バイナリーオプションのナンピンは素人が手を出すと危険!知っておくべき3つの注意点

「バイナリーオプションのナンピンは初心者が手を出すべきでない」

と聞いたことはありませんか?

なぜこのように言われるようになったのでしょうか?

この記事では

  • ナンピンの定義
  • ナンピンを実施する際の注意点
  • メリット・デメリット

    についてわかりやすく解説します。

    当記事で正しくナンピンを理解して使いこなせるようになりましょう。

    バイナリーオプションのナンピンはなぜ危険なのか?


    ナンピンはやみくもに使用すると、手元の資金を全て溶かしてしまう可能性があります。

    ミナト

    とても危険な手法です。

    一方で効果的に使えば、損失を抑えられるリスクヘッジ手法として有効となります。

    ナンピンについてまず次の3つに分けて詳しく解説します。

    • そもそもナンピンとは
    • FXとバイナリーオプションでのナンピンの違いとは
    • ナンピンで全資金が溶けてしまう最悪のパターン

    そもそもナンピンとは

    ナンピン」とは、簡単に言うと「買い増し」です。

    具体的には「負けたエントリーと同じ方向にもう一度エントリー」すること

    漢字で書くと「難平」です。

    つまり難を平らにするという意味になります。

    リスクヘッジに有効な投資手法です。

    具体的に説明しましょう。

    チャートを見ている時、「ここが底値だ!」として購入をしたとします。

    トレード初心者

    しかし、予想に反してチャートが底値を越えてしまった・・!

    ミナト

    その時点で更に買い増しをすることで、損失を取り返そうとする行為を言います。

    FXとバイナリーオプションでのナンピンの違いとは

    FXとバイナリーオプションでのナンピンを比較した場合、バイナリーの場合は「損失額の上限をはじめから把握できる」という点が違います。

    トレード初心者

    損失額の上限をはじめから把握できる・・?

    FXの場合

    FXでは値幅も利益や損失に影響します。

    そのため、一度小さな値幅で負けても、二度目に大きな値幅で勝てば収支はプラスに転じますね。

    逆に、一度大きな値幅で負けると、二度目で勝ったとしても取り返すのが難しいです。

    バイナリーオプションの場合

    FXでは値幅も利益や損失に影響します。

    チャートの大暴落などの影響を受けても、損失はエントリーした資金以上にはなりません。

    ミナト

    バイナリーオプションでは、値幅は関係がないのでエントリーした資金以上の損失はありません。

    よって、バイナリーオプションでの値幅は損益に影響を与えないという点が、FXとバイナリーの違いなのです。

    ナンピンで全資金が溶けてしまう最悪のパターンを解説

    ミナト

    ナンピンで全資金を溶かすという最悪のパターンを手順で解説します。

    1. チャートが反発すると思って購入したら、予想が外れる
    2. 掛け金を上乗せして損失を取り戻そうとするが、結局負ける
    3. 2を繰り返して損失が拡大する。
    4. イライラが募ってエントリーの頻度があがる
    5. 負け続けて資金が全てなくなる

    トレード初心者トレード初心者

    これが資金が全てなくなる手順ですね・・。


    つまり、ナンピンはかなりメンタル面に影響されてしまう投資手法であるということです。

    ミナトLINEバナー

    バイナリーオプションのナンピンで損失を防ぐ3つの注意点

    バイナリーオプションの取引において、ナンピンで損失を防ぐためにはどのような点に気を付けたらよいのでしょうか。

    具体的な注意点を3つお伝えします。

    ナンピンを成功させるためにも、しっかりと頭に入れておきましょう。

    取引回数を少なくする

    取引回数を少なくしましょう。
    ナンピンを仕掛けて更に負けてしまうと、感情に任せてしまい取引回数が自然と増えてしまうパターンがあります。

    回避するためには、「取引回数の上限を決める」というルールを定めましょう
    ミナト

    損失の上限を決めることができます。

    いくらまで損失したらやめるというラインを引く

    ナンピンをする上限を決めておきましょう。
    取引回数が少なくても、一回の損失額が大きかった場合、負債は膨らみます。

    ミナト

    「金額」という数値化できる指標を持つことで、負債を最小限に留められます。

    トレンド相場だからといって安易にエントリーしない

    順張りを得意としている人は、強いトレンドが発生するとつい頻繁にエントリーしがちになります。
    安易なエントリーはやめましょう。
    しかし、全体が右肩上がりだとしても、一時的な没落と取引のタイミングが一致して、負けることもあります。

    ミナト

    思い込み、安易なエントリーは絶対にやめましょう。

    バイナリーオプションにおけるナンピンのメリット・デメリット

    ナンピンで損失を防ぐ方法が分かりましたか?

    では、次にバイナリーオプションにおけるナンピンのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

    ナンピンのメリットとデメリットを理解した上で、バイナリーオプションの取引で活用してくださいね!

    メリット

    ナンピンのメリットは、正しく用いれば「損失を抑え利益を大きくする」ことができます。

    根拠の強いエントリーで損失を抑えて利益を増やす!

    一度目のエントリーで失敗したとしても諦めないでください。

    ミナト

    根拠が強い場合は二度目・三度目のエントリーで高確率で勝利し、収支をプラスにすることができるからです。

    デメリット

    ナンピンのデメリットは、メンタル面に影響が出やすい投資手法なので「全資金を溶かす危険がある」という点です。

    メンタルに影響しやすい手法のため、ルールを決めて利用しよう

    元々負けを取り消すのがナンピンの目的です。

    しかし、負けている状況でメンタル面が不安定になると、無計画にエントリーをしがちになります。

    トレード初心者

    そうなると、負けて資金を溶かす恐れが・・!

    ミナト

    普段は冷静さを保てる人にとっても、疲れや大損などによって動揺することは、大いにあり得ますので注意しましょう。

    ナンピンを成功させるコツを抑えて、上限金額やエントリー回数などのルールを定めましょう。

    まとめ:バイナリーのナンピンは細心の注意を払う必要あり

    バイナリーオプションにおけるナンピンには損失を取り返す目的があることが分かりました。

    分析をしたうえで冷静にナンピンを用いれば、損益を取り消し利益を生むことができます。

    一方で、感情的にやみくもに投資すれば大損に繋がるリスクもあります。

    ミナト

    ナンピンを使用する際はメンタル面にも留意して下さい。

    ナンピンはメンタル管理さえ徹底できれば効果的ですが、それが簡単にできれば苦労はありません。

    もしメンタル管理がどうしても難しいならば、メンタルがぶれる原因であるチャートを見るという行為を一切せず、トレードできる状態を作る必要があります。

    そこでおすすめなのがシステムトレードです。
    トレード初心者

    システムにまかせて勝てれば苦労はないよ!

    と言いたい気持ちもわかりますが、システムトレードにも難しさはあります。

    それは何かというと勝率の高いシステムを探すことです。

    多くのバイナリーオプションのプロは日々様々なシステムを、有料無料問わず導入してバックテストやフォワードテストをしています。

    例外なく僕もその一人でしたが、世界中のシステムを使い続けるにあたり

    • 謳い文句が全部ウソで全然勝てないシステムだった
    • 最初は勝てたがだんだん勝てなくなっていった
    • システムを探すのに膨大な時間がかかった

    というデメリットがあったので、自分でシステムを作成してしまいました。

    自作システムのメリットによって、上記のデメリットを全て排除できたので満足しています。

    それから試しに他の人にも僕の作成したシステムを使っていただいたところ

    • 勝率85.7%
    • 使用者の平均月収137万円

    初心者も含めての数字なのでかなり信憑性は高い内容となります。

    ぜひあなたにも使っていただきたいと自信を持って言えるシステムなのですが、最初に使い方をサポートする必要があるので数量限定での配布となっています。

    いますぐご確認ください。

    ワイルドカードシステムバナー