仮想通貨はここ数年でかなりの発展を遂げました。

2021年には仮想通貨の王様「ビットコイン(BTC)」の価格は年初来の価格より最大2倍近くにまで上昇してます。

ビットコインの価格上昇につられるかのように他の銘柄の価格も上昇を遂げました。

特に近年は仮想通貨のなかでも「取引所トークン」の価格上昇が顕著です。

例えば、海外大手取引所のバイナンス(Bainance)が発行するバイナンスコイン(BNB)は、最高で6,000倍以上の価格上昇を見せています。

以上のように取引所トークンは価格が上昇しやすい仮想通貨としても知られています。

ミナト

発行されたばかりの段階で購入しておくと高騰が狙えるでしょう。

そこで、今回の記事では新しく設立される仮想通貨取引所「ボナンザ(Bonanza)」が発行する「アクセラレータ(ACL)」について以下のポイントを中心に紹介します。

  • アクセラレータ(ACL)を保有するメリットは〇〇であること
  • アクセラレータ(ACL)のプレセール日程について
  • アクセラレータ(ACL)の購入方法

アクセラレータ(ACL)の将来性についても記載していますので、ぜひ参考にしたうえで投資してみてください。

アクセラレータ(ACL)の基本解説と特徴

まずはアクセラレータ(ACL)の基本情報から解説します。

アクセラレータを発行する取引所「ボナンザ(Bonanza)」についても解説しますので、興味を持った方はボナンザの利用も検討してみてください。

アクセラレータ(ACL)について

アクセラレータはボナンザという取引所が発行する仮想通貨です。

ボナンザのプロジェクトは2020年9月より着手していて、2021年よりICOとしてアクセラレータが発行されるようになりました。

アクセラレータは2022年3月時点でICOの第4フェーズにまで移行していて、すでに3回のICOを済ませています。

ミナト

新しいICOのフェーズが開始するたびにアクセラレータの販売価格が上昇するものの、まだまだ上場価格よりも割安で販売されています。

興味がある方はこの機会にプレセールに参加するのがおすすめです。

アクセラレータ(ACL)の特徴

アクセラレータの特徴として発行枚数が100億枚に限定されています。

決して追加発行されることがありません。

100億枚から発行枚数が増減することがないため、アクセラレータ本来が持つ価値がぶれにくいのが特徴的です。

発行される100億枚の内訳は以下の通りになっています。

参加者 発行割当
創設チーム 40%
IEO 40%
ICO 10%
エンジェル投資家 10%

また、アクセラレータの購入によって集まった資金の使用用途も以下のように発表されています。

使用用途 割合
ボナンザのマーケティングやブランディング 35%
プラットフォームの構築やアップグレード 25%
ボナンザのインフラ整備やプロジェクトの推進 20%
ボナンザのユーザー数の増加促進 5%
その他予備費用 15%

以上のように明確な発行内訳や資金の使用用途を発表していることから、信頼性が高いプロジェクトともとらえられます。

ボナンザ(Bonanza)について

ボナンザはアクセラレータを発行している仮想通貨取引所です。

ボナンザは従来の仮想通貨取引所が抱える問題点を解決するために考案されました。

従来の仮想通貨取引所が抱えていた問題点は以下の通りです。

  • ハッキング対策
  • ユーザーの確保
  • 運営コストの捻出

以上の問題の解決に努めている仮想通貨取引所がボナンザです。

ボナンザではコストとスケーラビリティの問題に対応したサーバレスな構造を採用しています。

これにより既存の取引所が抱えていた運用コストの高騰を抑えて、低コストで取引所を運用できるようにしています。

トレード初心者トレード初心者

以上のようにシンプルな構造にすると取引所のセキュリティ問題が心配されますね。

ボナンザでは「Google Authenticator」や「Authy」などの認証ツールを利用した二段階認証を搭載

さらに、セキュリティルームを設置していますので、従来の仮想通貨取引所より強固なセキュリティを提供可能です。

また、世界的な取引所として活躍するために多言語での対応も予定しています。

ボナンザで実装予定の言語は以下の通りです。

  • 英語
  • 中国語
  • スペイン語
  • 日本語
  • 韓国語

実装当初は英語と中国語のみの対応になりますが、次第に他の言語にも対応予定です。

世界的にも利用されている言語に対応することから、のちにグローバルな取引所になることが予想されます。

ボナンザのリリース開始予定は2022年3月21日です。

プラットフォームはリリース開始されるまで閲覧できません。

しかし、以上の情報を踏まえると、かなりの規模を持つ仮想通貨取引所に可能性を秘めています。

興味ある方はリリースまで逐一情報をチェックすることをおすすめします。

アクセラレータ(ACL)を購入するメリット

アクセラレータを購入するメリットは以下の通りです。

  • ボナンザのサービスを利用しやすくなる
  • ステーキングを利用できる

アクセラレータはボナンザの取引所トークンですので、将来的に予定しているボナンザのサービスを利用しやすくなる可能性があります。

特にボナンザではほとんどのサービスがビットコイン(BTC)とアクセラレータで展開されていくそうですので、ボナンザの利用は欠かせません。

また、アクセラレータはイーサリアム上に記録されるERC-20のトークンです。

ERC-20のトークンはステーキングに対応していますので、アクセラレータでもステーキングを利用できます。

2022年3月時点に発表されているアクセラレータのステーキング報酬は年利3.0%程度です。

ステーキングができる通貨は近年のトレンドでもあるため、ERC-20の通貨としても評価される可能性があります。

仮想通貨プレセール情報LINE

アクセラレータ(ACL)のプレセール日程

アクセラレータ(ACL)のプレセールは今まで3回おこなわれてきました。

2022年3月時点におこなわれているプレセールは4回目にあたります。

4回目にあたるプレセールは以下の日程と販売価格でおこなわれる予定です。

プレセール日程 2021年10月1日10:00〜2022年3月19日10:00まで
販売価格 0.025ドル
交換通貨
  • テザー(USDT)
  • イーサリアム(ETH)
  • バイナンスコイン(BNB)

アクセラレータが予定しているプレセールは上記の4回目までで、以降はボナンザ(Bonanza)にてIEOという形で公開されます。

ボナンザでのアクセラレータのIEO公開価格は0.03ドルが予定されています。

ミナト

そのため、プレセール価格の0.25ドルで購入した方がお得に購入可能です。

ボナンザやアクセラレータの将来性に魅力を感じた方であれば、プレセール段階で購入しおきましょう。

仮想通貨プレセール情報LINE

アクセラレータ(ACL)のロードマップ

アクセラレータ(ACL)の今後のロードマップは以下の通りです。

2022年第1期
  • カストディアンサービス
  • レンディングサービス
  • NFTサービス
2022年第2期 ウォレットアプリのリリース
2022年第3期
  • ニュースやメディアとの連携
  • 銀行との連携
  • デビットカードとの連携
2022年第4期
  • オリジナルトークンの発行

アクセラレータは、今後かなりのイベントを控えています。

特にNFTサービスはすでに仕組みの構築が進んでいるようです。

将来的にはメタバースプロジェクトへの参画も視野に入っていると推測されます。

近年の仮想通貨業界ではメタバースプロジェクトの銘柄は注目される傾向にありますので、アクセラレータも例外なく注目されるでしょう。

また、アクセラレータでは仮想通貨業界では珍しい「カストディアンサービス」も提供する予定です。

アクセラレータにおけるカストディアンサービスとは、所有者の代わりに運営が暗号資産を管理するサービスを意味します。

上下動に応じて適切な注文をしますので、安定した収益が確保できるようになるでしょう。

さらに、カストディ相続というサービスを利用すれば、仮想通貨所有者の死亡やパスワード紛失などの予期せぬ事態へのリスクヘッジとして、所有権や遺産の譲渡先も指定できます。

資産自体のリスクヘッジの一環としてアクセラレータを保有しておくのもよいでしょう。

仮想通貨プレセール情報LINE

アクセラレータ(ACL)の購入・受取方法

アクセラレータ(ACL)を購入するためには、以下3種類の仮想通貨を利用する必要があります。

  • ERC20 ETH
  • ERC20 USDT
  • BSC BNB

いずれの仮想通貨とブロックチェーンを利用して購入するとしても、最低購入金額は1,000ドルからです。

販売価格は0.25ドルですので、アクセラレータを最低金額で購入すると4,000枚入手できます。

購入上限は特に設けられていませんので、値上がりする前のプレセール価格で購入しておくのがおすすめです。

購入時にはステーキングによる1年間のロックアップ期間を設定するか、ステーキングしないかを選択できます。

アクセラレータは取引所トークンですので、ボナンザ(Bonanza)の機能が実装していくたびに価値があがっていく仮想通貨です。

そのため、価値があがるのには時間がかかる可能性もあります。

ステーキングによるロックアップ期間を設定して、価値があがるまで気長に待つのも1つの手段でしょう。

アクセラレータを受け取るにはボナンザのウォレットが必要です。

ボナンザのリリースに合わせて、リリース翌日の22日には着金が確認できます。

仮想通貨プレセール情報LINE

アクセラレータ( ACL)の将来性について

アクセラレータ(ACL)は取引所トークンです。

アクセラレータを発行しているボナンザ(Bonanza)の価値があがれば、アクセラレータの価値も上昇していくでしょう。

ボナンザが今後価値をあげていくためには、さまざまな機能を実装していく必要があります。

ロードマップによると今後のボナンザプロジェクトではさまざまなイベントが控えています。

例えば、2022年3月現在ボナンザで利用できる予定の仮想通貨は、ビットコイン(BTC)やアクセラレータなどを含めて5種類のみです。

ミナト

しかし、2023年中には15〜20種類まで対応通貨を増やす予定です。

そのため、リリース当初より投資の幅が広がり、ボナンザの評価があがっていくことが予想されます。

ボナンザの評価があがれば、おのずとアクセラレータの価値もあがっていくはずです。

さらに、NFT分野のプロジェクトも進行中ですので、仮想通貨としてのポテンシャルはかなり高いことが予想されます。

プレセール価格で購入できるうちに少額でも仕込んでおくと、将来の高騰が狙えるかもしれません。

仮想通貨プレセール情報LINE