【MUSASHIコイン(武蔵トークン)】はロックなし!!プレセール情報・爆上りの理由と詳細

MUSASHIコイン(武蔵トークン)の第一弾プレセール前に当記事を見ているならば、「100%全力で購入」してください。

武蔵トークンは過去様々なDeFiトークンが出てきた中でも最上位のポテンシャルを秘めています。

煽りすぎだろ!と思うかもしれませんが、本当にいいものを紹介してるんだから仕方ないと思ってあえてこんな表現となってしまうことをご了承ください!

すでに世界最大の金融情報サービスであるBloombergにも掲載されましたよ。

Bloomberg掲載

プレセールは6月15日21時に行われ、パンケーキスワップへの上場も決定しているトークンです。
ミナト

しかもロックなし案件なので、上場時に1.5倍が確定しています。

プレセール前に大規模な海外マーケティングを仕掛けることも発表済みなので、今知っておけば大きなチャンスです!

今はほとんど情報が周知されていないからこそ、圧倒的な利益を掴む大チャンスです。

当記事では

  • MUSASHIコインはなぜ爆裂に儲けられるのか?
  • MUSASHIコインが他のトークンと違う3つの特徴
  • MUSASHIトークンはどのように購入するのか?

の3つに分けて解説します。

当記事をしっかり読むことで、プレセール第一弾の圧倒的な利益を掴み取り、億り人達成を容易に済ませられる可能性があります。

必ず一言一句漏らさず読了し、あなたの稼ぎを最大限に加速してみてください。

仮想通貨プレセール情報LINE

武蔵コイン(ムサシトークン)は全力買いがおすすめ!!

武蔵コイン(ムサシトークン)の全力買いすることをおすすめする理由は色々あります。

  • BSCで作成された最先端のトークン設計
  • アメリカ、NYの会社が運営でCEOや住所も公開されるらしい
  • 海外大手メディアへの掲載準備が整っている
  • ホワイトペーパーが英語・韓国語・中国語・日本語で用意されている
  • 仕組みがデフレ対策になっており面白い
  • ジャックポットで宝くじに無料参加できる
  • 小口も大口も、全ての投資家にとって稼ぎやすい

といった根拠があり、近頃のDeFiトークンに比べても運営の本気さがひしひしと伝わってきます。

ユニスワップやパンケーキスワップに上場するコインは、呆れるほど中身のない草中の草コインだとしても、10億円もの大金を集められるという状況です。

武蔵コインの事業やコインの設計をしっかり知ることができれば、より明確なチャンスを理解することができるでしょう。

海外へのマーケティング準備が整っている

まず武蔵コインはすでに英語・韓国語・中国語・日本語のホワイトペーパーが用意されており、マーケティング準備が万端です。

武蔵ホワイトペーパー

LEGENDS OF MIYAMOTO MUSASHI(ホームページ)はこちらをクリック

ミナト

ホワイトペーパーなど用意しなくても今のDeFi市場ならお金など簡単に集まる状況で、上記のようにしっかりしたページを用意しているのは根拠としてとても強いです。

さらにプレセール直前や直後に大々的な海外マーケティング展開の発表があり、海外マネーの流入が行われます。

日本でしかマーケティングしていない武将的な仮想通貨とは、盛り上がり方が段違いになることは間違いありません。

海外に受けそうなデザインのホームページ

海外でも宮本武蔵という武将は有名で、デザインもかなり宮本武蔵をイメージしたデザインになってます。

武蔵デザイン

引用:武蔵ホワイトペーパー

デザインがしっかりできているだけでのトークンへの信憑性が高まりますし、宮本武蔵ファンの海外勢からすればこのデザインだけでも面白がって購入する可能性は十分にあります。

未来の事業展開がしっかりしている

武蔵トークンは通常DeFiトークンを購入する上での基本的な利回りである

  • ステーキング(保有して得る利回り)
  • ファーミング(DEXに貸し出して得る利回り)

だけでなく、他にも面白い仕組みがあります。

まず一つ目に「宝くじのような抽選が2週間に1回行われる」という仕組み。

ジャックポットプールと呼ばれているのですが、実装すれば世界で3番目の新しい仕組みとなり、最先端である根拠になります。

もう一つが10SETでも採用されている「デフレスワップ」という仕組みです。

デフレスワップを採用した10SETは過去にかなりの爆上げをしており、実績があります。

※最初10SETは詐欺中の詐欺と叩かれていましたが・・・

そして「ステーキング報酬はBNBかCAKEでもらえる」という施策があり、武蔵コイン流通量を多くせずデフレ対策もしっかりできています。

さらに今後IFOやNFTマーケットプレイスを展開し、独自のマーケットにて事業展開をする予定もあるとホワイトペーパーに書かれてあります。

具体的な事業展開をここまで説明できるDeFiトークンも珍しく、現在の要因だけで全ツッパする投資家がいてもおかしくないほど、かなり根拠の強い事前情報があるのです。

仮想通貨プレセール情報LINE

武蔵トークン(MUSASHIコイン)のプレセール日程と販売価格

武蔵トークンプレセールの日程ですが、現在6月15日21時から全世界同時にプレセールが行われることがわかっています。

プレセール販売価格は事前に分かっており、1枚$0.03です。

パンケーキスワップ上場時は$0.045で販売することがわかっています。

さらにロックはありません!

日本より海外の方が仮想通貨のマーケットは進んでいるのですが、海外は現在ロックなし案件じゃないとあまり売れないそうです。

つまり武蔵トークンは海外戦略に向けた施策を行い、プレセール購入者は1.5倍のキャピタルゲインが確定しているという状況です。

なぜロックなしでも上場時の売り圧が怖くないのか?については、ちゃんとした仕組みがあるんですよ。

MUSASHIトークン(武蔵コイン)のロードマップ

MUSASHIトークンのロードマップは現在2021年末くらいまでの計画があります。

  • 2021年6月15日 プレセール開始
  • 2021年7月15日 プレセール販売終了
  • 2021年8月15日 パンケーキスワップ上場
  • 2021年9月 MUSASHIジャックポットプール・ステーキングプールがオープン
  • 2021年10月 ファーミングスタート
  • 時期未定 IFO、NFT

引用:武蔵トークン公式サイト

MUSASHIコイン(ムサシトークン)が爆裂に稼げる理由

MUSASHIコインが爆裂に稼げる理由としてかなり強い根拠については

  • ジャックポットプール
  • デフレトークン
  • ステーキング報酬はBNB、CAKEで配布される
  • NFTマーケットプレイスの事業展開

の4つがかなり根拠が強く、爆売れ必至情報となります。

唯一のシステム「ジャックポットプール」で億り人抽選

ジャックポットプールとは何かというと、ファーミングと宝くじを組み合わせた仕組みです。

具体的な仕組みとしては「ファーミングの全体利益の35%を参加者全体で抽選し、5名のみに配布する」という内容です。

ジャックポット当選者への配当例

仮に参加者が1000人いたとして、一人単価30万円程度の資金が集まっているとすれば「30億円」が全体資金です。

DeFiの場合月利で言うとだいたい10%前後は見込めるため、仮に10%の運用益が出た場合は「3億円」となります。

トレード初心者

3億円の利益の35%をジャックポットプール当選者に配る場合、一人あたりに配られる額は?

3億円X0.35÷5人=2100万円(一人当たりに配られる金額)

つまり当選率0.5%で2100万円が当たる可能性があるということです。

宝くじの1等は1000万分の1なので、0.0000001%です。笑

しかも抽選は2週間に1回行われるため、当選者はかなりの数が出てくるでしょう。

こんな仕組みがあれば、長期的に保有する人が増えるのはおかしくありません。

宝くじを買う人全員に武蔵を勧めたら世の中平和になるんじゃないかってくらいです!

長期保有する人が多いほど価格は安定するため、暴落を抑える仕組みにもなるのです。

参加費がかからないので抽選によるリスクはない

さらにジャックポットプールへの参加権利は「武蔵トークンを保有する人全員」で、参加料は一切かかりません。

さらに言うと「武蔵トークン保有量が多い人ほどジャックポット当選率が上がる」という仕組みがあるため、ジャックポット狙いでかなりの資金を投入する理由にもなるのです。

このジャックポットの仕組み一つで、武蔵がかなり長期的な目線で稼げるトークンであることが証明されているのです。

ジャックポットに外れても保有者には利益が分配される

さらにジャックポットで外れた人も「全体利益の30%が分配される」という仕組みのため、きちんと外れた人にも利回りが配られるため「参加者全員が勝てる仕組み」となっています。

ジャックポットプールはかなり画期的な仕組みなので、億り人が大量輩出される未来は簡単に予想ができます。

発行枚数が減少する「デフレスワップ」

デフレスワップの仕組みは簡単です。

  1. 武蔵トークン売却時に4%の手数料(スリッページ)が発生する
  2. 4%のスリッページのうち、2%は武蔵トークン保有者へ分配される
  3. 残りの2%は自動的にBurn(消失)する

というのがデフレスワップの仕組みです。

上記項目の中で「Burnされる」というのが、価格下落を抑える一つのキーポイントとなっています。

なぜなら通貨とは発行量が決まっており、発行量に対して欲しい人が少なければ価値が上がるという仕組みです。

つまり武蔵トークンは売却されるたびに発行量が減るため、保有者にとって価値が維持されやすくなる、つまり暴落を抑えることができるのです。

ステーキング報酬は8割がBNBかCAKEで支払われる

武蔵トークンをステーキングする際、普通であれば武蔵トークンを報酬としてもらうのが一般的です。

しかしもし武蔵トークンを報酬としてしまうと、市場全体のトークン流通量が増えてしまい、デフレが起こってしまうんですね。

トレード初心者

デフレが起こると通貨の価値は下がってしまうのですが・・・

武蔵トークンのステーキングは、8割がBNBかCAKEで支払われるため、武蔵トークンが値崩れしづらいようになっています。

そして2割はちゃんと武蔵トークンでもらえますよ。

NFTマーケットプレイスでデジタル資産をリスティングできる

今後運営がマーケティングしていくのが「NFTマーケットプレイス」です。

ミナト

NFTとは「コピーできないデジタル資産」であり、2021年ではデジタルの絵画に数十億円という値段がついたことでも有名です。

NFTは今後急速に流行していく流れがあり、武蔵トークンもその流れに沿った事業設計となっているのです。

NFT事業についてはまだ具体的な内容は明かされていませんが、今後爆発的に伸びる可能性が高いNFTに目を付けている点でも投資する根拠になります。

武蔵コイン(MUSASHIトークン)のSNSでの口コミ評判

武蔵コインのSNSでの評判を元に、現状の市場過熱感を観察していきましょう。

Twitterでの口コミ評判

現在Twitterの口コミはまだありません。

そもそもプレセール日程も紹介されていないので、ほぼ知らない人が多い状態です。

しかし、プレセール日程が確定して運営がマーケティングを仕掛けた段階では、早めに認知できた人から順に得をしていくでしょう。

Yahoo!知恵袋での口コミ評判

武蔵コインヤフー知恵袋口コミ

知恵袋には4件の質問と回答がありました。

質問:

MUSASIトークン(武蔵コイン)の情報求む! こちらのコインのプレセールが6月上旬にあるそうなのですが、 儲かる可能性はどのくらいありますでしょうか。 何か情報お持ちの方、共有しくれると助かります!

回答:

https://musashitoken.com/
こちらの公式サイトで詳しく説明してくれています。
一度目を通して見ると、色々見えてくると思いますよ。

稼げる可能性がどのくらいかは分かりませんが、
中身がしっかりしていることはサイトを見れば分かります。

特にジャックポットプールというシステムは強烈で、
一気に稼げる爆発性を秘めていると感じます。

私は絶対に買おうと思ってます。
ですが、投資するかは自己責任でお願いしますm(_ _)m

引用:Yahoo知恵袋

ということで、じわじわと話題になっているようです。

仮想通貨プレセール情報LINE

武蔵トークン(MUSASHIコイン)の買い方は驚くほど簡単

武蔵トークンの購入方法というのが非常に簡単です。

運営公式の販売ページにて記載されていましたが、もはや送金するという概念がありません。

武蔵コインの買い方は以下のような画面を使います。

武蔵コイン購入フォーム

手順としてはたったの5つ

  1. バイナンスウォレットチェーンと自身のウォレット(メタマスク推奨)を紐付けする
  2. ETHまたはUSDTを購入し、ウォレットに入れておく
  3. バイナンスウォレットアドレスを「Your BSC wallet adddress」へ記載
  4. 武蔵トークン購入枚数を「Amount of Musashi token」へ入力
  5. 「PURCHASE NOW(購入)」ボタンをクリック

以上の5手順で武蔵コインを購入可能です。

引用:武蔵コイン公式サイト

購入手順をまとめたPDFもあるので、不安な方はブックマークしておいてください。

https://musashitoken.com/kaikata.pdf

MUSASHIコイン(武蔵トークン)まとめ

MUSASHIコインは今すぐに知るべきとても設計がしっかりしたDeFiトークンです。

  • 未来を感じる事業設計
  • ホワイトペーパーも全世界に配っているので万全
  • 海外への大規模展開が期待できる
  • ジャックポットプールとデフレトークンなど売られづらい仕組みがある
  • 購入方法が簡単で買い方PDFもあり万全

この5つだけでも他のDeFiトークンと一線を画しているのが簡単にわかります。

ミナト

まだ詳しい情報が載っていない部分も多い武蔵トークンですので、今後当ブログで最新情報を常に更新し続けていきます。

仮想通貨プレセール情報LINE