SAKURA(サクラ)とは、サンドボックス系のブロックチェーンゲームです。

プレイヤーは、SAKURAのメタバース空間で自由に建築や対戦など、様々なコンテンツを楽しむことができます。

また、SAKURAのメタバースでは、NFTを活用して土地の所有が可能です。

自身の所有地では、仮想会社を設立してSAKトークンを稼げます。

SAKURAは、開発段階ながら、既に7万人以上のコミュニティ規模に到達

SAKトークンのプレセールも始まり、先行投資できるSAKURAのプロジェクトを本記事ではご紹介します。

仮想通貨プレセール情報LINE

【結論】SAKURAはP2Eサンドボックスとして将来性に期待大

SAKURAのプロジェクトは将来性が大いに期待できるでしょう。

SAKURAの将来性が期待できる理由は以下の3つです。

  • P2Eサンドボックスゲームとして高品質
  • 独自トークンの収益性が高い
  • NFTアートとの相性に優れている

P2E(遊んで稼ぐ)ブロックチェーンを使ったゲームに求められる楽しさ。

そして、ゲーム内で収益を得られる仕組みがSAKURAには盛り込まれています。

また、SAKURAの運営するのは、NFTアートの分野で実績のあるAzukiArt(アズキアート)です。

ロードマップには、SAKURAのNFTアートもリリースされる予定があります。

すでに実績のある運営から販売されるNFTアートは投資先としても有望です。

現在公開されているSAKURAのデモプレイ動画では、美麗なグラフィックが目を引きます。

ゲーム内で資源の採掘や仮想会社の設立で独自トークンを稼ぐことが可能です。

採掘地や仮想会社を設立するための土地はNFTで販売されます。

土地の所有権になるNFTがリリースを狙えば、いち早くSAKURAのプロジェクトに先行投資できるでしょう。

SAKURAとは?サンドボックス系のメタバースゲーム

✓SAKURA(サクラ)とは?

  • 完成度の高いサンドボックスゲーム
  • 収益性の高いP2Eゲームとして期待
  • ステーキングでSAKトークンを増やせる

メタバース×サンドボックスのSAKURA(サクラ)には、上記3つの特徴があります。

単純にサンドボックス系のゲームとしての完成度の高さ、そして収益性の高さを両立しているのがSAKURAの主な特徴です。

ここでは、より具体的にSAKURAの特徴を交えてプロジェクト内容を解説します。

完成度の高いサンドボックスゲーム

SAKURAは、ブロックチェーンベースのサンドボックス系ゲームです。

ミナト

サンドボックスで有名なタイトルには「マインクラフト」が挙げられます。

SAKURAも、マインクラフトと同様にプレイヤーが自由に建築や採掘、戦闘などを楽しめるゲーム内容です。

ただし、マインクラフトとの決定的な違いとして、SAKURAは広大なメタバース空間で自由に遊べることが挙げられます。

SAKURAの公式YouTubeでは、開発段階のプレイ動画が公開されています。

メタバースの広大な空間で、建築から対戦など楽しめそうです。

開発段階ながらゲームとしての完成度の高さが伺え、多くのプレイヤーが参加する期待が持てます。

収益性の高いP2Eゲームとして期待

SAKURAは、Play to Earn(遊んで稼げる)ゲームです。

SAKURAのゲーム内では、SAKトークンが通貨として利用されます。

SAKトークン以外のトークンや仮想通貨はSAKURAのゲーム内で使用できません。

少なくとも、SAKURAのゲームを楽しむには、SAKトークンが必要になるのです。

したがって、SAKURAのプレイヤーが増えるのに比例して、SAKトークンの需要も高まります。

SAKトークンは、プレセールの段階で購入できますが、SAKURAのゲーム内でも以下の方法で獲得可能です。

  • 採掘した宝石や資源を販売する
  • 採集した木材を販売する
  • 仮想会社で惑星探査チケットを販売する
  • 対戦ゲームで報酬を獲得する
  • NFTを取引して利益を得る
  • LAND(土地)を貸して報酬を得る

SAKURAでは、ゲーム内で様々な方法を通してSAKトークンを稼げる仕様になっています。

サンドボックス系ゲームということで、資源の収集と販売が特に重要になるでしょう。

建築には資材が必要になるため、採掘地・採集地の獲得も求められそうです。

SAKURA内の土地所有権は、SAKURA LAND NFTで取引されます。
ミナト

価格高騰前に購入したい方は、SAKURA LAND NFTの公開発表を待ちましょう。

SAKURA LAND NFTは、ロードマップの第3段階にリリースされる予定で、現在はロードマップ上の第2段階です。

ステーキングでSAKトークンを増やせる

SAKトークンは今後、ステーキングが実装される予定です。

現在のSAKトークンは、プレセール段階であり、ステーキングは実装されていません。

SAKトークンは、今後リリースされるSAKURAのNFTアートを購入したり、土地の売買などに利用される予定です。

ステーキングでSAKトークンを増やせるとなれば、NFT購入のためにも需要増が期待されます。

✓SAKトークンを増やす収益サイクル

①SAKトークンをステーキングで増やす
②SAKURAのNFTアートや採掘用の土地を購入する
③NFTアートの販売や採掘資源の販売でSAKトークンを得る
④増えたSAKトークンで再度①~③で運用していく

ステーキングで手堅くSAKトークンを得られるため、NFTアートや採掘によって上記のような収益サイクルが実現できます。

保有すれば確実に受け取れるステーキング報酬。

そして、SAKURAのNFTやゲーム内資源で増えたSAKトークンをステーキングに回すことで、効率よくSAKトークンを増やす運用方法が可能です。

仮想通貨プレセール情報LINE

SAKトークン(SAKURA/サクラ)の買い方

✓SAKトークン(SAKURA/サクラ)の買い方

  1. 国内取引所にて仮想通貨を購入
  2. ウォレットへ購入した仮想通貨を送金
  3. SAKURAの公式サイトからSAKトークンを購入
  4. 購入分の10%が即時にウォレットへ反映
  5. 10カ月の期間を掛けて残り90%がエアドロップ

SAKURAのロードマップでは多くのアップデートを計画

SAKURA(サクラ)のロードマップでは、ゲームとしての開発やマーケティング活動が予定されています。

サンドボックス系のゲームとして、新しいコンテンツの追加。

そして、今後は企業や関連プロジェクトとのパートナーシップが予定されています。

ここでは、SAKURAのロードマップから、SAKURAが計画する今後の活動を見てみましょう。

【第1段階】SAKURA公式サイトのリリース

✓SAKURAのロードマップ第1段階

  1. AzukiArtによってSAKURA開発がスタート
  2. ホワイトペーパーのリリース
  3. SAKURA公式サイトのリリース

SAKURAのロードマップ第1段階では、プロジェクトの発足が行われました。

SAKURAは、NFT業界で有名な「AzukiArt」が運営しています。

AzukiArtは、ロサンゼルスに拠点を置くCHIRU LABS社が設立した大規模のNFTプロジェクトです。

日本のアニメ文化をモチーフとしたAzukiArtは、すでに2,000万円相当以上のNFTアートを売り上げています。

SAKURAも、AzukiArtの日本風なデザインを多く取り入れています。

和風なデザインのサンドボックスゲームは、他にありません。

ミナト

AzukiArtの和風デザインを取り入れることで、サンドボックスゲームの火付け役マインクラフトとも差別化されています。

AzukiArtのデザイン性だけでなく、SAKURAはAzukiArtと共同でプロジェクトが進行する予定です。

【第2段階】SAKURA NFTとSAKトークンのプレセール

✓SAKURAのロードマップ第2段階

  1. SAKURA NFTのステーキング開始
  2. ゲーム内キャラクターや属性のリリース
  3. SAKトークンのスマートコントラクトを開発
  4. 戦略的パートナーシップの締結
  5. SAKトークンのプレセール
  6. SAKURA NFTのmintと公開

現在進行中のSAKURAのロードマップ第2段階では、SAKURA NFTとネイティブトークンであるSAKに関する内容が注目されます。

SAKURA NFTとは、SAKURAを運営するAzukiArtで販売されるNFTアートを指します。

AzukiArtのNFTアートを保有するとSAKURA NFTをステーキングできます。

ステーキングされたSAKURA NFT保有者には、今後以下の特典が与えられる予定です。

  • SAKURA NFT保有者限定のキャラクターが利用可能
  • 資源が豊富な小惑星帯の探索が可能
  • 様々な特典のエアドロップ
  • 新しいゲームがリリースされた際の先行プレイ

注目すべき特典は、SAKURA NFT保有者は、ゲーム内資源を採掘しやすくなることです。

採掘した資源は、SAKトークンと交換も可能になる予定ですから、SAKURA NFT保有者は収益増が期待できます。

また、ロードマップの第2段階では、SAKトークンのプレセールにも注目です。

SAKトークンに早期投資をするなら今がねらい目になるでしょう。

SAKトークンは、SAKURAのプラットフォームで使える唯一の通貨です。

SAKURAのプレイ人口に比例する形で、SAKトークンの価値は上がるでしょう。

【第3段階】SAKURAのメタバース開発

✓SAKURAのロードマップ第3段階

  1. SAKURA LAND NFTを公開
  2. LAND Editorを公開
  3. 仮想会社の公開
  4. SAKURAの宇宙都市を公開
  5. ゲーム内の詳細システムを公開

SAKURAのロードマップ第3段階では、SAKURAのメタバース空間を中心に開発が進められます。

第3段階で最も注目すべきは「SAKURA LAND NFT」の公開でしょう。
ミナト

SAKURA LAND NFTとは、SAKURAのメタバース空間における土地の所有権のことです。

メタバース内に仮想会社を作成して、収入を得られる仕組みも計画されています。

①SAKURA LAND NFTで土地を購入
②購入した土地で仮想会社を作成
③仮想会社で収益を得られる

現段階で詳細は明かされていませんが、SAKURA LAND NFTを購入することで上記の様に収益が得られる可能性が高いです。

メタバースを使ったP2E(遊んで稼ぐ)ゲームでは、仮想の土地を購入→土地でビジネスを展開するといった流れが多くあります。

例えば、火星をテーマにしたメタバースゲームMARS4では、購入した土地で採掘等で収益を得ることが可能です。

【第4段階】SAKURA公開へ向けた活動と開発

✓SAKURAのロードマップ第4段階

  1. 惑星をテーマとしたメタバース空間のデザイン
  2. SAKURAコミュニティで創作活動を開催
  3. クリエイティブなコンテストを開催
  4. 他のプロジェクトと共同でテーマパークを公開
  5. SAKURA内のペットシステムを公開
  6. SAKURAのメタバースを探索
SAKURAのロードマップ第4段階は、SAKURAのリリースへ向けた最終的な開発とプロモーションが予定されています。
ミナト

プロモーションとして「クリエイティブなコンテストを開催」と計画されており、具体的な内容が気になるところです。

SAKURAの運営元がNFTアートの分野で活躍していることから、SAKURAとNFTアートを交えた内容が予想されます。

AzukiArtは、既にNFTアートで2000万円以上の売り上げ実績があるため、限定のSAKURA NFTが公開→プレミアム価格で取引といったシナリオも予想できるでしょう。

仮想通貨プレセール情報LINE