バイナリーオプションを始めて勝つまでに必要な全てのものまとめ

バイナリーオプションで勝つために必要なものを全て本記事にまとめました。

トレード初心者

バイナリーオプションって何があればできるの?

トレード初心者

スマホだけでもバイナリーオプションってできるの?

トレード初心者

取引するだけでなく勝つためには何が必要なの?

などなど、最初は何から手をつけていいかわからないという方が多いです。

ですので当記事にて、

  • バイナリーオプションを始めるための最低限必要な準備
  • バイナリーオプションで勝つために必要な知識

の2つに分けて解説します。

バイナリーオプションを始めてから勝利するために揃えるものや知識がすべてわかりますので、ぜひ最後までご覧ください。

ミナトLINEバナー

バイナリーオプションを始めるのに必要なもの

バイナリーオプションを始めるのに必要なもの

バイナリーオプションを始めるには

  • パソコン
  • ネット環境
  • 証券口座
  • MT4
  • 軍資金

という5種類が必須となります。

いずれもただ揃えればOKというわけではなく、各項目ごとに選び方があるので1つずつ解説していきます。

パソコン

バイナリーオプションでは、パソコンでの取引が必須です。

ミナト

取引自体はスマホのみでも可能ですが、「勝ちたいなら必ずパソコンを購入」しましょう。

なぜパソコンが必要なのかというと、「MT4の分析画面と取引画面を都度切り替え」しなければエントリーのタイミングがずれてしまうためです。

つまり

  • MT4画面でチャートを見てエントリーできそうなタイミングを探す
  • エントリータイミングを見つけ次第取引画面にてエントリー

という作業となりますので、「MT4と取引画面という2つの画面」を見る必要があるのです。

バイナリーオプションは、主に○分後という短期でのレートを使った勝負が多く、分析からエントリーまではほぼ同時に行います。

しかしスマホではMT4と取引画面を同時に見れないため、エントリーが遅くなってしまい「1秒エントリーが遅れたことで勝てた勝負が負けてしまった」となりかねません。

ですからパソコンでMT4と取引画面は、最低でも同時で見ておかなければいけないのです。

とはいっても、高額でハイスペックなパソコンを購入する必要はありません。

バイナリーオプションを最低限できるスペックがあれば大丈夫です。

こちらの記事にてバイナリーオプションにおけるパソコン選びを詳しく解説しています。

【バイナリーオプションで使えるおすすめのパソコン選びとネット環境を解説!】

ネット環境

バイナリーオプションにて必要なネット環境は、回線速度30mbps以上・複数モニターでネット環境を整えましょう。

ミナト

いくら相場分析の精度が高くても、インターネットの読み込み速度が遅く、思い通りのレートで約定できなければ勝てるものも勝てません。

ですので基準としては、読み込み速度が速く、安定しているとされる30mbps以上を確保しましょう。

なお、ポケットWi-Fiは回線が安定しないのでNGです。

無線Wi-Fiが安定しない場合は有線にするなど、とにかく速度と安定性が重要です。

証券口座

証券口座(=バイナリーオプションの取引口座)を開設しましょう。

口座を開設するにあたり、まず最初に悩むのが国内業者か海外業者かだと思われます。

国内業者は金融庁による規制を受けているため、海外業者のバイナリーオプションとはやや商品の仕組みが異なります。

  • 海外業者⇨判定時刻のレートが現在のレートより上か下かを予測する「ハイ&ロー」
  • 国内業者⇨判定時刻のレートを予測し、予測したレートより上か下かを予測する

その他、ペイアウト率や判定時刻までの時間など相違点が多々あるので、どういった取引をしたいのかを明確にすれば自ずと「国内か海外か」が決まります。

国内業者か海外業者かが決まったら、次のポイントをチェックしながら開設口座を絞っていきましょう。

  • 信頼性
  • 取引したいタイプかどうか
  • 取引ツールの使いやすさ
  • 通貨ペアの種類
  • ペイアウト率
  • お得なキャンペーン

などです。

ミナト

僕はダントツで海外業者のハイローオーストラリアをおすすめしています。

ハイローオーストラリアの口座開設をする場合、公式サイトから登録しましょう。

MT4

MT4は、世界中のトレーダーが愛用する無料分析ツールです。

  • チャート上にラインを引く
  • インジケーター(分析に使用する指標)を表示する

ということが可能で、相場分析には必要不可欠です。

下の画像がMT4でチャートにインジケーターを表示させたもの。

移動平均線・ボリンジャーバンド・ストキャスティクス

インジケーターのラインの交差や、ローソク足との位置関係などからエントリーポイントを見つけていきます。

ミナト

インジケーターの種類は豊富で、自分仕様にカスタマイズできて使いやすいツールです。

精度の高い分析ができるので、バイナリーオプションで勝ちたいなら使用マストです。

MT4をダウンロードする場合は、ハイローオーストラリアの取引画面と相性がいいXM社をおすすめしています。

XMのMT4ダウンロードページはこちら

軍資金

軍資金=投資資金を準備しましょう。

生活資金や近々使う予定のあるお金を軍資金に充ててはいけません!

最悪、全額失っても生活に一切支障をきたさない資金を「軍資金」としてください。

また、1回のエントリーで軍資金の全額を投資してはいけません。

トレード初心者

では、1回のエントリー額はいくらが正解なのでしょうか?

軍資金の金額は個々の資産状況により異なるため、1回あたりのエントリー金額も人によって違います。

1回あたりのエントリー金額の決め方について、以下の記事で詳しく解説しているので必ず読んでください。

【バイナリーオプションでは負けない資金管理が最重要!知らずに投資をするのは絶対NG】

ライン登録

バイナリーオプションに勝つために必要な知識

バイナリーオプションに勝つために必要な知識

バイナリーオプションでは相場を分析&攻略するために知識を身に付けなければいけません。

一気にあれもこれも覚えるのは難しいので、まずは最低限必要と考えられるものから学びましょう。

  • 基礎的な知識
  • 基本的なインジケーターの把握
  • インジケーターを使ったエントリー手法
  • サインツールを使ったエントリー方法

基本をしっかりおさえれば、応用してさまざまな方法で攻略できるようになります!

基礎的な知識

バイナリーオプションで勝つためには、相場を分析して予測しなければいけません。

チャートを見て

  • 上昇(下降)基調が続く
  • 上昇(下降)から反転する
  • 方向感が定まらない状態

といった現状と未来を読み取っていきます。

つまり、チャートの見方を知る必要があるということ。

チャートを見るには次の2点の理解が必須です。

  • チャートの特徴的な形
  • ローソク足の形

チャートの特徴的な形

チャートを見ると、一定方向に動く「トレンド」と方向が定まらない「レンジ」を読み取れます。

トレンドの時に有効な手法、レンジの時に有効な手法といったように、攻略方法や機能するインジケーターが異なります。

チャートを見て「トレンド」か「レンジ」か読めるようにしておきましょう。

ローソク足の形

ローソク足は4つの値動きから形成されています。

ローソク足

画像引用:ローソク足【FXブロードネット】

  • 始値より上昇して終値が高い⇨陽線
  • 始値より下降して低い⇨陰線
  • 始値と終値でつないだボックス部分⇨実体
  • 実体より高値の線⇨上ヒゲ
  • 実体より安値の線⇨下ヒゲ
ミナト

ローソク足が陽線なのか陰線なのかの情報により、上昇トレンド・下降トレンドを判断することも可能です。

また、下記のようなローソク足の出現によりトレンドの転換も読み取れます。

トレンド転換

画像引用:ローソク足【FXブロードネット】

他にもローソク足からさまざまな分析ができます。

一度に覚えるのは難しいので、1つずつ理解していきましょう。

基本的なインジケーターの把握

多くのトレーダーが利用しているポピュラーなインジケーターを理解しておきましょう。

  • 移動平均線
  • RSI
  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • 一目均衡表

は代表的なインジケーターです。

ほかにもまだまだ種類はありますが、基本としてまずは上記のインジケーターは押さえておきたいです。

  • トレンドの強弱
  • 相場の過熱感
  • トレンドの転換点
  • 抵抗線・支持線

などを読み取ることができるので、エントリーポイントを見つけられます。

インジケーターを使ったエントリー手法

インジケーターを理解したら、エントリー手法を学んで試してみましょう。

学んだインジケーターも使わなければ意味がありませんので、1つずつ試して使いこなせるようにしていきましょう。

シンプルな手法を1つご紹介しておきます。

ラインとRSIを使った手法

レートが反発する(逆方向に動く)であろうポイントを狙った手法をご紹介します。

チャート上に表示させるのは、RSIとラインです。

◯RSI..その通貨が買われすぎか売られすぎか、相場の過熱感を数値で示すインジケーターです。

30と70を基準に以下のように判断します。

  • RSI値30⇨今の相場は売られすぎであることを示す
  • RSI値70⇨今の相場は買われすぎであることを示す
◯ライン..直近の高値と安値を起点にラインを自分で引きます。

手法により引き方はさまざまですが、今回は水平にラインを引きましょう。

チャート上にRSIを表示させ、ラインを引いたらエントリーポイントを見つけていきます。

【LOWエントリーのポイント】

RSI&ラインロー

赤い水平のラインを見てください。

直近ではこのラインを突き抜けて上昇をしていないことが確認できます。

①◯の箇所、赤い水平ラインを一瞬突き抜けましたが上にヒゲをつけ陰線を形成し、ラインを下回った

②RSI値は70を上から下に抜けている

以上2つの条件を満たしたことを確認しLOWエントリー

【HIGHエントリーのポイント】

RSI&ラインハイ

赤い水平のラインを見てください。

直近ではこのラインを突き抜けて下降していないことが確認できます。

①◯の箇所、赤い水平ラインを一瞬突き抜けましたが下にヒゲをつけ陽線を形成し、ラインを上回った

②RSI値は30を下から上に抜けている

以上2つの条件を満たしたことを確認しHIGHエントリー

サインツールを使ったエントリー方法

サインツールを使ってエントリーするのもオススメです。

バイナリーオプションのサインツールとは、チャート上に矢印を表示させてエントリーポイントを知らせてくれるツールのこと。

チャートに張り付く必要がないので、忙しい人やバイナリーオプション以外にも時間を割きたい人にピッタリです。

自動売買ツールとは違い、サインをチェックして自分自身も納得できた時にのみエントリーできます。

中級・上級トレーダーだけでなく、自分のエントリーポイントに自信が持てない初心者も使えます。

ネット上ではたくさんのサインツールが販売されていますが、ほとんどのツールが後からサインを書き換えるリペイントを行っていたり、そもそも勝てないツールだったりします。

高い勝率や、1日で○万円稼げるといった謳い文句に気持ちがなびいてしまうかもしれませんが、大切なのは内容。

ロジックを持って作り込まれたツールかどうかを見極めなければいけません。

とはいえ、選び方が難しいですよね…

「選べない」「分からない」「騙されたら…と不安です」

という方は、ワイルドカードシステムのサインツールをオススメします。

  • 各エントリーポイントの勝率が表示されるのでエントリーしやすい
  • ワンタッチで主要インジケーター表示やラインの自動生成が可能
  • 大きなトレンドが発生した時に「爆益ポイント」として表示される

など、裁量トレードを手厚くサポートしてくれるシステムです。

数量限定での配布となりますので、気になる場合はぜひチェックしておいてください。

ワイルドカードシステムバナー

サインツールをうまく活用しながら、トレードスキルを上げていきましょう。

まとめ

バイナリーオプションで勝つには、ツールや知識など最低限必要なものがあります。

やるからには稼いでお金を増やしたいですよね。

最初はツールの設定やインジケーターの使い方など覚えることが多くて大変かもしれません。

しかし基本的な知識・操作を理解できれば応用して使いこなせるようになります。

まずは本記事を参考に必要最低限ツール・知識を整えて、バイナリーオプションで勝利を目指しましょう。

ワイルドカードシステムバナー