今まさに持っておくべき、収益化の見込めるおすすめのDefiコインをランキングにして紹介します。

ここでは主に、「億り人」になれる可能性のあるコインのなかから、

  • 将来性・話題性
  • コインの利回り
  • コインの利便性

を評価軸に紹介していきます。

DeFi市場が盛り上がるを見せる中、爆上がりDeFiトークンをプレセールで購入できれば「億り人」になるのは簡単です。

ミナト

DeFiコインは、いわゆる「魔界コイン」とよばれ、玉石混交でハイリスク・ハイリターンの投資ではあります。

しかし10~100万円程度の少額のコインを購入しておけば、一発、億り人になるチャンスのあるとても将来性の高い投資でもあります。

さらに話題になるコインをプレセールで掴むことができれば、より安く、よりリスクを抑えて1億円以上稼ぐことができます。

当記事にて将来性の見込めるDeFiトークンを、おすすめ順にランキング形式で発表していきます。

DeFiトークン最新情報LINEに登録すれば、プレセールの最速情報を随時取得できます。

仮想通貨プレセール情報LINE

第8位:Uniswapトークン

uniswap

Uniswapガバナンストークンは、今後のDeFi市場の伸びに呼応して安定した価格上昇をしていくことは間違いないと言えます。

もちろんDeFiの市場が今後安定するかどうかは状況判断でしかありませんので、多少のリスクはあります。

DeFiという取引に対するデメリットを解消する新たな金融サービスが現れてしまえば、Uniswapは淘汰されてしまうでしょう。

しかし現状Uniswapは安定しているので、多少トークンを持っておくのは問題ありません。

第7位:Compoundトークン

Compound

Compoundは、現在のDeFi市場の盛り上がりのきっかけとなったプロトコルです。

DEXサービスを使うことで得られるガバナンストークンは無料で配布され、現在人気で安定したトークンと言えます。

Compoundを配布し初めてから1~2ヶ月の間で市場への資金流入は約10倍となり、今やDeFi市場のTVLは6兆円を超えました。

その立役者と言えるCompoundを崇拝する投資家も多く、今後安定した伸びを見せることは間違いないと予想されます。

第6位:RYOMAトークン(龍馬コイン)

ryomaトークン

坂本龍馬の由来から生まれたDeFiトークンである「RYOMAトークン」は、プレセールの発行枚数が10分で完売した今話題のトークンです。

2016年からマイニング事業を続けているチームが運営で、不況だった2019年も損失を出さずにマイニング利益を得ているという安心感がおすすめ。

ユニスワップ上場前のトークンのため、プレセールに間に合えば多額の資金を得られることになりそうです。

※プレセールは6/2にて終了しました。次回IDOによるロックアップなしの一斉売りが開催!

RYOMAコイン詳細はこちらの記事で詳しく解説しています。

【RYOMAコイン(龍馬トークン)】は詐欺?リスクや可能性・口コミ評判・購入方法やQ&Aを解説

第5位:Suncコイン(サンライズカジノコイン・サンシーコイン)

suncコインは、ブロックチェーン技術を使ったオンラインカジノにて使えるトークンとなります。

プレセールは6/8にて、直前にホワイトペーパーや公式ページが用意される予定。

超巨大市場であるオンラインカジノに紐づいたトークンを購入することで、参加者は「カジノオーナー」としての配当をえられるという仕組みになります。

ユニスワップへの上場は8月1日となります。

suncコイン詳細はこちらの記事で詳しく解説しています。

suncコイン(サンライズカジノコイン)のプレのプレセール前最速情報を公開!絶対ネットで見つからないインサイダー案件です

第4位:AfterBudget(ABC)

AfterBudget

AfterBudgetは、投資家のための投資プラットフォームとして登場している金融サービスです。

全世界のあらゆる一流サービスを買収(SPAC)し、得た利益をAfterBudgetCoin保有者へ分配します。

今後の予定として情報解禁時に価格が高騰するとされているのが

  • AfterBudgetCoinプレセール日程
  • ユニスワップ上場日程
  • 大規模NFTマーケットプレイスへの出資情報
  • 大手取引所への上場先と日程
  • 不動産投資の詳細情報
  • 過去にトークンを爆発的に盛り上げた世界的マーケターの名前

などが現在情報解禁を待っている状態です。

上記の情報が解禁されるのはおそらくプレセールのタイミングとなりますが、目処となる日程すら公開されていないためにまだ様子見の段階です。

※情報が解禁されたので記事にしました!以下を参考にしてみてください。

AfterBudgetCoin(アフターバジェットコイン)がおすすめの理由|プレセール日時やトークン設計の詳細

第3位:MUSASHIトークン(武蔵コイン)

musashiトークン(武蔵コイン)

MUSASHIトークンが第二位となりました。

月を目指すならMUSASHIトークンを必ず手に入れるべきだと断言します。

MUSASHIはパンケーキスワップへの上場が確定しているプロジェクトで、ガバナンストークンは6月15日にプレセールが開始されました。

すでに英語・韓国語・中国語のホワイトペーパーと日本語の解説サイトがあり、海外展開を視野に入れている分今後の伸びに期待ができます。

さらにトークンの仕組みとして「ジャックポットプール」という設計が保有者を月へ向かわせます。

ジャックポットは無料参加で2週間に1度おこなわれ、った資金から利益が出た分の35%を抽選した5人に配布するというものです。

たとえば資金運用によって3億円の利益が出た場合、その40%を5人に配布する場合、一人当たりの利益は「2400万円」です。

ミナト

数千万円が当選する可能性が2週間に1度あると保有者がわかれば、簡単に売り抜くことはできません。

そしてMUSASHIがさらなる価値を高めれば高めるほどジャックポットの配当も高くなっていきます。

仮に2週間に1度、5人が億単位の金額を得られる宝くじに無料参加できるとしたら、あなたはMUSASHIを保有しますか?

月に行きたければ、やるべきことはもう決まりましたね。

武蔵トークンについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【MUSASHIコイン(武蔵トークン)】のプレセール情報・爆上りの理由と詳細

同率第1位:UKH(うけい)トークン(Shinobi Wallet)

UKHトークン、シノビウォレットがダントツ一位です。

とにかくシノビウォレットの機能が革新的すぎてやばい。(語彙力)

とにかくDEXや取引所などの全ての機能が1つにまとまったので、ウォレット内で法定通貨→ETH,BNB,BTC他マイナーチェーンも全部スワップできます。

さらにステーキングも勝手に探してくれて、ワンタップで運用できるなど、とにかく使うメリットがすごい。

そんなウォレットの収益配当がもらえるトークンがプレセールされます。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

うけい(UKH)トークン(sUKH・bUKHトークン)のプレセール日程|購入方法・運営会社情報まとめ

同率1位:Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)/CDSトークン

ベンチャーキャピタルの利益配当を受け取れる世界初のトークンであり、IDOプラットフォームのSEEDセールに参入できる権利を得ながらトークンの値上がり利益も受け取れる、もはや詰め込みすぎなトークンです。

銘柄で迷っている初心者は、ファンドにまかせてその利益を受け取りませんか?という考えてみればシンプルな仕組みなのですが、誰もまだやったことがないというプロジェクト。

VCというのは大口投資家みたいなものなので、より有利な条件でプロジェクトに参加できます。

いわゆるクジラと同等の投資家になれるのと同じようなトークンなので、姫神プロトコルと同率1位とさせていただきました。

詳細をまとめた記事については以下となります。

CDSトークン(Capital DAO Protocol)が5分で完売!!プレセール日程や買い方・他案件と圧倒的にレベルが違う理由を解説

 

まとめ

DeFiトークンのランキングは以下となりました。

同率1位:CDSトークン(Capital DAO Protocol)

同率1位:UKH(うけい)トークン

3位:MUSASHI

4位:AfterBudget

5位:SUNC

6位:RYOMA

7位:Compound

8位:Uniswap

ということで、

  • 安定した資産運用をするか
  • プレセール段階で危なげなくキャピタルゲイン を得るか
  • トークン設計に未来があるプロジェクトを選ぶか

といった選択肢が全て含まれたランキングになりました。

また、以下のLINEにて「初心者でも安心!仮想通貨プレセール最速情報」を受講できます。

DeFiをこれから始めて稼ぎたい場合は必ずLINE登録することをおすすめします。

仮想通貨プレセール情報LINE