バイナリーオプションの海外業者おすすめTOP5
2021年最新のバイナリーオプション海外業者おすすめランキングTOP5をご紹介します!
★2021年からバイナリーオプションを始めたい
★最新のバイナリーオプション業者の情報を知りたい
という方に向けて、最新の情報をもとに2021年海外バイナリーオプション業者ランキングを作成しました。
海外バイナリーオプションを始めるなら業者のチェックは不可欠です!
◎何故ならバイナリーオプション業者選びで勝ち負けが決まると言っても過言ではないからです!

その他

  • 海外バイナリーオプション業者の注意点
  • 国内業者との違い
  • 税金

まで情報盛り沢山の内容となっています。

口座選びに迷っている場合はぜひ当記事を参考にしてみてください。

バイナリーオプション海外口座おすすめランキングTOP5!!

バイナリーオプション海外口座おすすめランキングは次の5社です!

1位:ハイローオーストラリア(highlow.com)
2位:ザ・オプション(The Option)
3位:ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)
4位:ゼン・トレーダー(Zentrader.com)
5位:ザ・バイナリー(THE BINARY)

それぞれの魅力や欠点について詳しくご説明します。

1位:ハイローオーストラリア【ダントツでおすすめ】


おすすめランキング1位は、大人気バイナリーオプション業者ハイローオーストラリアです!

ミナト

はっきり言うとよっぽどの事情がない限り、

ハイローオーストラリア以外選ぶ意味はない!

というほど優秀な業者です!

★ハイローオーストラリアは、株式会社 HLMI Ltdによりマーシャル諸島共和国で法人営業している海外バイナリーオプション業者です。

海外バイナリーオプションと言えば、ハイローオーストラリアといっても過言ではありません。

登録者数30万人以上!バイナリーオプションの初心者からプロまで多くのトレーダーに支持されています。

バイナリーオプションのブログやYoutubeの9割がハイローオーストラリアを対象としていることからも人気の高さが伺えます。

ハイローオーストラリアの魅力

ハイローオーストラリアは

  • 運営歴が長く信頼感が高い
  • マーシャル諸島共和国事業会社法のライセンスを取得している
  • 賠償責任保険に加入している
  • 顧客の資金を分離管理している
  • 登録不要のクイックデモで練習できる
  • 入出金が迅速
  • ペイアウト率が高い(最大2.3倍)
  • 安心の日本語サポート
  • 口座開設キャッシュバック(ボーナス)5000円で取引できる
  • 沢山取引するほどお得なロイヤリティポイントプログラムがある

などなどの魅力があります。

ハイローオーストラリアは、2019年6月に「Highlow Markets Pty. Ltd.」から「HLMI Ltd.」へと運営会社が変更となりました。

そのため、顧客の口座はhighlow.comへと移動しています。

トレード初心者

当時は、不安になったユーザーの間で「ハイローオーストラリアが撤退するのでは⁈」と噂されましたが、以前の体制を引継ぎ問題なく運営されています

★ハイローオーストラリアはマーシャル諸島共和国事業会社法のライセンスを取得し、2019年4月29日にはロイズ保険(賠償責任保険)にしています

顧客の資金は事業用の口座と分別されている(分別管理という)ので、経営状況が悪化した場合でも顧客の資金が使われることはありません。
顧客の資金を守る体制が取られていることは、安心感があり好感度が高いです。
トレード初心者

海外バイナリーオプション業者を利用する上で一番の不安要素は、預けているお金がきちんと出金できるかどうかです。

◎ハイローオーストラリアは、口座凍結などの特別な事例を除いて出金拒否はまず起こりません。
しかも、入出金共に迅速です。

入金は、平日午前中に入金したら、その日の14時頃には反映されることが多く、遅くても夕方ぐらいには反映されます。

出金は、平日午前中に出金依頼を済ませる翌日には銀行に振り込まれています。

お金のやり取りがスムーズな事が大きな信頼となっているのでしょう。

トップクラスのペイアウト率

ハイローオーストラリアのペイアウト率は全体的に高く設定されています。


取引の種類別ペイアウト率

Higlow…1.85~1.95倍

Hihlowスプレッド…2.00倍

turbo…1.85~1.95倍

turboスプレッド…2.00~2.30倍


★高いペイアウト率が、稼ぎやすいと評判です。

口座開設キャッシュバック

◆海外バイナリーオプションで口座開設する魅力の一つが、口座開設キャッシュバック(ボーナス)です。
◎ハイローオーストラリアも口座開設時に5000円キャッシュバックを行っています。

海外バイナリーオプション業者によっては、ボーナスの取得に複雑な条件があります。

◎キャッシュバック(ボーナス)で得たお金が引き出せないというトラブルもありますが、ハイローオーストラリアはキャッシュバックで得た利益はちゃんと出金できます。

安心の日本語サポート

海外業者なので、日本語で対応しているサポートがあると安心です。

分からない事やトラブル等があると、日本人スタッフが丁寧に対応してくれます。

欠点

  • 面チャートだけで分析できない
  • 引き分け(ドロー判定)は負けとなる
ハイローオーストラリアの面チャートは直感的に使いやすく、好評ではありますが、細かい分析には適していません。

★その為、ハイローオーストラリアを利用する多くのトレーダーは、別画面でMT4を準備して相場分析をしながらバイナリーオプションのトレードを行っています。

画面を切り替える必要があったり、取引環境によっては不都合な場合があるかもしれません。

また、MT4は自社のチャートではないため、多少のレートのズレが発生してしまいます。

ハイローオーストラリアのチャートとずれが少ないのはXM社のMT4

特にこだわりがなければXMのMT4をダウンロードして使用してみてください。

また、ハイローオーストラリアは“引き分け”は負けとなります。
トレード初心者

レートがあまり動かない時間の取引では、引き分け判定となる可能性が高いです。

なるべく引き分け判定にならない長めの判定時刻を使うのがおすすめです。

2位:ザ・オプション(The Option)

参照:ザオプション公式サイト

おすすめランキング2位はザオプションです!

★ザ・オプションは、マーシャル諸島に本社があるTCG holdings Ltd.が運営しています。

トレード初心者

ハイローオーストラリアに続く2番手バイナリーオプション業者のイメージが強いですね。

しかし、サービス内容・信頼度共に1位に劣らない魅力があります。

ザ・オプションのここが魅力

ザ・オプションは

  • 金融ライセンス有
  • 多数の入出金報告
  • ペイアウト率が高い(最大2倍)
  • 自社の高機能チャートが使える
  • 約定スピードが高い
  • 登録不要のフリーデモで練習できる
  • お得なキャンペーンやイベントが多い

といった点が魅力です。

◎ザ・オプションの出金は、申請後早くて2~3日で口座に振り込まれます。

ハイローオーストラリアと比べると遅いですが、海外バイナリーオプション業者の中では早い方です。

ペイアウト率が高い

ザ・オプションのペイアウト率は次のように設定されています。


取引の種類別ペイアウト率

High/Low…1.77~1.85倍

スプレッドHigh/Low…2.00倍

短期…1.77~1.96倍

スプレッド短期…2.00倍


全体的には高いペイアウト率となっていますが、最低ペイアウト率は低くなっています。

自社の高機能チャートが使える

ハイローオーストラリアにはない、ザオプションの最大の魅力はこの高機能チャートです。

◎ザオプション高機能チャート

  • Windows専用のデスクトップアプリで無料で提供されています。
  • 最大4分割できるチャート画面では、複数の銘柄を同時に取引できます。
  • MT4と同じようにさまざまなテクニカル指標を使用できますので、細かい分析が可能です。
ミナト

また、自社のチャートなのでレートにズレがありません。

約定力に定評があることは、トレーダーにとって大きなメリットです。

お得なキャンペーンやイベントが多い

ザオプションは海外バイナリーオプション業者の中で、最もキャンペーンが豊富に開催されています。

突発的に開催されるハッピーアワー、キャッシュバックキャンペーンには要チェックです!

欠点

  • 信託保全ではない
  • 出金の手数料が高い
◆ザオプションの出金手数料はやや高めです。

銀行振込…一律2000円

bitwallet&ビットコイン…出金額の4%

★取引額によってランクがあり、ランクが高いユーザーは出金手数料が優遇されるポイントシステムを採用しています。

バイナリーオプション初心者や少額で取引している人、頻繁に出金する人にとっては大きなデメリットです。

3位:ファイブスターズマーケッツ FIVE STARS MARKETS

出典:ファイブスターズマーケッツ公式

おすすめランキング3位は、ファイブスターズマーケッツです!

★ファイブスターズマーケッツはバヌアツ共和国に本社があるFull Rich Limitedが運営しています。

2018年1月にサービス名を FIVE STARS OPTION から FIVE STARS MARKETS に変更となりました。

★1993年創業、2014年よりバイナリーオプションサービスの提供をしています。

ファイブスターズマーケッツのここが魅力

  • 運営歴が長い
  • 業界最速の出金
  • 分析機能付きチャートが使える
  • 引き分けは払い戻し
  • 土日に取引ができる

◎運営歴(5年以上)が長く、海外バイナリーオプション業者の中では老舗となっています。

取引の種類はHigh/Low(ハイロー)とWowFX取引の2つあります。

★バイナリーオプションは、High/Low(ハイロー)となります。

満期型のFX取引もやってみたい方は、WowFX取引もおすすめです。

◎ファイブスターズマーケットは、出金に関して業界最速を誇っています。
ミナト

なんと、出金申請をした当日出金可能となっています。

★移動平均線・ボリンジャーバンド・MACDなどを表示できます

◎ファイブスターズマーケットでの引き分けは、払い戻しとなり、ハイローオーストラリアやザ・オプションにはない利点です。
また、「土日も取引したい」という方は、ファイブスターズマーケットなら仮想通貨(Bitcoin・Ethereum・Ripple・Litecoin)のHigh/Low取引で、土日の取引も行うことができます。

欠点

  • 口座開設ボーナスがない
  • ペイアウト率が変動制
  • 出金手数料が高い
トレード初心者トレード初心者

口座開設ボーナスがないのは残念なデメリットです。

ペイアウト率は、変動制でタイミングによっては低いペイアウト率となってしまう場合があります。

ファイブスターズマーケットの出金手数料は、一回につき1000円です。

bitwalletから日本の口座に移す場合は、手数料824円かかります。

トレード初心者

出金手数料がないハイローオーストラリアと比べると、コストがかかってしまいます。

4位:ゼン・トレーダーZentrader.com

出典:ゼン・トレーダー公式

おすすめランキング4位はゼン・トレーダーです!

★ゼン・トレーダーは、セントビンセント・グレナディーン諸島に本社がある ZT Markets Limited, SVG IBCが運営しています。

ゼン・トレーダーの魅力

  • 金融庁の許可を得ている
  • 比較的に高いペイアウト率
  • 入出金がスムーズ
  • 日本語サポート

★ゼン・トレーダーは、2018年から営業している新しい海外バイナリーオプション業者です。

運営歴は浅いですが、セントビンセント・グレナディーン諸島の金融ライセンスを取得しています。

★取引方法は、判定時間15分・1時間・1日の「クラシック」と30秒・1分・3分・5分の「オンデマンド」があります。

クラシックのペイアウト率は160~190%・オンデマンドのペイアウト率は180%~195%です。

◎比較的高いペイアウト率で、サービス的にハイローオーストラリアをリスペクトしている印象があります。

◎入出金がスムーズで、入金は当日可能、出金は最短翌日に振り込まれます。

◎日本語サポートもあり、条件だけを見ると良い業者という印象です。

欠点

  • 運営歴が浅い
  • オンデマンドは取引銘柄が少ない
  • ユーザー評価が賛否両論
ゼン・トレーダーは金融ライセンスは取っていますが、運営歴が浅いので、信頼度は不透明です。
ミナト

海外バイナリーオプション業者は、最初に荒稼ぎして突然消えてしまう業者が多いので、ゼン・トレーダーも長い目で判断していくしかありません。

ユーザー評価も賛否両論あります。

5位:ザ・バイナリーTHE BINARY

出典:ザ・バイナリー公式 

おすすめランキング5位は、ザ・バイナリーです!

★ザ・バイナリーは、BILLION ROAD LTD.が運営するバイナリーオプション業者です。

2016年にセーシェル共和国にて設立。

公式サイトに所在地の記載がなく、不明点が多くあります。

ザ・バイナリーのここが魅力

  • 100円から取引できる
  • スプレッド取引のペイアウト率は高い
  • 初回最大100%のボーナスキャンペーン
◎ザ・バイナリーは、100円から取引できます。
投資金額を抑えて、お小遣い程度の金額でバイナリーオプションが始められます
◎スプレッド取引のペイアウト率は、なんと2.05倍です。

その分難しい取引となりますが、試してみたくなるペイアウト率です。

100%ボーナスはメリットですが、出金条件が厳しいのでデメリットとも言えます

ザ・バイナリーの欠点

  • 金融ライセンスがなく、公開情報が少ない
  • デモトレードがない
  • 取引き通貨ペアの種類が少ない
  • ハイローのペイアウト率が低い
  • 口座維持手数料が必要
  • ボーナスの出金条件が厳しい
  • 出金拒否の噂あり
ザ・バイナリーは、金融ライセンスがなく、公開情報が少ないため信頼度に問題があります。

★ザバイナリーの運営会社「BILLION ROAD LTD.」は、前身会社が「K2 Ventures Limited」だと言われています。

K2 Ventures Limitedは、ソニックオプションやTrade200の運営会社です。

この2社もいろいろと悪い噂がありましたので、ザ・バイナリーもイメージはあまり良くありません。
実際にユーザーの出金拒否報告も見かけますので、注意が必要です。

その他、ハイローの取引がペイアウト率1.65倍と低いのは難点です。

100%ボーナスは出金条件が厳しいため、活用するのが難しいです。

ミナトLINEバナー

バイナリーオプション海外業者は何を基準にして選ぶのか?


海外バイナリーオプション業者を選ぶポイントは

・信頼性
・取引ツールの使いやすさ
・通貨ペアの種類
・ペイアウト率
・お得なキャンペーン

以上の5つの基準を参考にしてください。

信頼性

◆海外バイナリーオプションは、日本の金融庁から無登録業者とされているため信頼性に欠けると言われています。

しかし、「金融庁未登録だから」「海外の業者だから」といって詐欺ということではありません。

海外バイナリーオプション業者は、日本では無登録となっていますが、拠点としている国で許可やライセンスを取って営業しています。

確かに国内のバイナリーオプション業者に比べて安全面では劣ります

しかし、それを上回る魅力が海外バイナリーオプションにはあります。

◎信頼できる海外バイナリーオプション業者の見分けるには、次の項目をチェックしてください。

  • 金融ライセンスを取得している
  • 所在地、会社名、法人番号等の会社情報が公式サイトに記載されている
  • 日本人向けのサービス運営歴が長い
  • 日本人向けのサポート体制が整っている
  • ユーザー評価が高い
ミナト

できるだけ、上の項目をクリアしている海外バイナリーオプション業者を利用しましょう。

ユーザー評価に関しては、当てにならない場合もあります。

しかし、出金拒否報告が多い業者は注意すべきです。

取引ツールの使いやすさ

海外バイナリーオプション業者の取引ツールは、それぞれ個性がありますので自分に合ったものを選びましょう。

●選ぶポイント

  • チヤートの使いやすさ
  • テクニカル指標を利用できるかどうか
  • プラットフォームの種類
トレード初心者

チヤートの使いやすさを重視するなら、ハイローオーストラリアのような面チャートが良いでしょう。

◎面チャートは視覚的に分かりやすくシンプルです。

多くの海外バイナリーオプション業者が採用しています。

しかし、細かい相場分析を行う場合は、MT4などを別画面で表示させる必要があります。

★取引画面で分析まで行いたい方は、ザオプションが提供している高機能チャートがおすすめです!

ファイブスターズマーケットもプラウザ画面のチャートでテクニカル指標が利用できます!

外出先でも取引される方は、スマホのアプリが必要です。
アプリ版の使いやすさも大事なチェックポイントになります。

◎トレード環境や好みによって使いわけるのも良いかもしれません。

通貨ペアの種類

取扱通貨ペアは海外バイナリーオプション業者によって異なります。

自分が得意とする通貨ペアを取り扱う業者を探しましょう。
トレード初心者

ランキング1位のハイローオーストラリアでは、17種類の通貨ペアを取引できます。

★為替以外の商品指数株価指数仮想通貨まで取り扱っています。

出典:よくある質問|highlow.com https://tinyurl.com/y9qzohqw

◎これぐらいの通貨ペア数があれば十分でしょう。
強いてデメリットを上げるとしたら、GBP/USDはターボ取引がないことでしょうか。

GBP/USDを短期取引したい方は、ランキング2位のザ・オプションならトレードできます。

為替以外(株・仮想通貨など)の銘柄に強いのは、ファイブスターズマーケットです。

ペイアウト率

上の表は、ランキング5位までの海外バイナリーオプション業者別ペイアウト率をまとめたものです。

※ファイブスターズマーケットは、BOの取引がHigh/Low(長・短期を含む)のみとなっています。
※ゼン・トレーダーは、「クラシック」をハイロー、「オンデマンド」を短期ターボとして表示しています。
ペイアウト率の違いは、同じ勝率でも利益に大きく差が出るので、しっかりと確認しましょう。

1万円を投資して勝った場合のペイアウト率1.95倍1.65倍の取引を比べてみましょう。

ペイアウト率1.95倍→10,000(投資額)x 1.95(ペイアウト)-10,000(投資額)= 9,500円(利益)
ペイアウト率1.65倍→10,000(投資額)x 1.65(ペイアウト)-10,000(投資額)= 6,500円(利益)
トレード初心者トレード初心者

利益にかなりの差が生まれますね。

このように一回の取引でもペイアウト率の違いにより、3,000円も利益が変わってきます。
◎取引回数が増えるとさらにこの差は開いていきます。

 

ペイアウト率が高い取引は、その分トレーダーに不利なものとなっています。

トレード初心者

単純にペイアウト率が高ければ利益率が上がるというわけではないんですね。

◎しかし、同じ条件の取引方法ならペイアウト率が高い方が断然有利です。

お得なキャンペーン・ボーナス・キャッシュバック

海外バイナリーオプション業者のボーナス、キャッシュバックは魅力的です。

ミナト

口座開設キャッシュバック目当てで、海外口座を作る方も多くいます。

しかし、このボーナスは業者によって出金条件がある場合も多いので注意が必要です。

ボーナス・キャッシュバックを利用する時のチェックポイントは

  • ボーナス、キャッシュバックの金額
  • ボーナスを貰う条件
  • ボーナスの出金条件

の3つを確認しましょう。

上の画像はザ・オプションで現在開催中のキャンペーンですが、ボーナス還元に条件があります。

トレード初心者トレード初心者

最大40%還元はとても魅力的ですが、必要取引量を達成しないとボーナスをもらえません。

このようにボーナスに条件があることも多いので、細部まで読んで利用するようにしましょう。

バイナリーオプションの海外と国内業者の違い


バイナリーオプションの海外と国内業者の違いを一言でいうと、取引規制によるルールの違いです。

もともとは、国内業者も海外業者も同じくハイロー型(短時間にレートが上にいくか下にいくかを選ぶ)で取引されていました。

しかし、国内バイナリーオプションは2013年に規制改正が行われ、取引内容に自由がなくなりました。

ハイロー型とは??

短時間にレートが上にいくか下にいくかを選ぶ取引

◎海外バイナリーオプション業者は、自由な取引を引継き行うために拠点を移すなどの工夫をして、日本国内の規制から外れています。

では、具体的な国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者との違いを見ていきましょう。

●ペイアウト倍率の違い

海外…決まった倍率で一定 購入金額の1.6倍~2.3倍の払い戻し
国内…変動制 払い戻し額が1,000円と決められているため1円~1,000円の範囲内で変動

●判定までの時間の違い

海外…短期がメイン 0秒、60秒、1分、2分、5分、15分など(業者によって異なる)
2時間、1日などの長期も選べる
国内…2時間おきで判定時間が決められている 判定時刻の最短1分前まで購入ができます。

●通貨ペアの違い

海外…5~20通貨ペア、業者によっては金、銀、外国株、株価指数、原油、仮想通貨、先物商品まで幅広いジャンルでバイナリーオプション取引が可能
国内…クロス円のほかメジャー通貨の通貨ペアのみ

●税金の違い

海外…総合課税(稼いだ額で変動)
国内…申告分離課税(一律20.315%)

※後の項で詳しい説明があります。

日本のバイナリーオプション取引規制は、はっきり言ってトレーダーにとって改悪です。
特に問題なのが2時間以上での決済の義務です。

char no=”4″ char=”トレード初心者”]この規制により、国内バイナリーオプションの一日の取引は12回(判定時間)までとなってしまいました。[/char]

そして、チャートで分析を行い”絶好のタイミングを狙ってエントリーする”というバイナリーオプションの戦略が通用しなくなりました。
結果的に国内バイナリーオプション業者で取引していたトレーダーの多くが、海外バイナリーオプション業者へと流れていきました。

海外バイナリーオプション業者は”海外”でありながら顧客のほとんどが日本人という状態となっています。

湊斗公式ライン登録

バイナリーオプションの海外業者は続々と禁止・撤退の流れ


現在、G7(主要先進国)の中で、バイナリーオプションが取引できる国は、日本とアメリカだけです。

他の国はバイナリーオプション取引を禁止しています。

★バイナリーオプションという商品自体が、世界的に問題視されていて、各国が禁止(撤廃)に向けて大きく動いています。
トレード初心者

その為、海外バイナリーオプション業者は、所在地を変えて営業しなければならない状況となっています。

★もともとハイローオーストラリアは、その名の通りオーストラリアから日本にバイナリーオプション取引を提供していた業者でした。

ところが、日本の金融庁がオーストラリア証券投資委員会(ASIC)に”日本居住者のバイナリーオプションの利用を取り辞める”ように要請。
現在、ハイローオーストラリアはマーシャル諸島へと移転して営業を続けています。

バイナリーオプションが世界的に敬遠される訳

  • 透明性に欠ける取引であるため
  • お金を失う消費者が後を絶たない
  • 経済的な価値が無い

◆つまり、バイナリーオプションは株のような経済的価値がなく投資家保護に大きな懸念があるという認識なのです。
ミナト

いち早くバイナリーオプションを禁止したカナダでは「BOは詐欺、違法である」とかなり辛辣に批判しています。

日本も規制に踏み切りましたが、アメリカに比べると緩い規制となっています。

アメリカは、CFTC(米商品先物取引委員会)のライセンスを取得している業者のみOK。

もしも、アメリカがバイナリーオプションを全面的に禁止するような流れになれば、日本人の海外バイナリーオプション業者との取引は難しくなるかもしれません。

バイナリーオプションを海外口座で行う場合の税金の考え方

同じバイナリーオプション取引でも、国内口座と海外口座では課税方法が異なります。

★国内バイナリーオプション業者:申告分離課税

※バイナリーオプションで得た利益は、他の所得とは分離して計算します

海外バイナリーオプション業者:総合課税

他の所得金額と合計して税額を計算します


●総合課税制度に分類される所得

  • 雑所得(海外バイナリーオプション、海外FX、仮想通貨、アフィリエイトなど)
  • 不動産所得
  • 給与所得(勤務先から受け取る給料)
  • 事業所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得
  • 利子所得
  • 配当所得

海外バイナリーオプションの所得は、雑所得に分類されます。

課税方法が違うので、当然税率も変わります。

●計算方法

国内業者の場合は、一律20.315%ですが、海外業者の場合は、5%~45%です。
海外バイナリーオプションでは、利益が増えるほど税率は高くなる仕組みになっています。

●所得の合計の税率

◎例えば、所得の合計が330万円以下なら税率5~10%となり、国内業者を使うより安くなります。
ミナト

しかし、330万を超えると税率20%+住民税10%(自治体によって異なる)+復興特別所得税0.315%となり、海外業者を使うと税金が多くなります。

所得の合計が1800万円以上になると税率40%となり、さらに住民税などがプラスされると多額の税金を取られることになります。
海外バイナリーオプションで大きく稼げる方は、節税対策(法人化・経費を申請するなど)が必要です。

バイナリーオプション海外業者による詐欺に注意


海外バイナリーオプションは、業者自体が詐欺紛いのことを行っているケースがあるので注意しましょう。

●次のような点に注意

★口座開設に必要以上の情報を求められる
出金に応じない

海外バイナリーオプション業者で口座開設する場合、必要な書類は「本人確認書類」と「住所証明書」です。

口座番号やクレジットカード番号は不要です。
必要以上に情報を求められたら、詐欺業者を疑いましょう。
トレード初心者トレード初心者

色々と難癖を付けて出金申請に応じない業者も存在します。

トレード初心者

多額のボーナスを受けた為に出金条件に引っ掛かり、出金してもらえないケースもあります。

出金条件がある業者と取引する場合は、条件をしっかりと把握していなくてはいけません。

また、出金依頼から数か月経ってもお金が振り込まれない場合は最終的に連絡が取れなくなるといったケースもあります。
出金までにかかる日数は、公式サイトで前もって確認しておきましょう。
海外バイナリーオプションの詐欺業者は、短期間でお金を稼いだら、サイトごと消えるというパターンが多くあります。

その点、運営歴が長いハイローオーストラリアなどは安心感があります。

まとめ

今回は、海外バイナリーオプション業者をランキング形式でまとめてみました。

トレード初心者トレード初心者

おすすめランキング5社を選びましたが、正直言って下位の業者は胸を張っておすすめできる業者ではありません。

ミナト

海外業者は信頼できる業者が少ない…というのが本音です。

現状はハイローオーストラリアの一人勝ちな状態となっています。

◎しかしながら、海外バイナリーオプションは、国内バイナリーオプションではできない魅力的な取引方法でチャンスが多いことは確かです。
2021年最新情報を集めましたが、日々情報は変わりますので、常にチェックが欠かせません。

また、新しい情報がありましたら、当サイトで記事にしていきたいと思います。

ハイローオーストラリアの口座開設がまだの場合は、あって困ることはありませんので早めに登録しておくことをおすすめします。


ワイルドカードシステムバナー