バイナリーオプションのパラボリックSAR完全攻略手法を解説!【決定版】

バイナリーオプションでトレンドの転換がうまくつかめないと悩んでいるならパラボリックSARを使ってみましょう!

トレンド転換を見極めやすくなりエントリーポイントを増やすことができます。

トレード初心者

パラボリックSARはあまりポピュラーではないですよね?

しかし、バイナリーオプション攻略に使えるインジケーターです。
ミナト

しっかりと使いこなせるようにしておきましょう。

本記事ではパラボリックSARについて徹底解説していきます。

  1. パラボリックSARとは何か?
  2. MT4設定方法
  3. パラボリックSARの基本的な使い方
  4. パラボリックSARでのバイナリーオプション完全攻略手法

読み終えた後には使いこなせるようになる「決定版」です。

最後まで読んで、パラボリックSARでバイナリーオプションを攻略しましょう!

ミナトLINEバナー

バイナリーオプションでのパラボリックSARの使い方

バイナリーオプションにおけるパラボリックSARの使い方を見ていきましょう。

まずは基本的な部分でについて解説していきます。

  1. パラボリックSARとは?
  2. MT4での設定方法
  3. パラボリックSARの基本的な使い方

パラボリックSARとは?

パラボリックSARは、トレンドの転換を見極めるのに使われるインジケーターです。

チャート上に「点」でトレンドを示します。

下の画像がパラボリックSARを表示したチャート画面です。

ローソク足の上下に「点」でトレンドを表示していきます。

  • パラボリックSARの「点」がローソク足の下に表示されている時→上昇トレンド
  • パラボリックSARの「点」がローソク足の上に表示されている時→下降トレンド
  • パラボリックSARの「点」の数が多いほどトレンドが強い

「点」の位置や数でトレンドの状況と転換を読み取ります。

トレード初心者

パラボリックSARを表示したチャートを見れば、今どのようなトレンドが発生しているのかが一目瞭然ですね。

ミナト

あまり有名なインジケーターではありませんが、MT4では標準搭載されています。

使いやすいインジケーターですので、ぜひトレードに取り入れていきましょう。

MT4での設定方法

パラボリックSARをMT4に設定する方法を解説していきます。

MT4に設定する方法より、「挿入」→「トレンド」→「インディケータ」→「Parabolic SAR」を選択

詳細設定はデフォルトのままでOK。

  • ステップ:0.02
  • 上限:0.2

パラボリックの基本的な使い方

それでは、パラボリックSARの基本的な使い方を見ていきましょう。

  • パラボリックSARがローソク足の下に表示されている時→上昇トレンド
  • パラボリックSARがローソク足の上に表示されている時→下降トレンド

トレンドが続いている時に、パラボリックSARの点がローソク足の逆側に表示され始めたところでトレンド転換を見極めていきます。

  • ローソク足の下に表示されていた「点」が上に表示された→下降トレンドに転換する可能性が高い
  • ローソク足の上に表示されていた「点」が下に表示された→上昇トレンドに転換する可能性が高い

このように予測し、エントリー判断をします。

1つ目の「点」が現れたからといって、すぐにトレンド転換と判断するのは危険です。

「点」が多いほどトレンド転換の信憑性が高まります。

3〜4つの「点」が現れるまでエントリーは控えましょう。


ただし、「点」が多ければ多いほど良いわけではありません。

多くの「点」を確認した頃には、トレンドが終わりに近づいている可能性もあります。

3〜4つをポイントを判断するよう覚えておいてください。

ミナト

パラボリックの使い方について少しでも疑問点があればお気軽にLINE@までご連絡ください!



パラボリックを使ったバイナリーオプション完全攻略手法

次に、パラボリックSARでバイナリーオプションを完全攻略する手法をご紹介していきます。

ご紹介する攻略方法は3つ

  1. パラボリック単体で逆張りエントリー
  2. 移動平均線を組み合わせた順張りエントリー
  3. RSIを組み合わせたエントリー

パラボリック単体で逆張りエントリー

パラボリックSARは、トレンド転換を見極めるのに使用するインジケーターです。

「ローソク足」と「点」の位置関係を使った逆張りエントリーが狙えます。

エントリーポイントは以下のとおりです。

  • パラボリックSARの「点」にローソク足が上からタッチ→LOWエントリー
  • パラボリックSARの「点」にローソク足が下からタッチ→HIGHエントリー

下の画像は、LOWエントリーのポイントです。


パラボリックSARの「点」に、ローソク足の陰線がタッチしたところでLOWエントリーをしました。

トレード初心者

その後、トレンドが「上昇→下降」に転じていますね。

このように、「ローソク足」と「点」からトレンド転換を見極めて逆張りエントリーを狙います。

しかし、トレンドが変わらないということも少なくありません。

どうしても逆張りで狙いたいのであれば他のインジケーターとの併用をしましょう。

売られすぎor買われすぎ(相場の過熱感)を示すインジケーターであるRSIストキャスティクスの併用をお勧めします

トレード初心者

エントリーの根拠を強めることができるのでおすすめなんですね。

移動平均線を組み合わせた順張りエントリー

パラボリックSARと移動平均線を組み合わせた順張りエントリーを解説していきます。

移動平均線は相場の方向性を示すインジケーターです。

移動平均線単体でのトレンドの判断基準

  • ローソク足が移動平均線より上・移動平均線が右肩上がり→上昇トレンド
  • ローソク足が移動平均線より下・移動平均線が右肩下がり→下降トレンド
  • 短期線が中期・長期線を下から上に突き抜ける→上昇トレンド発生:ゴールデンクロス
  • 短期戦が中期・長期線を上から下に突き抜ける→下降トレンド発生:デッドクロス

パラボリックSARはトレンドの転換を見極めることができます。

  • ローソク足の下に表示されていた「点」が上に表示された→下降トレンドに転換する可能性が高い
  • ローソク足の上に表示されていた「点」が下に表示された→上昇トレンドに転換する可能性が高い

この2つのインジケーターの特徴を合わせてトレンドを分析することで順張りエントリーの根拠が強まります。

バイナリーオプションの攻略ができますね。

◎エントリーの手順

  1. ゴールデンクロスまたはデッドクロスを確認
  2. パラボリックSARの点がクロス後3つ以上連続していることを確認
  3. 順張りエントリー

下の画像は、デッドクロス形成後のエントリーポイントです。

デッドクロス形成後、パラボリックSARの「点」を3つ確認したところでLOWエントリーです。

パラボリックSARに移動平均線を合わせて使うことにより、よりトレンドを見極めやすく、エントリーの信憑性が高まります。

とてもシンプルな併用方法なのでぜひ試してみてください。

移動平均線はこちらで詳しく解説しています。

バイナリーオプションを移動平均線のみで安定的に勝つ初心者必見のおすすめ投資手法を紹介!

RSIを組み合わせたエントリー

RSIを組み合わせたエントリー方法をご紹介していきます。

RSIとパラボリックSARの併用は効果的です。

RSIは、相場の過熱感を示すインジケーターです。

「売られすぎor買われすぎ」をRSI値で示します。

  • RSI30:売られすぎと判断
  • RSI70:買われすぎと判断

この特徴を生かすことで反転を狙った逆張りエントリーポイントを見つけやすくなります。

ミナト

こんな風に判断しましょう。

  • RSI30:売られすぎ→買いに反転する可能性が高い
  • RSI70:買われすぎ→売りに反転する可能性が高い

ここに、パラボリックSARでの逆張りエントリーポイントを合わせて、よりエントリーの根拠を強めていきます。

  • パラボリックSARの「点」にローソク足が上からタッチ→LOWエントリー
  • パラボリックSARの「点」にローソク足が下からタッチ→HIGHエントリー

◎エントリーの手順

  1. パラボリックSARの「点」とローソク足がタッチしたのを確認
  2. RSIで「買われすぎ」または「売られすぎ」を確認
  3. 逆張りエントリー

下の画像は、LOWで逆張りエントリーした時のポイントです。

  • パラボリックSARの「点」にローソク足が上からタッチ→LOWエントリーの準備
  • RSI値が70を超えて「買われすぎ」を示している→LOWエントリー実行

この2点を確認し、逆張りエントリーして成功しました。

もし、パラボリックSARの「点」とローソク足がタッチした時に、RSIで「買われすぎ」あるいは「売られすぎ」を示していなければエントリーは見送りましょう。

結果として逆張りしていたら成功していたという場合もあるかもしれません。

しかし、より確実に勝ちにいくなら、ここは「エントリーしない」という選択が正解です。

RSIを併用すればパラボリックSARの逆張りポイントが見極めやすくなります。

見方もシンプルで使いやすいので、逆張りを狙って攻略していきたい人は試してみましょう。

RSIはこちらで詳しく解説しています。

バイナリーオプションをRSI指標で勝利するまでの全ての手順を解説!【初心者向け】

ミナト

インジケーターの併用について疑問点があればお気軽にLINE@までご質問ください!


湊斗公式ライン登録

パラボリックで負けてしまうパターン

パラボリックSARで負けてしまうパターンを頭に入れておきましょう。

いわゆる「ダマシ」に引っかかることで、負けてしまいます。

下の画像のように、2、3個の「点」でパラボリックSARが上下する場面は少なくありません。

先ほど、パラボリックSARの「点」を3〜4つ確認したら順張りエントリーが基本的な使い方であると説明しました。

しかし、上の画像の相場で3つ目の「点」を確認してHIGHエントリーしていたら、失敗してしまいます。

だからといって、7〜10の「点」を待っていると、いつまでもトレンド相場に乗り切れずエントリーチャンスが減ってしまいます。

ダマシを回避してトレードするには、移動平均線の「パーフェクトオーダー」が効果的です。
トレード初心者

パーフェクトオーダーは、短期・中期・長期の3本の移動平均線が並列している状態のことですね。

強いトレンドが発生している時に見られます。

上の画像では、強い下向きのパーフェクトオーダーが形成されています。

途中、パラボリックSARの「点」がローソク足の下に現れますが、下降トレンド発生中と判断しエントリーを見送ることができます。

移動平均線でトレンドの向きと強さを確認すれば、ダマシを回避し勝率を上げていくことが可能です。

とはいえ覚えて置かなければいけないことは、勝率100%のエントリーポイントは無いということです。

常にどのようなエントリーでもダマシにあう確率があります。

だからこそ大事なのは、各エントリーポイントの勝率が損益分岐点を越えているかどうか?です。
トレード初心者

このタイミングで勝負し続けていれば収支はプラスになっていく!

と自信を持てるエントリーポイントであれば問題はありません。

しかし

トレード初心者

常にエントリーに確信が持てずメンタルがぶれている

という場合は、サインツールを使ってください。

初心者でエントリーに不安があるならサインツールを使うのがおすすめ

僕がおすすめするシステムには、エントリーポイントの勝率算出という機能が備わっています。
勝率算出機能

エントリーポイントの勝率が事前にわかっていれば

  • エントリー時の不安
  • 勝敗による一喜一憂

は起こりづらくなります。

投資はメンタルが9割と言われている世界なので、メンタルがぶれづらいことの価値がどれだけ大きいかは想像しやすいでしょう。

さらにこのシステムにはその他14のロジックが搭載されており、すべての機能を駆使すればシステムが勝手に勝てるポイントでシグナルを出してくれます。

つまりあなたがやることは何も考えず「シグナル点灯でエントリー」するだけです。

まだ初心者で勝てていないという場合は必ず手に入れることをおすすめします。

ただし配布数量に限りがあるため、気になる場合は早めに詳細をこちらから確認してみてください。

ワイルドカードシステムバナー

まとめ

パラボリックSARはあまりポピュラーではありません。

しかし、トレンドの転換を見極めるのに効果的なインジケーターです。

サインが「点」で表示されるので、移動平均線と合わせてもチャートがごちゃごちゃせず、見やすいのもポイントです。

  • 順張り・逆張り両方に使える
  • 使い方がシンプル
  • MT4での設定が簡単
ミナト

使い勝手が良く、ほかのインジケーターと併用すればトレードで勝利する確度が上がります。

ぜひパラボリックSARを使いこなして、バイナリーオプションを攻略してください!