バイナリーオプションでは負けない資金管理が最重要!知らずに投資をするのは絶対NG

バイナリーオプションで資金管理をせずにトレードするのは絶対にNGです。

チャート分析方法を勉強し80、90%と高い勝率を上げられても、資金管理をせずにトレードを続けていたら最終的には負けてしまいます。

それほどに資金管理は重要なものなのです。

そこで本記事では、バイナリーオプションでの資金管理についての考え方から実践方法までを徹底解説していきます。

トレード初心者

バイナリーオプションで勝ちたいけれど大負けしてしまう

トレード初心者

バイナリーオプションでの投資額の決め方がわからない

ミナト

また、「資金管理をきっちり行いたいから具体的なやり方を知りたい」という方は必読です。

バイナリーオプションの資金管理は何故必要なのか?

バイナリーオプションでは資金管理ができていないと、勝率が高くても収支がマイナスになる場合があります。

稼げているトレーダーは必ず資金管理を徹底しています。
まずは、資金管理の必要性をしっかりと理解しておきましょう。
ミナト

「コツコツドカン」という言葉を聞いたことはありませんか?

コツコツと勝ちを重ねたのに、大きく損をしてトータルで負けた時の状況を表現した言葉です。

たとえば、1日に10回トレードして8回勝って2回負けたとします。

  • 1回目:1,000円・勝ち
  • 2回目:1,000円・勝ち
  • 3回目:1,000円・勝ち
  • 4回目:1,000円・勝ち
  • 5回目:1,000円・勝ち
  • 6回目:1,000円・勝ち
  • 7回目:2,000円・勝ち
  • 8回目:3,000円・勝ち
  • 9回目:5,000円・負け
  • 10回目:10,000円・負け

勝率8割と聞くと一見素晴らしいトレード実績に感じてしまいますが、この日のトータル収支は「−4,000円」です。

トレード初心者

勝率8割なのにマイナス・・!!

6回目まで「コツコツ」勝ちを積み上げてきたのに、7,8回目には欲を出して投資額を増やしています。

さらに欲が出てチャレンジした9回目では負けてしまい、10回目では焦って損を取り返そうと一気に勝負をして「ドカン」と負けてしまいました。

これが「コツコツドカン」です。
ミナト

ちなみに、10回全て1,000円投資し続けた場合はトータル収支「+8,000円」です。

トレード初心者

「ドカン」さえしていなければ…

これこそが資金管理ができていないトレーダーが引き起こす典型的な負け事例です。

資金管理ができていれば、欲に負けず投資額を増やすことはありません。

このように、資金管理とは投資額や収支を管理するだけでなく、トレードにおけるメンタルをもコントロールする重要な役割を担っています。

では、具体的に資金管理においてどういう考え方が必要なのか?

次の章で解説していきます。

トレーダーミナトラインアカウント登録

バイナリーオプションの資金管理で必要な考え方

バイナリーオプションの資金管理で必要な考え方は3つ

  • リスクを許容してメンタルも管理する
  • 最初に決めた投資ルールを必ず守る
  • 賭け額をコロコロ変えない
これらを徹底しなければ資金管理は有効ではありません。

しっかりと理解しましょう。

リスクを許容してメンタルも管理する

負けてもいい額をあらかじめ決めることでリスクを許容できます。

「どれだけのマイナスなら受け入れられるか?」は明確でしょうか。
リスクの許容範囲は、総資産や投資額の大小に関係なく、個々の気持ちに依存するところが大きいです。
トレード初心者

ここまでのマイナスなら心が安定しているが、これ以上のマイナスだと焦ってしまう」という額を決めると良いのですね

精神面を基準にすると良い
ミナト

自身でリスクを許容しておけば、マイナスが許容範囲内に収まっている間は焦らないでOKというようにメンタル面の管理もできますね。

最初に決めた投資ルールを必ず守る

その時の気分でトレードしてはいけません

最初に決めた投資ルールを必ず守らなければ資金管理とはいえません。

前項で述べたリスクの許容も含めて、自身で決めた投資ルールは遵守しなければ資金管理が崩れてしまいます。

  • 経済指標発表時にはトレードしない
  • チャート分析に集中できない状況にある時は無理にトレードしない
  • リスク許容度を超えたらその日のトレードは中止
  • 勝率が高くても投資額を増やさない
このようなマイルールがあるにも関わらずその時の気分次第でルールを破ってはいけません
トレード初心者

「今日はツイてる気がする」

「負けたまま終わりたくない」と思ってもルールを遵守しなければいけないということですね。

ルールを守らないで投資で勝つことは不可能であると受け止めておきましょう。

賭け額をコロコロ変えない

勝率が高くても収支がマイナスになってしまうので、賭け額をコロコロと変えてはいけません。
とくに最初のうちはマーチンもやらないほうがいいでしょう。

マーチンでは賭け額が回数を重ねるごとに自動で倍増していくので、「コロコロ」と変えるわけではありません。

しかし、賭け額が変わることでリスクが増えるという点では同じです。

リスクを抑えるためにも、賭け額は状況に応じて変えないよう徹底しましょう。
ミナト

自身の投資ルールに含めておいてもいいですね。

ライン登録

1エントリーの金額を決めるための資金管理法

次に、1エントリーの金額を決めるための資金管理法について解説していきます。

1,000円なのか、それとも10,000円なのか、という明確な金額はありません。

投資する額は余裕資産で決まる
◆なぜなら、人によって異なるからです。

投資する額は個々の総資産や投資に使える余裕資産により決まります。

トレード初心者

バイナリーオプションに限らず投資商品全体に言えることですね。

そのため、ここでは個々が1エントリーの金額を決めるための資金管理法として次の3つの方法をご紹介していきます。

  • 軍資金の30分の1
  • 総資産の2%
  • バックテストから最大ドローダウン額を算出する

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

軍資金の30分の1

ミナト

軍資金、つまりリスク商品に投資してもOKな資金の30分の1の金額を1エントリー投資額に設定しましょう。

投資できる資金が30,000円なら1,000円。

30,000円÷1/30=1,000円

というように、30で割るだけで簡単に算出できます。

「軍資金の20分の1」と言われることもありますが、30分の1と余裕を持っていた方がより心にゆとりを持ってトレードできます

余裕があれば心にゆとりが生まれる

⚪︎初心者の方

⚪︎リスク許容度が広くない方

⚪︎メンタル面で負担を減らしてトレードしたい方など

このような方々には30分の1がより安心かつ安全です。

総資産の2%

一般的に、1エントリーで投資する資金は総資産の2%までと言われています。

比率がこれ以上になると、投資額すべてを失う、つまり破産する可能性が高くなるので2%に抑えましょう。
◎総資産の2%以内かどうかの確認方法

総資産の2%以内であるかどうかは「資金率」を使えば算出できます。

資金率とは、「1エントリーで総投資資産の何%までなら損してもOKか」を示すものです。
◆【算出方法】資金率=損失の許容額÷トレード総資産✕100

たとえば、1,000,000円の投資額があり、損失を許容できるのが20,000円だとすると、

20,000円÷1,000,000円×100=2%

トレード初心者

資金率は2%で、総資産の2%という基準に合致していることがわかります!

注意すべき点は、トレードを繰り返すうちにこの2%が変動してしまうこと。

負けが続いて投資額が減ってしまうと、総資産2%だったものが3、4%…とUPしてしまいます。

トレード初心者

これでは資金管理ができていないことになりますね・・。

上記の計算で「総資産の2%」以内であることを定期的に確認しましょう。

ちなみに、資金率2%で今のトレードルールで取引を続けた場合の破産する確率を知る方法をご紹介しておきますね。

バルサラの破産確率表」というもので簡単に確認できます。
◆バルサラの破産確率表

この表を使うためには、つぎのことを最初に求めましょう。

  • 資金率:1エントリーで総投資資産の何%までなら損してもOKか?(先ほど解説したものです)
  • 勝率:トレードで勝った割合
  • 損益率:利益額と損失額のバランス

計算式は以下の通り。

  • 資金率=損失の許容額÷トレード総資産✕100
  • 勝率=勝ちトレード数÷総トレード数×100
  • 損益率=平均利益額÷平均損失額
これだけ分かれば、後は表に当てはめるだけで簡単に破産する確率が分かります。

たとえば以下の場合を表に当てはめると…

  • 資金率2%(20,000円÷1,000,000円×100)
  • 勝率60%(12回÷20回×100)
  • 損益率1.6倍(5,000円÷3,000円)
トレード初心者

破産確率0%」ということが分かりました!

ミナト

破産確率が0%だからと過信してはいけません。

しかし、資金率が妥当であることや、勝率や損益率にも大きな問題がないことは確認できます。
逆に、破産確率が高ければ、「今の自分のトレードルールに問題がある」ということ。

投資ルールを見直すきっかけにもなるので、バルサラの破産確率表は使えるようにしておきましょう。

バックテストから最大ドローダウン額を算出

最大ドローダウンとは、一時的な最大負け額のことです。

たとえば、バックテストが算出した最大ドローダウン額が−50,000円だったとします。

これから先、バックテスト時に設定したのと同条件でトレードを続けると、50,000円の損失の可能性があるということが分かります。

ミナト

つまり、最低50,000円はトレード口座に残高を入れておかなければいけないということ。

しかし、実際のトレードではバックテストで計測した最大ドローダウン以上の損失も考えられます。
より安全にトレードするために、口座残高は最大ドローダウン額よりも多めにしておくことがおすすめです。

資金管理表作成方法

資金管理を行うためには、最低限、過去のトレード内容と合わせて管理表を作っておくべきです。

データを蓄積し、振り返ることで、負ける時のパターンや理由が明確となり勝率を上げるヒントを見つけられるかもしれません。

管理方法は次の2つをご紹介します。、

  • エクセルでの管理
  • アプリでの管理

管理しやすい方どちらでもかまいません。

エクセルでの管理方法

ネット上には、エクセルの資金管理表の雛形が無料あるいは有料で配布されています。

ミナト

しかし簡単な表であれば自分でも作れるので、かなり細かく管理する必要がなければ自作のものでも大丈夫です。

◎オリジナルで表を作る場合、以下の項目は最低限必要となります。

  • トレード日時
  • 取引額
  • 通貨ペア
  • High・Low
  • 順張り・逆張り
  • 結果(勝ち・負け)
  • トレンド(上・下)・レンジ
  • 分析に使用したインジケーター
  • エントリー根拠
  • エントリー時のチャートスクショ
  • 一言コメント(エントリーした時のメンタルや予想について)

最低限上記の項目は管理しておくことをおすすめします。

また作成していく中で追加しておきたい項目ができれば、都度、増やしていけばOKです。

アプリでの管理方法

資金管理アプリでの管理もおすすめです。
すでにフォーマットができあがっているので、エクセルが苦手、面倒という方はアプリをダウンロードしましょう。
ミナト

FXTradingManager」というアプリが、資金管理とトレード分析両方ができるのでおすすめです。

ダウンロードはこちら

トレード初心者

スマホで確認できるものなら、いつでもどこでも空いた時間に入力や振り返り分析ができますね。

まとめ

バイナリーオプションでは、資金管理について知らずにトレードをするのは絶対にNGであるとご理解いただけたでしょうか。

せっかく積み上げた利益を、コツコツドカンで0やマイナスにしてしまわないよう、しっかりと資金管理を行い着実に資金を増やしていきましょう。

トレードでは、相場分析やインジケーターの使い方、攻略法など勝つための勉強に心も時間も向いてしまいがちです。

しかし、大きく負けないことも勝つための重要な方法です。

本記事をご参考に、まずは資金管理をきっちりと行い、適切な投資額で大損する確率を減らして勝ちを積み上げていきましょう。

Noah's Arkシステム詳細