バイナリーオプションで勝てない理由

バイナリーオプションで全然勝てない理由は全部で4つ

バイナリーオプション勝ちたいと願うなら、この4つの理由について考えてみましょう。

とはいえ僕も初心者の頃は勝てない4つの理由に全て当てはまっていました。

最初の一週間くらいはエントリーして勝つ自信なんか0.01ミリも湧きませんでした。

全然勝てない日々を過ごし、「もしかしたらこれは?!」と閃いたのが「4つの勝てない理由」なのです。

この「4つの勝てない理由」を克服した時、僕の勝率は80%を超えたのです!

どれか一つでも当てはまったのなら、あなたのトレードを変える必要があります。

バイナリーオプション初心者必見の内容になっているので、必ず最後まで読んでくださいね。

バイナリーオプションで勝てない理由とは

では、4つの理由をそれぞれ深掘りしていきます。

具体的な4つの理由とは次の通りです。

  1. 根拠のないトレード
  2. 資金管理をしない
  3. 負ける時間帯でのトレード
  4. 振り返りをしない
もしあなたが、どれかひとつにでも当てはまっていたら、今この瞬間から変わりましょう。

そうすれば、バイナリーオプションで勝てるようになります。

バイナリーオプションで全然勝てない理由その1:根拠のないトレード

バイナリーオプションで全然勝てない理由の第1位は、根拠のないトレードです。

バイナリーオプション初心者は、根拠がないトレードをしがちです。

そうすると当然勝てません。
ミナト

根拠のないトレードをしたらどうなるのか、深掘りしていきましょう。

根拠のないトレードは絶対に勝てないし身を滅ぼす

勝てる根拠のないトレードでは絶対に勝てません。

まず、根拠があるトレードを定義しましょう。

根拠があるとは、客観的なルールがあるということです。

例えばこんなこと!

  • 保ち合い相場でRSIが30未満‥売られすぎてると判断
  • 上昇トレンドが来ると見越して‥逆張りを狙って
  • 長期ローソク足のハイエントリーを仕掛ける‥などですね。
ミナト

守るべきトレードルールがある為、メンタルによる影響を受けにくくなります

根拠のないトレードは絶対に勝てない理由は、ギャンブルになりやすいから

根拠のないトレードは、ギャンブルになりやすい「博打」のようなトレードです。

一定の規則がないため、その時のメンタルによってパフォーマンスが左右されます。

負けが続くと‥

  • 冷静さを失います。
  • 損を取り戻そうと考えます。
  • 無茶なエントリーを繰り返します

その結果、資金が底をついてしまうのです。

また、バックテストやデモで手法の検証ができません。

手法の検証によって勝率を計算することができない。

勝率がわからないトレードは、いわばギャンブルです。

バイナリーオプションはギャンブルではありません。

高い確率で勝つポイントを見つけて、淡々とエントリーするのがバイナリーオプションです。
ミナト

ギャンブルにならないよう、根拠を見つけましょう。

では次に、どうすれば根拠があるか確認できるか、詳しく解説していきます。

トレード手法に根拠があるか見極めるコツは、テクニカル指標を使って分析すること

トレード手法に根拠があるか見極めるには、テクニカル指標を使って分析することです。

なぜなら、テクニカル指標にはいろいろな情報が含まれているからです。

テクニカル指標に含まれているもの

  • トレンド
  • 分散と偏差
  • 高値安値からの比率
  • 市場心理など

さまざまな情報が含まれています。

裏を返せば、テクニカル指標を用いていない根拠は全てデタラメと言えます。

例えば‥
ネットの記事やYoutubeでは「経済指標発表の後には反対に賭ければ勝つ」という考え方も紹介されていました。

「要人発言の後はトレンドが反発しやすいから逆張りした方が良い」ということも。

これらは間違ってはいないですが、根拠はありません。

例えば雇用統計は、事前の予想が外れた場合に大きなトレンドを形成しやすいという傾向があります。

しかし、これはあくまで傾向です。

事前の予想も、テレビやニュースで流れた情報であって、それが市場心理を完璧に反映している根拠はありません。

ミナト

メディアの情報は鵜呑みにしてはいけません。

だからこそ、テクニカル指標を使って、自分の手で根拠があるか分析する必要があるのです。

では、テクニカル指標で根拠を分析する方法を深掘りしていきます。

テクニカル指標でトレードルールの根拠を分析するコツは「数字」

テクニカル指標でトレードルールの根拠を分析するコツは「数字」です。

感覚や経験ではなく、統計データやインジケーターの数字で根拠を分析しましょう。

テクニカル指標には2種類あります。

1.トレンド系指標(順張り系指標)
2.オシレーター系指標(逆張り指標)

トレンド系指標の代表例は移動平均線

オシレーター系指標には、RSIボリンジャーバンドですね。

トレード手法の根拠を分析するポイントは、複数のインジケーターを使って分析することです。
そして、根拠を「数値」で確認してください。

例えばボリンジャーバンドで言えば、±2σ付近まで広がったので、逆張りにエントリーするなど‥。

価格が±2σ以内に収まる確率は、統計学的に95%以上と計算できます。

その付近で、価格が反発しているかどうかをチェックするのです。

ミナト

もし価格が反発していないとしたら、逆三尊や三山などマクロのローソク足パターンが発生している可能性がありますね。

まずは、インジケーターを使って根拠を「数字」で表しましょう。

では、根拠のあるトレードルールの特徴と作り方を解説していきます。

根拠のあるトレードルールとは、相反するベクトルのインジケーターを組み合わせること

根拠のあるトレードルールとは?

相反するベクトルのインジケーターを組み合わせること

噛み砕いていうと、次のようなインジケーターの組み合わせです。

  • トレンド系×オシレーター系
  • ローソク足×トレンド系
  • オシレーター系×フィボナッチライン
トレード初心者

なぜ相反するベクトルのインジケーターを組み合わせるのですか?

ミナト

自分の思い込みを取り除くためです。

  • トレードは、目の前にお金の誘惑があるため、どうしても感情的になりやすい
  • そして感情的になると、客観的に考えることができず、主観的になってしまう。
  • 主観的になると、自分の思い込みで「ここは儲かるぞ」と何の根拠もなくエントリーを行う。
感情的なトレードは根拠のないトレードにつながりやすい
客観的なトレードを行うコツは、自分の主観とは反対のシグナルを示すインジケーターを使うこと。

例えば、自分が「トレンド相場だ」と判断しても、フィボナッチラインを引いたら、38.2%〜50.0%を動いていたためレンジ相場だと判断される場合もあります。

  • 「ストキャスティクス×MACD」
  • 「移動平均線×ボリンジャーバンド」
  • 「フィボナッチライン×DMI」

など、組み合わせ方はたくさんあります。

まずはいろんなインジケーターを組み合わせてみましょう。
次に、バックテスト・デモトレードを行い検証します
そして、自分に合った組み合わせを選んでみましょう。

バイナリーオプションで勝てない理由その2:資金管理をしない

バイナリーオプションで勝てない理由として、資金管理をしないことがあります。

ミナト

僕も多くのバイナリーオプション初心者から相談を受けるのですが、資金管理をしていない人がほとんどです。

一方、一流のプロトレーダーは、みんな資金管理を行なっています。

なぜなら、資金管理には重要な役割があるからです。

資金管理シートをつけないと勝てない理由

資金管理シートをつけないと勝てない理由は、次の2つです。

  1. 金銭的余裕が生まれない
  2. 精神的余裕が生まれない

それぞれ噛み砕いて解説します。

資金管理シートをつけないと勝てない理由①:金銭的余裕が生まれない

資金管理シートをつけないと‥

金銭的余裕が生まれず、命金でトレードしてしまいます。

バイナリーオプションを始めた時は余剰資金でトレードしていたのに、損を取り返そうと一発逆転の取引に全資産を投下してしまうのです。

そして、お金を全て溶かしてしまうのです。
一度、金銭的な余裕がなくなると、冷静にエントリーできなくなってしまいます。
ミナト

冷静さがなくなれば、バイナリーオプションでは勝てません。

資金管理シートつけて、余剰資金でトレードすれば、金銭的余裕が生まれます。

バイナリーオプションは必ず余剰資金で取引しましょう。

そのためにも、資金管理シートをつけましょう

ミナト

ミナト愛用の資金管理シートはここからゲットできます。無料で手に入るので、必ずチェックしてください。

資金管理シートをつけないと勝てない理由②:精神的余裕が生まれない

資金管理シートをつけないと、精神的余裕が生まれません

人間は感情的な生き物です。

損したらムキになって取り戻そうとします。

ムキになって無茶なエントリーを繰り返し、勝率が下がってしまうのです。

勝率が下がれば、お金は減っていきます。

この負の循環に陥ってしまったら、口座資金が底をつくか、勝てないツールを買って借金を背負うかのどちらかになります。

そうならないためにも、資金管理シートをつけましょう

ミナト

ミナト愛用の資金管理シートはここからゲットできます。無料で手に入るので、必ずチェックしてください。

期待値を無視したトレードをしている

期待値を無視したトレードをしたら資金管理ができません。

期待値とは‥トレード一回あたりの平均利益
ペイアウト倍率 1.85
掛け金 10,000円
勝率 60%

トレードの期待値は次の通りです。

10,000円 × 1.85 × 60% – 10,000円 = 1,100円

期待値がゼロ以上であれば、理論上、お金が減ることはありません。

資金管理において、期待値は非常に重要なのです。
ミナト

プロのトレーダーは、期待値がゼロ以上となるトレードルールを淡々と守っているだけなのです。

ここからは、資金管理を行う上で一番重要なものは何か解説します。

一回の勝ち負けの金額より全体の勝率を重視する

一回の勝ち負けの金額より、長期的な勝率を重視しましょう。

なぜなら、バイナリーオプションの場合、勝率が55%以上のトレードルールであれば、理論上お金を増やし続けられるからです。
ミナト

なぜ勝率55%以上であればお金を増やし続けられるかの理由は、この記事に詳しく書いてあります

バイナリーオプションで勝つ人、負ける人には特徴があります。

ミナト

バイナリーオプションで勝つ人

1.バックテストで勝率を算出する
2.高勝率のトレードルールを守る
トレード初心者

バイナリーオプションで負ける人

1.一回の勝ち負けに一喜一憂する
2.一回の勝ち負けの金額に惑わされる

一回の勝ち負けの金額ではなく、長期的な勝率を重視しましょう

引き出しのタイミングを決める

資金を引き出すタイミングを決めましょう。

資金を引き出すタイミングを決めないと、資金管理が雑になります。

資金管理が雑になると‥?

  • リスクの許容度が甘くなります
  • 掛け金を増やすハイリスクなエントリーをしてしまいます。

たった一回のギャンブル的なエントリーで負けたことで、口座にあるお金すべて溶かしてしまうのです。

資金管理を徹底するコツは、マメに出勤することです。

出金の目安は1ヶ月に1回です。

ミナト

バイナリーオプションで勝つコツは「堅実」です。マメに出金して、浮ついたマインドをリセットしましょう。

バイナリーオプションで勝てない理由その3:負ける時間帯でのトレード

バイナリーオプションで勝てない理由の3つ目は、負ける時間帯でトレードしていることですね。

それでは、勝てるものも勝てません。

ミナト

長期的に勝ち続けるトレーダーは、負ける時間帯を避けてトレードをしています。

負ける時間帯は、具体的に次の3つです。

1.マーケットオープン・クローズ時にトレードする
2.経済指標発表時にトレードする
3.要人発言時にトレードする

それぞれ深掘りしていきます。

マーケットオープン・クローズ時にトレードする

マーケットオープン・クローズ時は相場が荒れやすいためエントリーはやめましょう。

トレード初心者

なぜですか?

A.相場が荒れて、チャートの予測が立たず、勝ちにくいからです。

わざわざ勝ちにくい時間帯でエントリーする必要はないですね。

マーケットオープン・クローズ時に相場が荒れやすい理由は‥

市場の取引量が少ないから相場が荒れやすい

市場の取引量が少ない時に、資金力のある大富豪が大きな取引をしたら、為替が急激に変動してしまいます。

そのため、本来予測していた値動きと違った動きをして負ける可能性があるのです。

ミナト

時間帯のオススメは12:00~17:00です。

経済指標発表時にトレードする

経済指標発表時は相場が急激に変動する為、トレードしてはいけません

チャートを見て確信を持ってエントリーしても、相場が予想外の動きをして負ける時があります。

そういう時は、経済指標発表のチェックが漏れています

経済指標発表時を避けるために。Yahooファイナンス以外のサイトもチェックしましょう!

なぜかというと、Yahooファイナンスに掲載されていない経済指標発表があるからです。

チェックしていない経済指標発表のせいで相場が急変動して負けてしまうのはイヤですよね。

バイナリーオプションで勝つために、経済指標発表時はしっかり把握しましょう
ミナト

Yahooファイナンス以外にも、みんかぶFX外為ドットコムなど3サイト以上は確認しましょう。

要人発言時にトレードする

要人発言時も相場が急激に変動する為、トレードしてはいけません。

要人発言が経済指標発表時と違うのは、いつ起きるか予測できないことです。

要人発言を攻略するコツは、要人発言をいち早くチェックすることです。

では、どのサイトで要人発言をチェックすればいいのかを紹介します。

Twitter

Twitterではリアルタイムで情報発信をしているアカウントがたくさんあります。

Twitterで「要人発言」とリサーチすれば、リアルタイムの情報を手に入れられます。

バイナリーオプションで稼いで行きたい人におすすめ

  • 要人発言情報を発信してくれるアカウントをフォロー
  • リストに入れて見やすくしたりする

みんかぶFX

タイムラインの「本日の予定【発言・イベント】」に、今日の要人発言の予定が載っています。

ミナト

平日の朝7時20分頃に投稿されます。トレード前や出勤時など、毎日必ずチェックしましょう

バイナリーオプションで勝てない理由その4:振り返りをしない

バイナリーオプションで勝てない理由その4は、トレード振り返りをしないことです。

トレードの振り返りをしないと、勝ち負けの原因を把握することができません。

負けが続いた時

冷静さを欠いたトレードをして破滅するか
冷静に振り返って敗因を分析して改善するか

ミナト

どちらをを選びますか?

もしあなたも勝ち続けたいなら、トレードの振り返りはしましょう

トレード振り返りをしないとは、次の2つを指します。

  1. トレード日誌をつけない
  2. 1日の勝ち負けを記録していない

トレード日誌をつけていない

めんどくさがらず、毎日トレード日誌はつけましょう。

トレード日誌をつけていない人が、あまりにも多いです。

トレード日誌をつけないと、トレードの振り返りができません
トレードルールを守る意識が薄れ、トレードがテキトーになってしまいます。
ミナト

だから、負けます。

トレードで勝ち続ける人は、マメな努力を継続できる人です。

ミナト

ミナトの「トレード日誌の付け方」はLINE無料講座で解説しているので、必ずチェックしましょう。

1日の勝ち負けを記録していない

1日の勝ち負けを記録しないと、勝率を計算できません。

バックテストによって計算した勝率より、実際の勝率が低いなら、「なぜ低いのか」必ず分析しましょう

勝因・敗因分析では次の項目をチェックします。

  1. トレードルール通りにエントリーできたか
  2. 未確認の経済指標発表・要因発言がないか
  3. 冷静なメンタルでエントリーできたか
ミナト

バイナリーオプション初心者がやりがちなのは、トレードルールを破ることです。調子に乗って我流でエントリーして負けてしまう人があまりにも多いですね。ここまで読んできたあなたは、絶対に気をつけてくださいね。

バイナリーオプションのツールで勝てない理由

バイナリーオプションのツールを使っていても、勝てません。

ミナト

理由は3つ

1.勝率の低いシステムを使っている
2.長期勝率を無視し、短期勝率を見てエントリーしてしまう
3.胴元の画策で、滑らされてしまう

それぞれ深掘りしていきますね。

勝率の低いシステムを使っている

勝率の低いシステムを使っているバイナリーオプション初心者がめちゃめちゃ多いです。

勝率の低いシステムに騙されるのを防ぐコツは、「実績を確認する」

極端な例ですが‥
勝率90%というツールをバックテストにかけたら、勝率30%未満だということもあるのです。

世の中に出回っているツールの99.9%は、勝率に関する十分な説明証拠を残していません。

もっと言えば、どんなロジックでシグナルを出すか解説していないのです。

ミナト

どのようなロジックかを明らかにしているシステムはこの世に存在しません。それにはある裏話があるのですが、あまり表立って言えないので、僕のLINE無料講座で話します。

理想はシステムのバックテスト結果を確認することです。

システムに興味を持ったら実績を確認しましょう。

ミナト

胡散臭い情報に騙されないようにね

長期勝率を無視し、短期勝率を見てエントリーしてしまう

システムの長期勝率を無視し、短期勝率だけを見てエントリーしてしまうと、必ず負けます。

いくら短期勝率が高くても、過去1年分の長期勝率が低かったら、エントリーをしてはいけません。

バイナリーオプションのシステムは、エントリーポイントの勝率を表示してくれます。

MT4上に表示される勝率は、直近1~3ヶ月の短期勝率と、過去1年分の長期勝率の2つであることが多いです。

短期勝率が高く、長期勝率が低い場合、バイナリーオプション初心者はエントリーしてしまうことが多いです。

なぜなら、バックテストの勝率は期間が長いほど正確に計算されるからです。
ミナト

シグナルツールで過去の勝率が表示される時、短期勝率ではなく長期勝率を重視しましょう

胴元の画策で、エントリーポイントが滑らされてしまう

胴元(ハイローオーストラリアetc)の画策によって、エントリーポイントが滑らされることもあります。

滑らされるとは・・・エントリーしたポイントと、実際にエントリーしたと認証されるポイントがズラされることをさします。
なぜ滑りが起きるかというと、胴元が儲けたいからです。

極端な例ですが、勝率100.0%のシステムがあった仮定します。

  • システムを10,000人購入
  • 10,000人全員、100万円でエントリー

そうすると、ペイアウト率が1.85倍の時10,000人は全員85万円儲かります。

言い換えたら、胴元(ハイローオーストラリアetc)が85億円損するということです。

これは、あってはならないことです。

カジノで誰が一番儲かっているかというと、胴元です。

バイナリーオプションというゲームも、胴元が負けないよう設計されているのです。

システムを使ってエントリーを行う場合には、胴元に滑らされるリスクがあることを認識していましょう。
ミナト

僕のLINE無料講座では、胴元に滑らされるリスクを限りなくゼロに近づける方法も解説していますので、必ずチェックしましょう。