こんにちは。最短最速で億り人になるための講座へようこそ。

といきなり言われてもはっきり言って怪しさ満点だと思います。

「年利500%?そんな利回りできたら苦労はないよ笑」

と鼻で笑われる可能性が高いわけなのですが

「笑う奴がいるからこそ稼げる、今しかできない仮想通貨運用」について解説します。

投資の世界では「靴磨きが株を買ったらすぐに売れ」という格言があります。

意味としては、一般に情報が出回ってしまった投資情報に価値がないという意味です。

例えば「年利500%」というのも、あり得ない数字だからこそ、誰もが手を出していない。

しかし今「DeFi」に手を出している投資家からすれば「あり得る利回り」だとわかるはずです。

例えば2021年で頭角を現した仮想通貨は利回り何%になったかを見てみましょう。

 

いかがでしょうか?圧倒的なキャピタルゲインを生んでいます。

もしこのDeFiの凄まじい運用益が世間に知れ渡ってしまった場合

少しずつDeFiのチャンスは小さくなっていくことでしょう。

だからこそ2021年がチャンスです、というより今しかチャンスがありません!

もちろん年利500%なんて利回りですから、リスクがないわけではありません。

しかし、2021年のDeFiは明らかにあり得ない利率で参加者が稼ぎまくっているのが事実なんです。

そしてDeFiは別に怪しいものではありませんので、調べて確認してみることをおすすめします。

しかし、今までなぜDeFiが稼げる市場なのにも関わらず、手を出す人が少なかったのでしょうか?

その理由はとても簡単で「日本語訳をしてくれるトークンのサイトが少なかった」というのが大きいです。

さらに多少の専門知識が必要だったということもあり、敷居が高かったのです。

しかし今年になってきてDeFiは日本人にも手に取りやすくサービスを展開するトークンが増えましたので

今年に入ってどんどん日本人の億り人が増え続けている、ということなのです。

しかし上記でも言いましたね。「靴磨きが株を買ったらすぐに売れ」という言葉。

つまりDeFiが盛り上がるとすれば早くて今年いっぱい。

遅くて2~3年のバブルでしかありません。

だからこそ、今しかチャンスがないことを伝えたいのです。

一生の後悔にならないよう、今このチャンスを絶対に掴んでくださいね。

ということで、第1回を終わります。

次回の第2回では「DeFi運用の始め方」について解説していきます。

お楽しみに!

次回以降は以下のLINEにて配信されます。

3ヶ月で億り人を目指す手順LINE無料講座|登録はこちらをクリック