをチェックしてエントリーポイントを探していきます。

基準のラインに到達したところで、逆張りエントリーする方法がRSIの基本的なトレード方法です。
トレード初心者

このトレードを繰り返し、慣れていけばいいんですね

ちなみに、「80%と20%」を逆張りのポイントにする人もいるようですが、「70%と30%」でOKです。

ダイバージェンスのポイント

ダイバージェンスは、トレンドが弱まっていることを示します。
トレード初心者

つまり、トレンドの転換が発生する可能性があるということですね。

チャートは上昇しているのに、RSIは下降しているというようにそれぞれが逆方向の動きをするので気づきやすいポイントです。
ダイバージェンスが見られたら、エントリーポイントを見逃さないよう注意深くチャートとRSIをチェックしましょう。

下の画像を見て下さい。

このように、チャートは上昇しているのにRSIは下降しています。

トレード初心者

この後、チャートは上昇トレンドから下降トレンドに転換しているんですね・・。

ダイバージェンスでは、このトレンドの転換を見極めエントリーポイントを探します。
トレード初心者トレード初心者

必ずしもトレンドが変わるとは限らない、ということが難しいです。

ミナト

しばらくレンジが続き、また上昇する可能性もあるので、冷静にウォッチし続けましょう。

MT4での設定方法

MT4でRSIを設定する方法を解説していきます。

  1. MT4画面上部「f」→「メインウィンドウ」→「オシレーター系:Relative Strength Index」を選択
  2. 期間を入力(9がおすすめ)
  3. レベル設定でレベルを入力(30と70がおすすめ)
  4. 完了
以上のステップで簡単にRSIを設定できます。

ステップ2のところで期間は9日をおすすめした理由は、「逆張りのエントリーポイントを捉えるチャンスを増やすため」です。

RSIの設定期間が長ければ長いほど、RSI上でチャートにした時に、波がなだらかになってしまいます。

短い期間で見れば30%や70%に達していたとしても、長い期間設定により値が平均化されエントリーチャンスを逃してしまうことに。
ミナト

一般的には14日で設定するトレーダーが多いようですが、よりチャンスを増やすためにもここでは9日をおすすめしています。

湊斗公式ライン登録

RSIを使ったバイナリーオプションの手法とエントリータイミング

RSIを使ったバイナリーオプションの手法とエントリータイミングについて解説していきます。

ポイントは2点

  • シグナルの形成後にエントリーする
  • 反発を確認してからエントリーする

シグナルの形成後にエントリー

RSIでは、買われすぎや売られすぎの基準となるラインに達した時が逆張りエントリーのチャンスと判断できます。

しかし、70%や30%のラインを突き抜けてトレンドが続くことも考えられますよね。
ミナト

いわゆる「だまし」です。

より確実に逆張りを狙うなら、シグナルを形成した後にエントリーしましょう。

反発を確認してからエントリー

ダイバージェンスでは、反発を確認してからエントリーしましょう。

チャート上にダイバージェンスが発生した時は、トレンドが転換する可能性があると先述しました。
しかし、「トレンドが弱まっている!」と慌てて逆張りエントリーしてはいけません。

トレード初心者

一時的にトレンドが弱まっただけで、そのままトレンドが続く可能性もあるからですね。

ミナト

トレンドが転換した、つまりレートが反発したことを確認してからエントリーしましょう。

RSI通りにエントリーしても勝てない場合

トレード初心者トレード初心者

RSIをチェックしてその通りにエントリーしているのに勝てない・・

ミナト

どのインジケーターにも言えることですが、あくまで「指標」ですので、100%シナリオ通りに動くわけではありません。

また、使う場面、見方によっては、まったく指標として機能しないこともありえます。

RSIでうまくいかない時には以下の3つの行動をとりましょう。

  • 出来高の変化時はRSI指標でのエントリーを避ける
  • その日の相場にRSIが反応しているか確認する
  • 複数のインジケーターを使用してリスクヘッジする

出来高の変化時はRSI指標でのエントリーを避けるのが無難

出来高、つまり取引量が変化するタイミングでRSIを指標としてエントリーするのは避けたほうが無難です。

たとえば、日本時間から欧州時間に切り替わるタイミングでは、出来高が急増するためRSIも大きく変動してしまう可能性があります。

トレード初心者

そこで慌ててはいけないんですね。

出来高の急増により買われすぎ、あるいは売られすぎのラインにタッチしただけなのに、逆張りエントリーすることのないよう、冷静に判断しなければいけません。

ミナト

各マーケットオープン時間前後は、RSIを使ったエントリーは控えると覚えておきましょう。

その日の相場にRSIが反応しているか確認

トレード前に、その日の相場にRSIが反応しているか、必ず確認しましょう。
ミナト

相場を振り返った時に、RSIの反応とチャートの反応にズレがあれば、RSIがその相場でうまく機能できていないと判断できます。

RSIでは「買われすぎ・売られすぎ」と示しているのにチャートではレンジが続いているなど、反応が弱ければ、その日はRSIを使わない方が無難です。

あるいは、後述する他のインジケーターと合わせて分析するのも有効な手段です。

複数のインジケーターを使用してリスクヘッジする

RSIだけでも十分に分析はできます。

トレード初心者

でも、どうしてもうまく勝てない・・。

そんな時には他のインジケーターと併用して根拠を増やすと良いでしょう。

おすすめのインジケーターは4つ

  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • ストキャスティクス
  • CCI
ミナト

それぞれの特徴を解説していきますので、使いやすい指標をRSIと合わせてみてください。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成されたもので、「価格の値動きはこの範囲内で収まる」ということを示したものです。

真ん中の移動平均線から1つ外側に±1σ、2つ外側に±2σ、3つ外側に±3σというラインを引きます。
  • ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率約68.3%
  • ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率約95.4%
  • ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率約99.7%

±3までご紹介しましたが、理論的にはほとんどが±2σのバンド内に収まるとされています。

過去の値動きから考えると、2σを越える値動きは修正されるべき水準と考えられているので、2σをポイントにトレード判断を行う場合がほとんどです。

ミナト

2σにタッチしたら逆張りという使い方が一般的です。

MACD

MACDは、「Move Add Change Delete」の頭文字をとったもので、日本語では移動平均収束拡散手法と言います。
ミナト

読み方は「マックディー」です。

MACDとMACDシグナルという2本のラインとヒストグラムの3つでエントリーポイントを判断します。

上の画像を見て下さい。

①と②がそれぞれ売買のポイントとなります。

【①ゴールデンクロス】

MACDがシグナルを下から上にクロスして上がっています。これは「買い」のチャンスで、この形をゴールデンクロスと言います。

【②デッドクロス】

MACDがシグナルを上から下にクロスして抜けています。これは「売り」のチャンスで、この形をデッドクロスと言います。

レンジ相場ではなく、トレンドを形成した時に有効な指標です。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、一定期間の高値と安値を活用して買われすぎか売られすぎかを判断します。
  • %K(パーセントケイ)
  • %D(パーセントディ)

という2本の線から売買のタイミングを見ていきます。

見方はRSIと似ている要素を含みます。

  • 30%か70%の水準を%Kか%Dを超えたら逆張りエントリー
  • %Kが%Dを上抜いたら買い
  • %Kが%Dを下抜いたら売り
トレード初心者

本当に似ていますね!

CCI

CCIは、「Commodity Channel Index」の頭文字をとったもので、日本語では商品チャンネル指数と言います。
ミナト

値動きの振り幅に対して、現在の乖離がどれくらいかを表したものです。

±100のラインを基準とし、逆張りエントリーのポイントを判断します。

  • +100を超えると「買われすぎ」→売りエントリー
  • −100を超えると「売られすぎ」→買いエントリー
トレード初心者

とてもシンプルですね。

しかし、他のインジケーターとは異なり、±100を超えることもあるのが難点です。

ミナト

天井も底も見えないという時もあるので、単体で使わずに、RSIや他のインジケーターと併用がおすすめです。


トレーダーミナトのライン公式アカウント登録画像

RSIとRCIはどちらを使うべき?

トレード初心者

RSIとRCIはどちらを使うべきですか?

ミナト

結論から申し上げるとRSIです。

どちらも買われすぎか売られすぎかを示す優秀なインジケーターですが、特徴が異なります。
RSIは計算式に、上昇幅と下落幅を含みますが、RCIでは値幅は含みません。
これでは過熱感を示すのにやや根拠が薄くなるので、RSIかRCIを比較するなら「RSI」をおすすめします。

両者は、売買の過熱感を示すという点では共通しますが、基準ラインとなる数値は以下の通り異なります。

RSI:70と30

RCI:80と−80

100の範囲内で動くRSIと、±100の範囲内で動くRCIでは、一見するとRSIの方が基準ラインに到達する頻度が高いように思われるかもしれません。

ミナト

しかし、実際はRCIの方が到達頻度が高くなります。

これは、先に触れた通り計算方法による違いです。

トレード初心者

基準ラインに到達するということは、逆張りエントリーのチャンスなので、頻度が高ければ高いほどエントリーチャンスが増えるのではないですか?

ミナト

エントリーチャンスも増えますが、「だまし」も増えてしまうので要注意です。

買われすぎか?

売られすぎか?

過熱感を判断するには、やはり指標算出方法に上下値幅を含む方がより根拠が強くなります。
RSIかRCIか迷ったらRSIを。
ミナト

RCIを使いたい場合は、別のインジケーターと併用をおすすめします。

まとめ

本記事では、RSIの概要と、使い方やエントリー方法設定方法勝つためのポイントもご紹介してきました。

トレード初心者

とてもシンプルで、エントリー判断がしやすいインジケーターだな、と感じました。

ミナト

初心者におすすめとしておりますが、中級・上級のトレーダーもあたり前のように使い続けている優秀なインジケーターです。

まずはRSIでトレードして、慣れてきたら他のインジケーターと併用していきましょう。

より根拠を増やすことで、勝率アップにつながります。

Noah's Arkシステム詳細