CDSトークン(Capital DAO Protocol)が秒単位で完売!!プレセール日程や買い方・他案件と圧倒的にレベルが違う理由を解説

CDSトークン(Capital DAO Protocol)は、経済の原理原則に基づいて言えば99%勝てる投資案件です。

経済の原理原則とは「お金持ちほどお金が増えて、貧乏ほどお金が減っていく」という原則を言います。

というのも、今回のCapital DAO Protocol、そして連携したCDSトークンを得るのは「お金持ちになること」と同義なのです。

仕組みとしては「クジラと呼ばれる大口投資家に相乗りできる権利」が得られる内容となります。

もっと具体的に言えば、「ファンド+証券会社の運用益を利益配当でもらえる」ということ。
ミナト

一般投資家では絶対に関われない利権の話になりますので、二度とないチャンスである可能性が高いです。

今まで色々な仮想通貨を購入されたことがあるなら、嫌というほど「大口投資家の価格操作」に悩まされていませんでしたでしょうか?

結局のところ「利権を持つものが強い」というのもの原理原則です。

今回の機会を絶対に逃してほしくありませんので、当記事にてCDSトークン・Capital DAO Protocolの詳細を解説します。

当記事ではさらに具体的にCDSトークンとCapital DAO Protocolについて

  • CDSトークンが他案件と圧倒的にレベルが違う理由
  • プレセール日程と販売価格
  • CDSトークンを保有して得られる全メリット
  • Capital DAO Protocolの詳細説明
  • Capital DAO Protocolの口コミ評判
  • CDSトークンの買い方

などといった内容についてを解説していきます。

仮想通貨プレセール情報LINE

当記事はCapital DAO Protocol情報局サイトを参考に執筆しました。

CDSトークン(Capital DAO Protocol)が他案件と圧倒的にレベルが違う理由

CDSトークン(Capital DAO Protocol)が他案件と比べて圧倒的にレベルが違う理由は「VCとして初の利益分配を行うプロジェクト」だからです。

VCとはベンチャーキャピタルの略で、一般的にはベンチャー企業やスタートアップ企業など成長が見込める会社へ投資をして、利益を得る投資会社のことを言います。

Capital DAO ProtocolはいわゆるVCにあたり、扱うのは未上場の新規仮想通貨案件です。

さらにCapital DAO Protocolは「独自のIDOプラットフォーム」を持ち、新規仮想通貨のプレセール段階の広告支援を行って利益を得ることもできます。

簡単に言えば、「投資会社+証券会社」の2つをかけ合わせたプロジェクトであるということです。

今まで仮想通貨のVC+IDOプラットフォームは多数存在しますが、(DAO Makerなど)ホルダーへ利益を還元するようなVCは1つとしてありません。

つまり今までのVCは「利益を独り占め」しているという現状があります。

一般投資家はVCや機関投資家の食い物にされているだけである、というのは今の市場を見れば明らかです。

  1. VC,機関投資家が裏でトークンを安く購入する
  2. 上場後一般ホルダーが参入し、価格が高騰する
  3. VC,機関投資家が売り抜けて暴落する

というのは現状避けて通れませんし、対処法はかなり難しい譲許です。

そして上記のように大口が私腹を肥やす現状を打破するために生まれたのが、Capital DAO Protocolであり、CDSトークンになるということ。(Venture 3.0と呼んでいる)

さらに運営の仕組みにDAO(人間を介在させない自動運営)を行い、内部の金銭事情も全てホルダーに公開することで透明性のあるプロジェクトを実現しました。

はっきり言って上記の理由だけでも買わない理由は無いと言えますし、間違いなく私も投資しようと決断できた最大の要因になります。

CDSトークン(Capital DAO Protocol)のプレセール日程と販売価格

CDSトークン(Capital DAO Protocol)のセール日程は以下となります。

8/31 SEED0販売 ※販売終了

SEED0は一瞬で1億円分が販売終了となりました。

次回以降のプレセールも一瞬で売り切れそうな購入上限になっております。

9/8(水) 18:00~SEED1販売開始

トークン価格は0.01ドル。

最低購入は0.5ETH。

購入上限は900万ドル(9.9億円ほど)

9/15(水) 18:00~プレセール1販売開始

トークン価格は0.018ドル。

最低購入は0.5ETH。

購入上限は800万ドル(8.8億円ほど)

9/22(水) 18:00~プレセール2販売開始

トークン価格は0.018ドル。

最低購入は0.5ETH。

購入上限は200万ドル(2.2億円ほど)

CDSトークン(Capital DAO Protocol)を保有して得られるメリット

CDSトークン(Capital DAO Protocol)はVCの利益配当がもらえるだけではなく、他にもいくつかメリットがあります。

CDS・CPDT・CDPのトリプルトークンモデルで価格下落がしにくい

トリプルトークンモデル(Dualトークンモデル)とは、1プロジェクトに対して必要な仮想通貨を3つに分けてロードマップを展開する仕組みのことです。

今までは1つのプロジェクトに対して1つのトークンでしか役割を果たさないものが多く、一喜一憂によって急激な価格変動が起きてしまっていました。

しかしCDSトークンは他にもCPDT,CDPというトークンを含めた上でプロジェクトが成り立つ仕組みにしたため、売り圧が分散します。

3つのトークンの役割や詳細について解説します。

CDSの役割と詳細

  • CDSをステーキングするとCPDTが報酬でもらえる
  • ランチプールにステーキングすると、IDO対象のトークンがもらえる
  • IDOに参加できる

他様々なメリットが今後追加予定です。

CPDTの役割と詳細

  • CPDTをステーキングするとCDPが報酬でもらえる
  • スペシャルレポートが閲覧できる
  • DAOによる議決権が得られる

他様々なメリットが今後追加予定です。

CDPの役割と詳細

CDPはVCの利益配当がもらえるというプロジェクトの本質的なトークン。

報酬の受け取り方は運営側が運用利益をユニスワップへETH/CDPの買い板を立て、CDPホルダーにトークンを売却してもらうことで利益を受け取ってもらえるという形になります。

一般投資家が参加できないアーリー/シードステージの仮想通貨を購入できる

安く購入できれば儲かる確率が高まるというのは当然の話しで、アーリーやシードステージで仮想通貨を安く購入できる権利が得られます。

先日1トークン2ドルで上場したBitDAOですが、青汁王子がプライベートセールで購入したという動画にて「自分は1ドルで購入した」と口を滑らせていました。

つまり単純に半分以下の価格で購入できるような状態を作れば、極端に負ける可能性が少なくなるというメリットがあります。

VCの極秘レポートの中身が見れる

個人投資家として情報収集をしていく中で、非公開情報が多いトークンばかりであることが多いです。

ですがVCは特別な情報元や立場上情報を得やすいため、極秘でプロジェクト内部を覗いている場合が多いです。

そんなVCが出している極秘レポートでは、ノウハウが詰まった上で何を基準に投資しているのか?が丸わかりになるということで、個人投資家のリテラシーを高めるきっかけとなる点がメリットになります。

DAO運営によりIDO銘柄の議決権が与えられる

DAOは人間が介在しないブロックチェーン内で簡潔する運営なので、ホルダー一人ひとりが株主です。

一般的な株主というのは株の保有率によって会社へ口出しをできる権利がありますが、それとDAO運営は似た形式になっているということ。

トークンホルダーの中には大口の投資家や小口の投資家が集まっていますので、それぞれが情報収集した上で「この仮想通貨をIDOさせたい」という意見を集めて投票制にします。

VC側が利益を得るためだけに持ってきた案件ではないとわかれば、IDO案件に投資するのも躊躇しづらくなることは明白。

ホルダー全員で健全なプロジェクトを作るという意味においても、クリーンな運営を作ることができるのです。

今までのVCトークンの問題点を解決したので価格高騰しやすい

VCが運営するIDOプラットフォームに参加するためには紐付いたトークンを購入する必要がありますが、そのトークンは「IDO参加権利」という1つのメリットしかありません。

つまり市場が弱くなれば、IDO参加者が少なくなり、必然的に需要が下がる→暴落するしかない、という流れになります。

しかしCDSトークンは参加権利のみならず様々なメリットがあるために、1つの要因で暴落を起こしづらい=価格高騰しやすいということになります。

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)の特徴や存在意義

Capital DAO Protocolは従来のVCがブラックボックス化させている内部資金を明るみにすることで、今後のVCがホルダー全員で勝利できるプラットフォームを作るためのプロジェクトとして立ち上がりました。

もう一般ホルダーは闇雲に仮想通貨プロジェクトを探し回るのはやめて、後々にも続いていく手堅いIDOだけを選別できるようになれば、安易な詐欺も減っていくことは間違いありません。

ミナト

よって市場の健全化に一枚噛んでいくという、社会に一石を投じるようなプロジェクトです。

Capital DAO Protocolは自身のウォレットアドレスを公開し、資金が何に使われているかも明確化してくれます。

運営によるシステム開発とマーケティングに20%ずつ、残りの60%は投資資金に使い、利回りをホルダーに分配するという配分になっています。

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)が実施するIDO案件

Capital DAO ProtocolのIDOプラットフォーム実施予定案件

画像参照:CDSトークン(Capital DAO Protocol)情報局サイト

現在Capital DAO Protocolが打ち出すIDO案件はひとまず3つ決まっているとのこと。

第一弾:CDSをステーキングしてもらえるCPDTのIDO

CDSをステーキングして得られるCPDTをまず最初にIDOする予定です。

IDO予定があることでCDSやCPDTをホールドしておくメリットに繋がりますし、IDOされたことによって注目度が増し、売却時はかなりの利率を得られる可能性がありますね。

第二弾:新しい仮想通貨ウォレットのIDO

現在DeFi市場のウォレットは様々なものが作られています。

市場にとって必要だからこそウォレットがどんどん出来てきますが、今回打ち出すウォレットが果たしてどんな機能があるのかによって需要が高まりそうです。

第三弾:マルチチェーンに対応したDEXのIDO

現在マルチチェーンというのはかなり需要があるテーマとなります。

ETHに対応したERC20、BNBに対応したBEP20など、チェーンの違いが多いと新規参入者は資金をロストして終わるケースも多いです。

マルチチェーンは今後業界のスタンダードになると予想されるため、先んじてDEXを作るというのは高い需要を生むことになりそうです。

CDSトークン(Capital DAO Protocol)のSNSでの口コミ評判

現在クチコミ評判はまだそこまで多くありませんが、見つけ次第追加していきます。

CDSトークンの買い方は従来と同じくフォーム記入方式

CDSトークンの買い方はよくあるフォーム記入の方式です。

フォーム記入事項は以下となります。

申し込みフォームサンプル

画像参照:CDSトークン(Capital DAO Protocol)情報局サイト

実際の申込みフォームは英語になりますので、右クリックで翻訳をするか、上記画像を参照しながら入力項目をご確認ください。

また、初めて上記の形で購入される場合は、簡単に手順をまとめます。

  1. コインチェックからETHを購入する
  2. コインチェックからメタマスクへETHを送金する
  3. 販売元から提示されたアドレスへETHを希望額分送金する
  4. 上記画像の必要項目を記入し、送信する。

たったこれだけです。

初心者の方は

トレード初心者

トラストウォレットでもできるんですか?


トレード初心者

ビットフライヤーでもできるんですか?


と工夫をしがちですが、そういった考えはトラブルの元になります。

自身で判断できないのであれば、確実に上記のやり方で統一しましょう。

たとえば今回の場合、取引所からの直接送金は資金がロストする可能性があります。

初心者は工夫をしない、というのを肝に銘じておくことをおすすめします。

購入時のETHレート確認方法

以下のテレグラム内にてレートがアナウンスされますので、事前に登録しておくことをおすすめします。

https://t.me/joinchat/ptHfQ91a-vplMTg9

販売時に日本語で対応するLINEアカウント

申込みや購入に関するサポートは以下のLINEにて行います。

https://lin.ee/LCCcybn

 

CDSトークン(Capital DAO Protocol)まとめ

CDSトークン(Capital DAO Protocol)は、冒頭でも言った通り「経済の原理原則に基づけば99%勝てる投資案件」であると確信を持って言えます。

従来のVCに食い物にされる現状を打破し、今回からはあなたも「クジラ」と呼ばれる投資家の一員になり、既得権益を撤廃するためのプロジェクトに参加してみませんか?

市場を健全化させる新たな概念であるプロジェクトに投資することによって、さらなる新規参入者が市場に現れ、必然的に今あなたが保有するトークンも価値を上げていく可能性があるのです。

Capital DAO Protocolへの参加が、あなたの資産自体を底上げする要因にもなり得るわけです。

第一弾販売であったSEED0は一瞬で完売し、プロジェクトの認知度も今やうなぎのぼりになっているため、SEED1も一瞬で売り切れることが懸念されます。

確実に参加するためには、こちらのLINEに登録して1秒でも早くご参加ください。

また、当記事はCDSトークン(Capital DAO Protocol)情報局サイトの内容を参照して執筆しました。

上記サイトの方がより詳しく画像つきで解説しているため、おすすめです。

仮想通貨プレセール情報LINE