BESトークンロゴ

Libes(リベス)が発行する仮想通貨の「BESトークン」のプレセールが12/6 18:00〜12/20 23:59に行われます。

そこでこの記事では、BESトークンの上場日程やトークンの購入方法、使い道やロードマップなどを解説します。

BESトークンは、Libes(リベス)プラットフォーム内で流通するトークンです。

Libes(リベス)は、esportsとNFT、スポーツベッティングを組み合わせた、過去に存在しなかったプラットフォームになります。

この記事を読むことで、BESトークンが非常に大きな将来性を秘めたトークンであることが容易に分かるでしょう。


※政岡のLibesとBESトークンについての解説動画1


※政岡のLibesとBESトークンについての解説動画2


※政岡のLibes/BESトークンの購入方法解説動画

販売開始は12月6日18時で、12月20日まで絶賛販売中です。

>>こちらの申し込みフォームからBESトークンを購入できますので、絶対に手に入れてください。

それではBESトークンについて、以下の構成で解説します。

  • BESトークンの基本解説と特徴
  • BESトークンが利用されるLibesプラットフォームについて解説
  • BESトークンのプレセール日程・販売価格
  • BESトークンのトケノミクス
  • BESトークンのロードマップ
  • BESトークンの運営会社情報
  • BESトークンの口コミ・評判
  • BESトークンの購入方法

この記事は、Libesの仮想通貨であるBESトークンの公式サイトから情報を得ています。

仮想通貨プレセール情報LINE

 BESトークンの基本解説と特徴

BESトークンの基本解説と特徴についてご説明します。

BESトークンはLibesプラットフォームのネイティブトークンである

BESトークンは、Libesというeportsプラットフォームで利用されるネイティブトークンです。

プラットフォーム内では、大会に参加するゲームプレイヤー・賭けをするユーザーともにBESトークンを利用することになります。
ミナト

Esports業界は現在最も注目される産業の一つです。

2021年には世界での売り上げは約1,165億円にも上り、2023年に約1,758億円を突破すると予想されています。

また、日本国内でもこの先、esportsの市場は伸びてくることが期待できます。

こうした世の中に流れにあったプラットフォームであるため、Libesは今後成長していく可能性が高いです。

プラットフォームの成長に応じてトークンが買われる機会は増え、BESトークンの価格は上昇していくでしょう。

BESトークンのプラットフォーム上の役割は3つ

BESトークンは、プラットフォーム内で3つの役割を持っています。

ギフティング

BESユーザーから大会に参加するゲームプレイヤーに対してトークンを送ることを指します。

賞賛や応援を表すための、いわゆる投げ銭です。

ほかのプラットフォームとは違い、ギフティングの際の手数料は完全無料で。

投げ銭された金額は100%すべてプレイヤーが受け取れます。

そのため、ゲームプレイヤーにとっては貴重な収入源になり、プラットフォームが広く使われる大きな要因になるでしょう。

NFT

プラットフォーム内ではNFTの売買を行うことができます。

選手は試合の一部分をNFT化することで利益を得られ、ファンはそれを所有できます。

またプラットフォーム内ではマーケットプレイスも開催されるため、NFTの転売が可能です。

応援しNFTを購入した選手が有名になりスターになれば、そのNFTの価値は間違いなく大きく上昇するでしょう。

そのため、NFTの転売によって、一撃で大きな利益を得られる可能性もあります。

ベッティング

ベッティングは、大会の勝敗に対してBESトークンを賭けることで、報酬を得られる仕組みです。

Libesでは掛け金の配分割合に特徴があり、80%がユーザー、15%がプレイヤー、5%が運営の収益になります。

このように、ベッティングされたトークンの95%を賭けをするユーザー・ゲームプレイヤーに還元する仕組みになっているのです。

日本人には想像がつきにくいですが、海外ではスポーツベッティングは非常に盛んに行われており、大金がベットされることも珍しくありません。

そのため、ベッティングのために大量のBESトークンが購入され、トークン価格が急上昇することが考えられます。

 BESトークンの所有者はLibesの運営収益から配当が得られる

Libesプラットフォーム内では、複数の形で配当が得られます

具体的には以下の3通りでBESトークンを獲得でき、不労所得を得られます。

Libesのプラットフォームの収益の半分がホルダーに分配される

プラットフォームの収益のうち半分は、ホルダーに分配される仕組みになっています。

つまりBESトークンを持っていれば、何もしなくても運営が勝手に、収益の半分を配ってくれるということ。

そのためホルダーは不労所得を得られることになり、法定通貨に換算した際の利益は、プラットフォームの成長に比例し大きくなります。

ミナト

また、分配するためのトークンは2ヶ月に1度、運営がトークンを買い戻す形で準備されます。

そのため、トークン価格が定期的に上昇するスキームになっています。

ベストークン所有者はステーキング報酬も得られる

ステーキングすることでも、BESトークンは所有料を増やすことが可能です。

ステーキングの配当は最初の2年間はBESトークンで行われ、その後はUSDTなどのステーブルコインで行われる予定です。

ミナト

最初の2年間は、将来制の高いBESトークンでステーキング報酬を受け取れるため、この時期にBESの保有量を増やすといいでしょう。

Libesの存在感が大きくなりトークン価格が上昇した際には、大きな利益を得られます。

DEXでファーミング報酬を得ることも可能

Libesのプラットフォーム内の話ではありませんが、BESトークンをDEXに預け入れ、ファーミング報酬を得ることも可能です。

SushiswapのようなDEXにトークンが分散化されていくため、外部プラットフォームでの流動性マイニングができます。

BESトークンはこのように、プラットフォーム外での運用も可能なため、利回りなどを確認し、運用方法を選択するのが賢い戦略です。

BESトークンはLibesのDAOの投票権としても機能する

LibesプラットフォームはDAO(自立分散型組織)として運営されていきます。

そのため、プラットフォームの、運営の方針を決める際の投票権としても機能するのです。

このことにより、BESとLibesの間には互換性が生まれ、トークンの価値が高まりやすくなっています。

 2022年1月10日に3カ所の取引所に同時上場

BESトークンは2022年1月10日に3カ所の取引所に同時に上場します。

具体的な上場先は、ヨーロッパの人気取引所、モンゴルの取引所、ユニスワップになります。

取引所名は明らかになっていませんが、大型取引所にも上場予定のため、上場後には世界的に存在感が高まることでしょう。

そのため、購入される機会が増え、価格が上昇する可能性が大きくなっています。

仮想通貨プレセール情報LINE

BESトークンが利用されるLibesプラットフォームについて解説

Libesプラットフォームがあまりにも素晴らしいものになっているので、ご紹介します。

Libesは世界初のEsportsプラットフォーム

Libesは世界初のEsportsプラットフォームです。

ただ、Esportsのプラットフォームというだけなら、ほかにも存在しています。

しかし、esportsに特化しているだけではなく、DAOとして運営され、BESトークンとLibesの互換性が持つあたりが特別なのです。

そのため、Libesでは収益の半分をユーザーへの還元やステーキング報酬に充てることができます。

さらに、BESトークンはプラットフォームの決定を左右する投票権としての役割を果たしています。

このように、トークンが価値上昇するための明確な仕組みが存在するため、トークン価格が自ずと上昇するようになっています。

選手に新しい活躍の場、収入源を提供

Libesは、「Eスポーツをもっと自由に」というヴィジョンのもと、作られています。

ミナト

近年eスポーツの市場は大きく伸び続けていますが、プロ選手たちが活躍する環境が整っているとは言いがたいです。

理由としては、資本の70%近くが企業の広告スポンサー費用のため、利益を得る機会が少ないからです。

選手たちは収入を得るのに苦労しており、twitterのフォロワーが20万人程度いる選手ですら、月収5万円程度というのが珍しくありません。

こういった状況を打破するため、Libesはプラットフォームを通し、新たな活躍の場・収入源を提供します。

また、Libesは日本国内では団体種目や、2024年のオリンピック種目へのリストインを目指しています。

もし、こういった世界的なイベントでLibesプラットフォームでの試合が実現すれば、いうまでもなくトークンの需要は高まります。

そのときにトークンを所有していれば、小資金からでも億り人になれる可能性が十分にあるでしょう。

ユーザーにも収益が還元される仕組みが存在

Libesでは、プラットフォームのユーザーにも収益を還元する仕組みが存在しています。

Libesの応援や利用により、貢献報酬としてBESトークンが付与されるからです。

具体的にはNFT購入やスポーツベッティングで利用したトークンの一部は運営に入りますが、これらのうち半分はホルダーに配られるという具合です。

そのため、BESトークンを保有していると、ただそれだけで運営から不労所得を受け取ることができます。

報酬の分配はトークン所有数に応じて変化すると考えられるため、プレセールでトークンを多く購入すれば、後で受け取れる不労所得は非常に大きくなるはずです。

様々な市場を狙える

Libesプラットフォームではesportsの試合のプレイが行われ、プレイヤー・ファンともにともに活動ができます。

そのためesportsのプレイヤーや視聴者が利用することになります。

しかし、それだけではありません。

ベッティングを行えるため、Libesをオンラインギャンブルのプラットフォームとして捉える人たちも、利用客になるのです。

さらに、esportsに興味がない人たちが、トークンの値上がり益を期待しBESトークンを購入することも考えられます。

こうした理由からesportsファン、ギャンブルプレイヤー、仮想通貨トレーダーと幅広い層によるトークン流通が起こります。

様々な層の人たちの購入により、トークンの価値が上昇する理由が仕掛けられているのです。

BESトークンのプレセール日程・販売価格

トークンのプレセール日程・販売価格などの詳細は以下になります。

BESトークンのプレセール日時 12/6 18:00 〜 12/20 23:59
プレセール価格 1BES=0.2円
ハードキャップ枠 10億円
最低購入金額 500ドル〜
上場日時 1/10
上場取引所 ヨーロッパの人気取引所

モンゴルの取引所

ユニスワップに同時上場

トークンには10億円というハードキャップ枠が設定されています。

そのため、申し込み状況によっては一瞬でセール枠が埋まることが想定されます。

確実にプレセールに参加したい場合は、12/6 18:00になったらすぐに申し込みするのがいいでしょう。

BESトークンのトケノミクス

以下がBESトークンのトケノミクスです。

トークンに利用用途 供給枚数 パーセンテージ
総額 1000億枚 100%
DAOエコシステム 400億枚 40%
マーケットメイク 170億枚 17%
プレセール、IEO 150億枚 15%
運営陣 150億枚 15%
初期流動性提供 60億枚 6%
スポンサー 50億枚 5%
戦略アドバイザー 20億枚 2%

トークンの利用目的が、あらかじめしっかりと決められている印象です。

 BESトークンのロードマップ

2021年10月11日 荒野プロ契約チームXeNoとスポンサー契約を結ぶ
2021年11月01日 XeNo公式eSports大会
2021年12月××日 Libes主催の大会開催

Libes β版リリース

E -sports業界及び社会に対する貢献活動

ステートメント発表

2022年3月××日 Libesグランドオープン

プレセール終了後すぐ12月中に、Libesではβ版での大会が行われます。

ここではサーバーの負荷のテストを行い、正式スタート時にトラブルが発生しないよう万全の準備が行われます。

そして、2022年3月にはプラットフォームがオープンします。

そのため、2021年12月にプレセールが行われてから、わずか3が月程度で稼働開始することになります。

プラットフォームが稼働すれば、一気にLibesの注目度は高まり、トークン価格がうなぎ登りに上昇する可能性があります。

プレセールの格安価格でBESトークンを手に入れておけば、3ヶ月で億り人になれる可能性も十分あるでしょう。

BESトークンの運営会社情報

BESトークンの発行会社は明会になっているため、ここでまとめます。

運営会社名はm(株)Liberal Mind

以下運営会社情報になります。

運営会社 (株)Liberal Mind
代表者 甲斐 義和

現状、分かっている情報は以上です。

ちなみに、甲斐義和氏について調べてみると、他の会社も運営していることがわかりました。

運営者は「RAKUICHI株式会社」の運営者でもある

甲斐義和氏は、Liberal Mind以外にも、RAKUICHI株式会社という企業の代表でもあります。

RAKUICHI株式会社の基本情報は以下のようになります。

会社名 RAKUICHI株式会社
住所 東京都千代田区丸の内一丁目11番1号パシフィックセンチュリープレイス丸の内8F
資本金 1億500万円
代表者 甲斐義和
許可番号 東京都公安委員会第304392115395号
連絡先 電話:03-6831-9350

メール:info@rakuza.io

このように住所や連絡先が公表されている、実態のある会社のようです。

RAKUICHI株式会社は、楽座(RAKUZA)というサービスを運営する企業です。

楽座(RAKUZA)は「世界に誇る文化財 その瞬間をNFT化する」というコンセプトで運営されている、NFTマーケットプレイスになります。

楽座(RAKUZA)はすでに、NFTマーケットとして機能しており、コラボ中のアーティストの作品をNFT化し販売しています。

ミナト

また、鳥山明氏とのコラボも行っており、ドラゴンボールやドラゴンクエストなど、過去に発表された作品をNFT化した者も取引されています。

甲斐義和氏がこのような事業も営んでいることから、ブロックチェーン技術に理解が深く、ビジネスセンスも高い人物であると推察できます。

BESトークンのプレセールに参加する際には、一つの安心材料になりそうです。

 BESトークンの口コミ・評判

トークンに関する口コミも少量ですが見つかりました。

BESトークンのツイッターでの評判

ツイッターではこのように、BESトークンに期待する声が見られました。

ヤフー知恵袋の口コミ

Yahoo!知恵袋に、以下のような質問が来ていました。

BESトークンという、Libesというところが発行しているらしい仮想通貨のトークンがあるのですが、これって詐欺なのでしょうか?

どうなのですかね?

Yahoo!知恵袋の質問と回答から引用

ミナト

BESトークンは詐欺なのか?という購入を迷っていると思われる方からの質問が1件のみありました。

この問いに対し、特に回答はされていません。

 BESトークンの購入方法

BESトークンは、専用申し込みページに記載された送金先アドレスにイーサリアムかUSDTを送金し、申し込みフォームに必要事項を入力することで購入できます。
専用申し込みページは12/6 18:00政岡仮想通貨公式LINEで配信しますので、必ずLINEの友達追加をしておいて下さい。

購入すると運営から24時間以内にxBESというトークンが送られてきます。

BESにはロックアップがあり、毎月10%ずつトークンが配布される形式です。

そのため、xBESの保有量の10%が、10か月間にわたり毎月ウォレットに送付されます。

xBESはBES配布後もバーンされることは無く、ウォレット内に残ったままになります。

仮想通貨プレセール情報LINE